朝型生活で健康増進!夜更かしは要注意

更新日:
金本由樹

早起きは三文の徳?
新しい研究によると、早起きの人は夜更かしの人より健康的な傾向があることが示されました。

果物や野菜などの健康的な食品を多く食べ、食事のパターンも安定していることが特徴です。
一方、夜更かしの人は、砂糖やアルコール、ファーストフードを多く摂取する傾向があり、心臓病や2型糖尿病のリスクも高くなります。

遺伝だけでなく生活習慣も影響

朝型か夜型かは、遺伝子、民族性、性別によって決まりますが、大人になってから夕方型であることは、食行動や食生活の乱れと関係している可能性があります。
糖尿病のコントロールが悪い人ほど夕方型である可能性が高いことも分かっています。

朝型生活へのシフト

朝型生活へのシフトには、日光を浴びることが効果的です。日光を浴びることで、早朝の睡眠と起床につながります。
10代の頃から規則正しい生活を送ることで、思春期に確立される食生活が改善され、大人になってからの健康にも良い影響を与えます。

健康増進のための睡眠パターン

健康増進のためには、睡眠時間も重要です。大人は毎晩少なくとも7時間の睡眠が必要です。
睡眠中は、軽い睡眠から深い睡眠、そしてREM睡眠まで、一連の睡眠ステージを経ることが重要です。
これらの睡眠ステージを毎晩複数回正常にサイクリングすることで、睡眠は私たちの身体と心を回復する重要な機能を果たします。

健康な睡眠パターンの維持

健康な睡眠パターンを維持するためには、以下の3つのポイントを押さえましょう。

ポイント

毎晩十分な睡眠時間確保:大人は毎晩少なくとも7時間の睡眠が必要です。
睡眠の質向上:中断されずに、深い睡眠とREM睡眠を十分に得られるようにしましょう。
規則正しい睡眠スケジュール:毎日同じ時間に寝起きする習慣を作りましょう。

朝型生活で、より健康的な生活を目指しましょう!

健康
ガガログ