Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

ジムトレーニングで避けるべき5つのよくある間違いとは?

トレーニングは、心肺機能を高め、筋肉や骨を強くし、ストレスレベルを下げるなど、数多くの効果をもたらします。
しかし、トレーニングの効果を最大限に引き出すには、正しい方法で行う必要があります。

間違いを犯すと、せっかくの運動が無効になるばかりか、体に害を及ぼすことさえあります。
そうならないために、多くのフィットネス愛好家が犯しがちな誤りを理解しておくとよいです。

最もやってはいけないことの1つは、回復を無視し、常に限界まで自分を追い込むことです。
体を修復し、より強くなるための時間を与える必要があります。また、ウォームアップ運動も手を抜いてはいけません。
そうすると、怪我につながるからです。

運動中に携帯電話を見るのはやめましょう。集中力が切れてしまい、トレーニングの効果が半減してしまいます。
また、運動中と運動後に適切な水分補給をすることも忘れないでください。
最後に、空腹時のトレーニングは、トレーニングの効果を低下させるので避けましょう。

このような間違いがないように、より安全で効率的な運動を心がけましょう。

間違いその1:休息日をおろそかにする

体型を維持するためには、定期的に運動することが必要です。しかし、たまには運動を休むことも大切です。休息日は体を回復させるために必要な時間で、体を修復するのに十分な時間です。

これを怠ると、常に疲れを感じるようになり、運動中のパフォーマンスも低下します。また、体が回復する時間がないため、怪我をして治療が必要になることもあります。

少なくとも週に1回は激しい運動をしない日を設け、体を休め、十分に回復させるようにしましょう。もし、運動のし過ぎで大きな痛みがある場合は、早めにかかりつけの医師や近くの診療所を受診し、対処してください。

間違いその2:ウォーミングアップをしない

適切なウォーミングアップをしないまま運動に入るのは、最もよくある間違いの一つです。ウォームアップをしっかり行うことで、怪我を防ぎ、疲れるトレーニングに体を備えることができます。また、心拍数、血流、筋温を上げることで、より良いパフォーマンスを発揮することができます。

ウォームアップに最適な方法の1つは、低強度のエクササイズを短いセットで行うことです。
簡単なジョギングから基本的なストレッチまで、何でもかまいません。
筋肉や関節が、より難しい運動に備 えることができるようにすることがポイントです。

間違いその3:適切な水分補給をしない

脱水症状は、頭痛、めまい、疲労感、運動中のパフォーマンス低下など、体に悪影響を及ぼします。水は体の働きを助けるので、筋肉や腱を正常に機能させるためには、毎日十分な量を飲むことが不可欠です。

水分の摂取が不足すると、けいれんやその他の症状を引き起こし、トレーニングが台無しになる可能性が高くなります。もし、そのような問題でトレーニングが楽しめないようであれば、お住まいの地域によっては、近くの医療専門家に連絡して、解決してもらうとよいです。

水分の補給に関しては、特定の公式はありません。必要な水分量は、体重、活動レベル、天候、食事量など、多くの要因に左右されます。

しかし、安全な生活を送るためには、男性は1日に約3.7リットル、女性は約2.7リットルの水を飲むことが推奨されています。暑い地域に住んでいたり、定期的に運動をしていたりすると、この量は増えます。運動前、運動中、運動後と、常に水をたくさん飲むようにしましょう。

間違いその4:空腹時のトレーニング

多くの人は、空腹時にトレーニングすれば、より多くの脂肪を減らせると考えています。しかし、そうではありません。むしろ、何も食べずに運動すると、効果が出るどころか、かえって損をしてしまうかもしれません。

空腹時に運動すると、エネルギーレベルが極端に低下し、血糖値が急落するため、体が脂肪を効果的に燃料として使用することが難しくなります。

トレーニングの前に少量の食事をすることは、良いパフォーマンスを発揮するために不可欠です。ジムに向かう40分前に食事をすれば、トレーニングのためのエネルギー源として十分です。逆に、トレーニングの間際に食事をするのは逆効果になる場合がありますので、避けましょう。

間違い5:常に携帯電話をチェックする

現代では、常にスマホをチェックしないわけにはいきません。それでも、ワークアウト中にそれをすると、いろいろなことを見逃してしまい、ワークアウトのルーチンが効果的でなくなってしまいます。

ソーシャルメディアの通知をチェックしたり、LINEのメッセージに返信したりしても、何も良いことはありません。エクササイズに集中する代わりに、気が散ってしまい、パフォーマンスが落ちてしまいます。

ジムトレーニングの効果を最大限に引き出したいのなら、携帯電話をしまって、トレーニングに全神経を集中させましょう

ジムでのワークアウトの際に人は多くの間違いを犯しますが、上に挙げたものは最も一般的なものの一部です。それらを避けることは、安全に、そしてトレーニングの成果を最大限に引き出すために必要不可欠です。そうして日課にすれば、トレーニングを最大限に活用するのに困ることはないです。

トレーニングの前にきちんとウォームアップすること、常に水分補給をすること、ジムに向かう前に何か食べておくことを忘れないでください。また、休息日をワークアウトのルーチンに組み込み、携帯電話ではなく、エクササイズに集中することを忘れないでください。これらのコツを守れば、安全で効果的なワークアウトを行うことができます。



あわせて読みたい
    error: