Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

脳へのダメージが懸念されるアルコールの摂取!

 

記憶力、問題解決能力、感情を読み取る能力にダメージを与えます。

アルコールの摂取は、長期的な脳の損傷につながるという結果が定期的に発表されています。

記憶力、問題解決能力、感情を読み取る能力にダメージを与える可能性があります。

適度なアルコール摂取であっても、脳へのダメージや精神能力の低下につながります。

低濃度のアルコールでも脳に良い影響を与えるという証拠はほとんどありません。

他の臓器と同様に、脳もアルコールの過剰摂取によってダメージを受けやすくなっています。

最も一般的な障害は、記憶力の低下、推論や問題解決能力の低下、感情の異常などです。

当然のことながら、アルコール依存症患者は脳障害のリスクが非常に高くなります。

顔の感情を読み取る能力の低下がその一例であると言います。

理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

アルコール依存症の人は、人の顔の感情表現を判断することができません。

アルコール依存症の方は、人の顔の表情を判断するのが苦手です。そのため、感情的になっているときにコミュニケーションがうまくいかず、不必要な衝突や対人関係の悪化を招くことがあります。

その結果、ネガティブな影響が出て、飲酒量の増加につながる可能性があるのです。

脳をスキャンしながら、顔から感情を読み取る能力を測るテストを行いました。

その結果、アルコール依存症患者の方が悪い結果となりました。

感情を処理するのに重要な脳の領域である扁桃体が、アルコール依存症患者ではそれほど強く反応しなかったのです。

扁桃体と海馬という側頭葉内の大脳辺縁系構造の活性化が不足していることが、長期にわたる禁酒者の情動障害の原因である可能性があります。

非アルコール依存症の成人男性は、感情表現のある顔を見たときに扁桃体と海馬の活性化が強かったのに対し、アルコール依存症患者はこれらの脳領域の活性化が低下しており、さらにすべての顔の表情に対して未分化な反応を示しました。

アルコール依存症患者は、警告、愛、怒り、防御など、誰もが情報を伝えるために自然に使っている感情に満ちた顔の表情を検出し、意図したメッセージが正確に認識されていると思い込むことにおいて、特別なハンデを負っているのかもしれません。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

タイトルとURLをコピーしました