新型コロナウイルスのワクチン副作用とは?

健康

モデナ社の新型コロナウイルスワクチンの一部の人に起こりうる副作用について。

モデナ社のワクチンは、重症化した新型コロナウイルスを予防する効果があり、臨床試験では94.1%の防御率を示しているため、高く評価されています。

しかし、重大な安全性の懸念がない場合でも、可能性のある副作用について、一般の人々は注意する必要があります。

モデナワクチンの第3相臨床試験の結果によると、一般的には、注射部位の痛み、発赤、腫れなどの反応は軽度でした。

しかし、2回目以降の投与者の50%が、頭痛、筋肉痛、関節痛、疲労感などの中等度から重度の副作用を経験しました。

これらの副作用は一時的なもので、注射後15時間後に発生し、ほとんどのケースでは2日目までに消失し、影響はありませんでした。

コロナワクチン接種後に予想される副作用

モデナ社のコロナウイルスワクチンの治験に参加した方によると、2回目の接種後、腕がガチョウの卵くらいの大きさに腫れ上がり、数時間後には38.9℃の熱と筋肉痛に襲われたそうです。
震えがきて、寒さと暑さが入り混じったような感じでした。

ワクチン接種後すぐにこのような症状が出る人もいるので、副反応の可能性について人々に伝えるべきだと付け加えました。

ファイザー社の試験に参加したワクチン学者によると、コロナウイルスは感染すると200人に1人が死亡するため、このような短期的な副作用(反応原性)でワクチン接種を止めるべきではないとのことです。

腕の痛み、発熱、疲労感は不快だが危険ではないです。

第三者委員会によるモデナ社のワクチン試験のデータ分析では、以下のようないくつかの重篤な副作用が示唆されています。

疲労が9.7%。
筋肉痛8.9パーセント
関節痛が5.2パーセント
頭痛が4.5パーセント。

また、39℃~40℃の発熱が2%の人に見られました。
ほとんどの人は、ファイザー社やモデルナ社のワクチンを接種しても、副作用はないか、あるいは軽度ですが、ファイザー社やモデルナ社のワクチンを接種した全世界の5億人のうち、2%の人だけが重度の発熱を起こしたとすると、1,000万人になります。

これは、高用量のものであっても、ほとんどのインフルエンザワクチンで通常見られるものよりも高い反応原性です。



コロナワクチン副作用は正常な反応のサイン

多くの専門家は、副作用はワクチンに対する効果的な免疫反応を示す正常な兆候であると考えています。

ワクチンは、数週間の間隔をあけて2回接種する必要があります。

反応性は一般的に2回目の投与後に高くなります。

副作用は、ワクチンがうまく機能していることを意味する。

つまり、1回目の投与で非常に良い免疫反応が得られ、その効果が現れているということです。
含まない脂質ナノ粒子も動物では同じように反応することから、脂質ナノ粒子が反応性の原因になっているのではないかと考えています。

痛み、発赤、腫れ、発熱、炎のような症状などを引き起こす炎症性メディエーターが筋肉内で産生されています。



タイトルとURLをコピーしました