Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

緑茶ファストダイエットと断食やデットクスの体重減少効果とは?

 

精神性を高めるために行われる断食は、身体的にもダイエット効果があります。禁食とデトックス、緑茶の摂取を組み合わせることで、急速に体重を減らす人もいます。緑茶の抗酸化成分を含むリキッドダイエットでは、ほぼ確実に体重が減りますが、すぐに元に戻ってしまう可能性があります。

断食とデトックス

断食では、ジュースや野菜のピューレ、澄んだスープなど液体を中心に摂取し、デトックスでは、さまざまな物質の摂取や大腸洗浄によって消化器系をきれいにします。緑茶にはカロリーがないので、緑茶だけの断食は危険かもしれません。

液体の断食では、栄養をきちんと摂ることは難しいが、砂糖水を中心とした断食よりも、牛乳や大豆タンパク、果物や野菜のジュースを中心とした断食の方が優れている。例えば、ブロッコリーとセロリのジュースであれば、ビタミンK、B6、C、カリウム、マンガン、モリブデン、葉酸などを摂取することができます。

ジュースファスティングで5種類以上の野菜と果物を摂取すれば、米国農務省が推奨する1日の摂取量を満たすことができます。スキムミルク2カップでフルーツスムージー2杯を作れば、乳製品の1日の必要量も満たすことができます。

4カップの牛乳を入れれば、タンパク質の必要量も満たすことができます。リキッドダイエットでは、穀物や脂肪の必要量は満たせないでしょうが、シリアルや全粒粉の食物繊維がなくても、短期間の断食であれば支障はないです。

緑茶と体重減少

断食やデトックスプランに緑茶を加えると、特に腹部の脂肪を減らせる可能性があります。緑茶を飲んだ男性の方が、ウエストサイズが大幅に減少し、全体的な体重も減少しました。

緑茶に含まれる抗酸化物質が新陳代謝を高め、3~24週間で余分に減量できる可能性があります。

体重の減少

緑茶の断食ダイエットで失う体重の量は、消費カロリーに依存します。ジュース断食では、500~800キロカロリーを摂取できるかもしれません。現在の体重を維持するために1日2,000キロカロリーが必要な女性であれば、500キロカロリーの断食であれば1週間で脂肪を落とすことが期待できます。無糖の緑茶はカロリーゼロです。

緑茶ダイエットの留意点

緑茶は新陳代謝を活発にしますが、1週間以内で目に見えて体重が減ることはないです。
また、数日以上の断食を続けるのは危険かもしれません。長期の断食は心臓、腎臓、肝臓にダメージを与える可能性があるとのことです。

断食中に大幅な体重減少を経験する人もいますが、これは通常、水分が失われるか、デトックスプランを利用している場合は大腸の老廃物が排出されることによるものです。断食をすると代謝が悪くなり、通常の食生活に戻るとすぐに体重が戻ってしまう可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました