お茶を飲むと腸内環境が改善され、睡眠不足にも効果があると新研究で発表!

健康

一杯のお茶が持つ回復力についてはよく語られていますが、それは必ずしも科学的根拠に基づくものではなく、主に文化的なものだと思っていました。しかし、新しい研究によると、お茶を飲むことで、腸内環境が改善されたり、サーカディアンリズム(睡眠と覚醒のサイクルをコントロールする体内時計)が調整されたりするなど、実際に証明できる健康効果があることが確認されました。

不規則なシフトワークや時差ボケなどでサーカディアンリズムが狂うと、代謝が変化し、血糖値が乱れ、2型糖尿病や肥満のリスクが高まります。
自然な睡眠・覚醒サイクルの促進にも役立ちます。



これらの悪影響は、少なくとも一部は腸内細菌の状態によるものです。腸内には、マイクロバイオータと呼ばれる何兆もの細菌が生息しており、これらの細菌は、肥満度や血糖値のコントロールだけでなく、眠気や覚醒を感じさせる脳内シグナルにも影響を与えます。

研究によると、時差ぼけを疑似体験すると、被験者の腸内細菌叢に変化が生じ、体重増加や血糖値の乱れにつながることがわかりました。また、時差ぼけした被験者の腸内細菌叢のサンプルを、時差ぼけしていない被験者に移植したところ、新しいグループの代謝も同様に影響を受けました。

ここからがいいところです。研究によると、お茶に含まれるポリフェノールという植物性化合物は、腸内細菌叢に顕著な影響を与え、”友好的”な乳酸菌の成長と活動を促進することがわかっています。このポリフェノールは、紅茶、緑茶、ウーロン茶、プーアール茶など、さまざまな種類のお茶に含まれています。

つまり、睡眠不足の影響に悩んでいる人は、チームを飲むことで体内時計に影響を与え、さらに長期的な悪影響を回避することができるということです。