Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

健康増進につながる睡眠パターンとは?

 

睡眠パターンは、より健康的な食品を食べ、より安定した食事パターンを持つことと関連しています。

早起きの人は、夜更かしの人に比べて、より健康的な傾向があることが、新しい調査で明らかになりました。

早起き・早寝を好む人は、果物や野菜などの健康的な食品を多く食べ、食事のパターンも安定しています。

一方、夜更かしをする人は、砂糖やアルコール、ファーストフードを多く摂取する傾向があります。

夜更かしをする人は、心臓病と2型糖尿病の両方にかかりやすいと言われています。

遺伝子、民族性、性別によって、朝型か夜型かが決まることを発見しました。

大人になってから、夕方型であることは、心臓病や2型糖尿病のリスクが高いことと関連しており、これは潜在的に、夕方型の人の食行動や食生活が悪いことに起因している可能性があります。

糖尿病のコントロールが悪い人ほど夕方型である可能性が高いこともわかりました。

理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

朝型にシフトする方法の一つは、もっと外に出ることです。

日光を浴びることは、早朝の睡眠と起床につながります。

また、10代では、夕方型が不規則な食行動や食生活の乱れと関係していることがわかりました。

ほとんどの食生活は思春期に確立されるので、このことは大人になってからの健康に重要な影響を与える可能性があります

結論は、栄養と睡眠に関する様々な調査のレビューから得られたものです。

夕方のクロノタイプは、果物や野菜の摂取量が少なく、エナジードリンク、アルコール、砂糖、カフェイン入り飲料の摂取量が多く、また、脂肪からのエネルギー摂取量が多いことが示唆されています。

個人のクロノタイプを評価する最良の方法と、それが長期的な心血管疾患にどのような影響を与えるかについて、さらに調査を進めれば、個人のクロノタイプに基づいて慢性疾患を予防・治療することを目的とした健康増進戦略の開発につながる可能性があります。

オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE ~ヨガティブ~」

タイトルとURLをコピーしました