Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

睡眠を改善する3つの簡単な方法

 

睡眠学会が提唱する簡単な方法をご紹介します。

規則的な睡眠時間、就寝前の習慣、睡眠の優先順位を決めることは、すべて人々の睡眠を改善するのに役立つことが明らかになりました。

1.規則的な睡眠スケジュール

夜寝て、朝起きるまでの時間をほぼ同じにする。

週末もこの習慣を続けましょう。「遅れを取り戻そう」と寝坊してはいけません。

日曜日の朝に寝坊した人は、日曜日の夜、いつもの就寝時間になっても眠くならず、月曜日の起床が困難になる可能性があります。

これでは1週間のスケジュールが狂ってしまいます。

可能であれば、週7日、同じ時間(少なくとも1時間以内)に就寝・起床するようにするとよいでしょう。

オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE ~ヨガティブ~」

2.就寝前の習慣

寝る前には、体と脳を落ち着かせる時間が必要です。

消灯までの間、同じ手順を踏むことで、より良い睡眠が得られます。

毎晩、寝る前の準備として同じことをする10分間のルーティンでも良いでしょう。

脳は、オンからスリープタイムに移行するために、巻き戻しの時間が必要なのです。

3.睡眠を優先する

目覚まし時計は、朝起きたときだけでなく、就寝の30分前にセットしてみましょう。

翌日の朝6時に起きなければならないことがわかっているなら、夜の9時半に目覚まし時計をセットしましょう。

そうすれば、寝るまでに30分あることがわかり、気持ちを落ち着かせることができます。

スクリーンフリーゾーン
最後に、寝室をスクリーンのない空間にしましょう。

今の時代は、人々は常に画面を見ています。

電子機器から発せられる光が、眠気を誘うホルモンであるメラトニンの分泌を減少させるという結果もあります。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

タイトルとURLをコピーしました