朝ごはんは最強のダイエットの味方!タンパク質で食欲をコントロールし理想の体型へ導く

更新日:
宮田良子

朝食を食べること、特にタンパク質を多く含む朝食を食べることが、一日中食欲をコントロールし、理想の体型を維持するのに役立つことをご存知でしょうか?

近年、肥満率は増加傾向にあり、特に10代の若者における朝食欠食率の上昇が顕著です。
しかし、研究によると、朝食を抜くと、重要な神経伝達物質のレベルが変化し、甘いものや高脂肪の食べ物への欲求が1日中高まり続けることが示されています。

一方、タンパク質が豊富な朝食を摂ると、ドーパミンと呼ばれる神経伝達物質のレベルが適度に上昇し、報酬感を得られるため、過食を防ぎ、健康的な食生活を維持しやすくなります。

朝食の重要性

朝食を食べることで、1日のエネルギー代謝が活性化し、午前中の集中力や作業効率が向上する
血糖値を安定させ、昼食や夕食の食べ過ぎを防ぐ
便秘解消や肌質改善など、健康的な体づくりに役立つ
タンパク質が豊富な朝食のメリット

食欲を抑制し間食を減らす

筋肉量を維持し、基礎代謝を高める
満腹感を持続させ、昼食や夕食の食べ過ぎを防ぐ

タンパク質が豊富な朝食メニュー例

ポイント

卵料理(目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツなど)
ヨーグルト(ギリシャヨーグルトがおすすめ)
チーズ
納豆
鶏肉や豚肉、魚などの肉類
プロテインスムージー

朝食を習慣化し、理想の体型を目指しましょう

朝食を抜くことは、肥満や過食のリスクを高め、健康的な生活に悪影響を及ぼします。タンパク質を多く含む朝食を習慣化することで、食欲をコントロールし、理想の体型を維持しましょう。