運動が脳の老化を遅らせる3つの方法を科学的に解明

老化した脳になりたくないなら、運動をして下さい。
この考えは非常に理にかなっています。

運動は、世界的に見ても、心身の健康に関するあらゆる問題に対して、最も推奨される解決策のひとつです。

これには理由があります。

運動の効果に関する研究は多岐にわたり、フィットネス、病気のリスク、ポジティブな思考などへの効果を詳細に紹介しています。

しかし、脳についてはどうでしょうか?

特に、認知機能の低下についてはどうでしょうか。

加齢による精神障害の影響を目の当たりにしたことがある人は、それが止められないように感じられることが多いので、運動がそれを防ぐことができると考えるのは少し不思議なことです。

では、運動は老化した脳の健康維持に役立つのでしょうか?

研究結果によると、そのようです。

ここでは、認知機能の低下という複雑な問題と、運動との関連性について、いくつかご紹介します。

1.運動は脳の老化を防ぐ

昔から、認知機能の低下や脳の老化を防ぐには、運動が効果的だと言われてきました。すでに脳の老化が進行している高齢者にとっては、これは事実のようです。

運動をした研究結果では、単純だが明らかでした。

参加者は、たった1回の運動で、顕著な認知機能の向上を実感しました。

その効果は、より長期間にわたって定期的な運動を行った参加者が得た効果と同等のものです。

この結果は、普段運動をしていない人や、運動ができない人にとっても明るい材料となります。
具体的には、以下のような結果が得られました。

たった1回の運動で、前頭前野と頭頂葉の間に有意な領域結合が見られた被験者がいました。
これらの領域は、記憶や認知に関連する機能を担っています。

局所的な接続性が改善された人は、実施した記憶テストでも、より正確なパフォーマンスを発揮しました。
前述の領域結合性の改善は、短時間しか効果が得られなかったことから、即時的ではあるが短期間の効果であることがわかります。

長時間の運動では、ほとんどの参加者が前述の領域結合性の効果を実感しました。
しかし、それは1回限りの短時間の運動による効果と変わりませんでした。



老化した脳を助けるための要点

短時間の運動で得られる効果は明らかであるが、一時的なものであり、効果を継続させるためには定期的な行動が必要です。

長期的な運動習慣の効果はより安定しているが、短時間の運動よりも優れているわけではないです。
短時間の運動でも長時間の運動でも、老化した脳には同様の認知機能の効果がありますが、長時間の運動習慣では効果を持続させることができます。

無料カウンセリング受付中/ライザップ

2.適度な運動が脳機能にいい

簡単な運動は、体の不自由な方や、忙しい日常生活の中で手軽にできる運動ですが、大きな効果を得るには穏やかすぎます。

もちろん、激しい運動は筋力アップに効果的ですが、利便性が低く、脳が老化している人には無理な場合もあります。したがって、認知機能の低下を防ぐために適度な運動をしたい人には、適度な運動がおすすめです。

幸いなことに、科学的には、時間が経つにつれて老化していく脳を健康に保つには、適度な運動が最も効果的であることがわかっています。

軽度認知障害患者における12カ月間の有酸素運動トレーニング後の脳血流変化という研究を基にしたものです。

この研究では、中等度から多量の身体活動が、シンプルでリラックスした運動ではない2つの方法で、ゆっくりと老化していく脳にポジティブな効果をもたらすことが明らかになりました。

中・高負荷の有酸素運動を行ったグループは、ストレッチを行ったグループに比べて、脳に非常に良い効果をもたらしたことがわかりました。

適度な有酸素運動を行った被験者は、脳への血流が増加しました。
また、中心動脈硬化(首の血管の硬さ)のレベルも低くなりました。

また、有酸素運動能力の目安となる酸素消費量が増加すると、その効果も大きくなることがわかりました。



3.運動の健康効果

一般的に、運動を始めるのが早ければ早いほど、年を取ってからの効果が大きいと言われています。

研究の目的は、身体活動が後年の女性の認知機能に影響を与えるかどうかを縦断的に評価することでした。
測定した認知能力の分野は、言語記憶、処理速度、作業記憶でした。

多くの人は、運動が神経保護の効果をもたらすことに同意しています。

当然のことながら、すべての研究分野と同様、この研究にも限界があります。今回の研究は、自分で選んだ運動と、その運動が神経変性や認知機能の老化を遅らせる効果に特化したものでした。運動量を増やすこと、特定の運動を用いること、あるいは運動の種類を独自に調整することが、加齢に対して異なる効果をもたらす可能性はまだあります。

中年期から認知機能の老化を遅らせることができるようになることです。身体活動には多くの健康上のメリットがありますので、いずれにしても有効です。他の効果を期待して運動する価値は十分にあると思います。

老化した脳の健康維持に役立つ運動の方法について
どんな種類の運動であっても、身体を壊さずに行えば、何らかの形で自分のためになります。

プラス思考になったり、気分が良くなったり、体力が向上したり、心肺機能が向上したりと、様々な効果があります。しかし、運動が体に良いからといって、体のすべての部分を助けてくれるとは限りません。

脳は複雑な器官であり、認知機能の低下は複雑なテーマで研究されています。

そうすると、特定の種類の運動だけが加齢した脳に最も有益である可能性があり、特に変性疾患やその他の精神的な衰えや障害との戦いにおいては、理にかなっていると言えます。

年齢を重ねても、健康で前向きな状態を維持するためには、体に必要な運動をすべきです。

しかし、脳の老化を防ぐためには、自分に合った運動をする必要があります。
例えば、早歩きなどの中・高負荷のエアロビクスを行うといいです。