痩せたい人が食欲をコントロールする12のコツとダイエット方法とは?

健康

食欲をコントロールすることが大きな問題になっていませんか?
それは、ご飯、麺類、ロールケーキ、チーズなどを山盛りにして食べることに勝るものがないからではないでしょうか?
これらの食べ物は快適な食べ物かもしれませんが、毎日食べても健康的な体重を維持できる食べ物ではありません。

しかし、炭水化物や糖分の多いものではなく、栄養価の高いものを食べたいという衝動を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?炭水化物や糖分の多いものではなく、栄養価の高いものを食べたいという衝動を抑えるには、どうすればいいのでしょうか?

多くの人は食べ物との関係がうまくいっていません。自分が感じる空腹感は、生存のためのメカニズムであることを理解する必要があります。食欲は、欲求であり、自分の好きな食べ物を食べたいと思うものなので、別物です。しかし、健康のために食欲をコントロールする方法を学べば、それがベストでしょう。

食欲をコントロールする12の簡単なダイエット方法

もし自分が、この国の何百万人もの人々の中の一人で、食べ物に関して自制心を発揮することに問題があるのなら、あまり自分を責めない方がいいでしょう。常に完璧でいることは不可能に近いですが、食べる量を減らして食欲をコントロールするための簡単なコツをご紹介します。

1.ヨガを試す

ヨガはいろいろな意味で体に良いものです。第一に、消化を助け、第二に、自分の体をもっと大切にしたいという心境にさせてくれます。ヨガは、多くの食欲不振の原因である自己管理能力を高めてくれます。

エクササイズでは、ポジティブに呼吸し、周囲のネガティブな要素をすべて吐き出すことを学ぶことができます。

2.水を飲む

水を飲むと、胃が膨張して食べ物を入れるスペースが狭くなります。自分の体重に応じて、体を維持するのに必要な量を飲むべきですが、多くの人はそれが不足しています。申し訳ありませんが、フレーバーウォーターはカウントされません。何も入っていない、レモンが少し入っているだけの新鮮な水が必要です。

3.食物繊維を摂る

体内の消化を助け、お腹を満たすためには、食物繊維が必要です。お腹がいっぱいになれば、食欲も抑えられますよね。食物繊維を含む食品には、穀物、ナッツ、豆類、そして果物や野菜があります。低炭水化物食を実践している人も、食物繊維をたっぷり摂るようにしましょう。



4.食欲を抑えるためにゆっくりと食べる

夕食の席で、誰が最初にゴールできるかを競うレースだと思う人がいるのはなぜでしょうか?食べるスピードには、ちょうどよい加減があるはずです。食べる量を減らすには、一口ごとに10回噛んでみましょう。

このちょっとしたコツで、より早く満腹感を得ることができ、空腹を知らせる脳への信号を止めることができるのです。

5.悪い習慣を良い習慣に変える

心機一転するのは簡単ではありません。悪い習慣を良い習慣に変えたいときは、自分を叱咤激励し、好きな食べ物を選ぶ必要があります。美味しいピザの代わりにカブを食べようと思うのは無理な話ですが、抜くのを簡単にするために、ちょっとした工夫をすることはできます。

6.糖分の多い飲み物でお腹をいっぱいにしない

100%ジュースは体に良いとはいえ、適度に飲まなければなりません。ソーダやフルーツジュースなどの甘い飲み物を飲むと、数時間で割り当てられたカロリーをすぐに飲んでしまいます。エナジードリンクは、コーヒーなどをベースにしているので、通常は悪くないのですが、添加物のせいでひどく不健康になってしまうので、最悪の原因のひとつです。

エナジードリンクは、カフェインと砂糖を使用しており、その砂糖の含有量には驚かされます。人気のエナジードリンクは、8オンスの中に砂糖が124グラム、カフェインが330ミリグラムも含まれています。2,500キロカロリーの食事で推奨される糖分の量は62グラム以下です。

たった1杯の飲み物で、歯がボロボロになるほどの糖分を簡単に摂取できてしまうわけですから、水以外の飲み物を飲むときは注意が必要です。コーラ系の炭酸飲料の平均的な缶には、約39gの糖分が含まれています。エナジードリンクよりはましですが、1本飲むとその日の糖分摂取量の上限に達してしまいそうです。

「これがエルセーヌだ!」エルセーヌのエステ体験行ってみた!【画像あり】

7.一杯のコーヒーを飲む

寒い日には、熱々のコーヒーほどおいしいものはありません。クリームや砂糖の代わりに、シナモンやバニラなどのスパイスを使えば、コーヒーはかなり効果的です。スープ同様、コーヒーは胃を温めて満腹感を与えてくれます。

さらに、コーヒーは食欲を抑える効果がありますし、豆に含まれる抗酸化物質は体に良いものです。新陳代謝を健康的に高めてくれるだけでなく、より早く満腹感を得ることができます。食事の際にコーヒーを飲むと、摂取量が少なくても満足感が得られるという人もいます。

添加物には注意しましょう。コーヒーをブラックで飲めない場合は、無糖のものもたくさんあります。コーヒーを飲む機会を増やすことで、食事の量が減り、空腹感を感じなくなるかもしれません。

8.8インチのお皿を使う

毎回、無意識のうちに夕食のお皿をいっぱいにしなければならないと思っていませんか?標準的なお皿のサイズは10インチ以下ですが、多くのメーカーがサイズを拡大しており、14インチという信じられない大きさのお皿まで用意しています。そんな量は必要ありません。

その14インチのお皿に適切な分量の食べ物を載せてしまうと、必要な量の3〜4倍を消費してしまいます。ソーサーが大きければ大きいほど、それを埋めなければならないという気持ちになります。では、8インチの小さな皿に変えれば、「まだちゃんと食べている」と思うでしょうが、食べる量は格段に少なくなります。

このように、食欲を抑えるには、お皿を小さくするなどのちょっとした工夫が必要です。このような新しい生活スタイルに慣れると、胃袋が縮み始めます。毎食、皿に盛られた料理をがつがつ食べていると、それに合わせて胃が大きくなってしまうのです。

9.家の中のジャンクフードをなくす

食欲を抑えたいのであれば、家に持ち込むものに気をつける必要があります。食料品リストを作る際には、後で誘惑されるような甘いものが入っていないか確認しましょう。ポテトチップスやスナック菓子、パイなどがパントリーにある場合は、それらを処分しましょう。

甘いものを食べれば食べるほど、体が欲しがるようになります。食欲をコントロールしたければ、体を誘惑しないように、適切なものを食べる必要があります。一度、糖分をふんだんに使った食事をしてしまうと、この習慣を断ち切るのは難しいでしょう。

10.食欲を抑えるために気をそらす

自分は感情的に食べる傾向がありますか?多くの人が食べ物で感情を和らげています。人生がうまくいかないときに、チョコレートバーほど気分のいいものはないのはなぜでしょう?チョコバーに手を伸ばす代わりに、日記を書いてみてはいかがでしょうか。

食べ物のことを考えないようにすれば、今までの不健康な習慣に代わって、新しい習慣を身につけることができます。どうしてもチョコレートがないと生きていけないという人は、ダーク系のチョコレートに変えてみてはいかがでしょうか。



11.時間を決めて食べる

食事のスケジュールを立てることができることをご存知ですか?四六時中、お腹が空いたら食べるのではなく、日課にすることで食欲をコントロールすることができます。赤ちゃんはすぐにスケジュールの重要性を学びますが、それと同じように、自分自身に食事の習慣をつけることができるのです。

朝食は7時、昼食は11時30分、夕食は18時を目安にするとよいでしょう。おやつの時間も合わせて考えてみましょう。食事の時間を決めておけば、その時間に栄養を期待するようになり、食欲が減退するはずです。

12.マインドフルネスを実践する

昨日の食事日記の失敗を、今日の食事に反映させないようにしましょう。今日食べたものをメモして、口に入れる一口一口を考えてみましょう。マインドフルネスとは、ただその瞬間に存在し、自分の周りのすべてのものに意識を向けることです。

頭に浮かんでくる考えをコントロールする力があるので、食欲をコントロールすることができます。他にも、食べたものを入力できるオンラインアプリを使って、一日のカロリー配分を守ることもできます。

自分の食欲をコントロールする方法の持ち帰り方

減量と健康のためには、食欲をコントロールすることが大切です。そこには、自分が迷子になることができますので、自分の口に入れて何を制御するために適切な考え方を開発する必要がありますので、非常に多くの魅力的な食べ物があります。

無料カウンセリング受付中/ライザップ