学生に睡眠がとても必要な理由とは?睡眠不足の子供が増えている研究結果!

健康

発表された新しい研究は、不十分な睡眠が子供の積極的な発達に影響を与えるという証拠を発見し、学齢期の子供を持つ親たちに警鐘を鳴らしています。これまでの研究では、子どもの睡眠不足は、物質の使用量の増加、うつ病の割合の増加、警戒心の低下、意思決定の障害と関連しています。

大学の研究者による今回の研究は、睡眠時間が子どもの発達に与える影響を調べた数少ない研究の一つであり、睡眠不足と繁栄の低下との関連を示しています。

繁栄とは何ですか?この言葉は、繁栄と幸福の同義語としてよく使われます。繁栄とは、身体的・感情的な健康、認知発達、健康的な人間関係の組み合わせに関連しています。ポジティブ心理学の研究者がよく研究しています。

睡眠が必要な理由

研究について
データを使用して、6~17歳の71,811人の子供たちのデータを調査しました。参加者の睡眠データを、推奨事項と比較しました。
これらのガイドラインでは、6~12歳の子供の睡眠時間は9時間未満、13~17歳の子供の睡眠時間は8時間未満とされている。

研究者は、子供の繁栄の 5つのマーカーのアンケート回答を調べました。

1.新しいことを学ぶことに興味と好奇心を示す。

2.自分が始めたことを最後までやり遂げるために努力する。

3.困難に直面したときには、冷静に行動します。

4.学校で良い成績を収めることを大切にします。

5.必要な宿題をすべてこなす。

これらの5つのマーカーは、子どもの意欲、注意力、感情の調節を示す指標であり、健全な発達の鍵を握っています。

研究結果
6~17歳の子供の3分の1は睡眠不足であることが判明しました。

睡眠不足の6~12歳の子どもたちは、学習への関心、学校でうまくやっていることへの関心、宿題をすべてこなしていること、課題を終わらせるために努力していることについて、比較的低い評価を受ける可能性が高かった。睡眠不足の13~17歳の子どもたちは、学習への関心、宿題をすべてこなすこと、課題をやり遂げること、課題に直面したときの冷静さとコントロール力について低い評価を示す可能性が高くなりました。

他にも注目に値する結果がいくつかあります。睡眠不足は、デジタルメディアの利用の増加とも関連していた。例えば、推奨されたレベルの睡眠が取れていない両年齢層の子どもたちは、テレビ以外のデジタル機器を4時間以上使用する可能性が2倍以上ありました。また、睡眠不足の子どもたちは、特に思春期に精神的健康状態のレベルが高くなっていました。

この研究では、睡眠不足と学童期の子どもの繁栄の低下との間に重要な関連性が示されました。睡眠不足と子どもの精神衛生上の問題との関係を示した研究と合わせて、この研究は、家族が睡眠ガイドラインを真剣に受け止め、子どもが必要な睡眠を得られていないかもしれない兆候に気づくことを思い出させてくれるはずです。

★ お気に入り追加