癌のリスクを13%削減するビタミンとは?

健康

現代のライフスタイルでは、多くの人がこのビタミンを十分に摂取できていません。

ビタミンDのサプリメントを毎日摂取することで、がんで死亡するリスクを13%減らすことができるという結果が発表されました。

ビタミンDは、皮膚が太陽の光を浴びることで体内で生成されます。

ビタミンDは、がんに関連する酸を攻撃する酵素を産生することで、がんから体を守る働きがあると考えられている。

現代のライフスタイルでは、多くの人が十分に外に出ることができません。

世界の人口の半分はビタミンDが不足していると言われています。

元気が出ない、集中力が続かない、喜びを感じられないなどのうつ病の症状は、ビタミンD不足の兆候である可能性があります。

ビタミンDは、油性の魚、卵黄、栄養強化されたシリアル、一部のマーガリンなどに含まれています。

この結論は、発表された3つの新しい個別研究から得られたものです。

オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE ~ヨガティブ~」

1つの研究では、ビタミンDの欠乏は、膵臓がんのリスクを2倍にし、腸がんのリスクを高めることがわかりました。

ペースの速いライフスタイルを持つ現代社会に生きています。

人々は、建物の中で仕事をしている時間がかなり長く、自然や日光を浴びることはおろか、余暇を過ごす時間もずっと少ないため、ビタミンD不足が蔓延しています。

対象とした2つ目の研究では、ビタミンDのサプリメントを摂取することで、がんのリスクが13%減少することがわかりました。

ビタミンDは副作用が少なく、多くの効果があります。

男性を対象とした3つ目の研究では、ビタミンDをスタチンと一緒に投与された人は、前立腺がんで死亡するリスクが38%低くなることがわかりました。

また、運動が、がん患者の生存期間を長くするという結果が出ています。

理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

タイトルとURLをコピーしました