Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

なぜ男性は新型コロナウイルスで悪化する可能性が高いのか?

 

コロナウイルスによって女性よりも男性の命が危険にさらされる理由。

なぜ男性であることがコロナウイルスで悪化するための強い危険因子であるのかは理解しがたいです。

免疫反応は性別によって加齢の影響を受け、それがコロナウイルスの発生率と重症度に影響を与えることが明らかになったのです。

コロナウイルスの悪化リスクが男性で2倍になったのは、遺伝子構造と性ホルモンの違いによるものと考えられます。

女性の性ホルモンであるエストロゲンは、ウイルスが細胞に感染する能力を低下させ、2本のX染色体は、病原体を検知する免疫系の警戒態勢を維持します。

このような基本的な生物学的特性により、女性にはより高い保護効果があるのです。

年齢と性別は、免疫学的変化が交差する場所です。

SoftBank Air

遺伝子の発現が免疫反応を制御し、脅威に対してどのように反応するかを免疫細胞に伝えていることがわかっています。

免疫力は年齢とともに低下しますが、適応免疫に関連する遺伝子発現が低いため、男性ではその低下が非常に速くなります。

男性の免疫系の変化は高齢の場合、劇的に起こるのに対し、女性の免疫反応の低下はそれよりも6年遅れて始まるといいます。

コロナウイルスに対する免疫反応を改善する分子と、健康に悪影響を及ぼす分子を特定しました。

ウイルスによる悪化リスクが男性の方が女性よりも1.7倍高いことが説明されました。

女性の場合、片方のX染色体がサイレンシングされても、もう片方の染色体はまだ活性化されているので、X染色体が1本の男性に比べて、感染症に対する免疫システムの効果が高くなります。

また、コロナウイルスの女性では、男性ホルモンのアンドロゲンが転帰の悪化につながる重要な因子であるのに対し、女性ホルモンのエストロゲンが保護作用を発揮します。

年齢もまた、コロナウイルスに対する男性の免疫反応を阻害する危険因子です。

60代前半の男性は、ウイルスに対する初期免疫反応を起こす能力がないため、この問題を補うために他の免疫系分子が過剰に反応してしまいます。



タイトルとURLをコピーしました