Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

ボクシングが究極のトレーニングである5つの理由とは?

12ラウンドを戦い抜くというのは、汗をかくのに一番楽しい方法ではないかもしれませんが、ボクシングには驚くほど健康的な効果があります。ボクシングジムに入会すれば、優れたトレーニングを行うことができ、専門家の指導のもとでボクシングを学ぶことができます。護身術に興味がなくても、ボクシングはいろいろな意味で有益なのです。

1.激しい有酸素運動

ボクシングは最高の有酸素運動の1つです。腕、脚、腰を動かさなければならない。一対一のトレーニングでは、全力を尽くさなければならない。やった後は疲れを感じ、カロリーも大量に消費します。ボクシングは楽しいだけでなく、シェイプアップに最適な方法の一つです。

2.持久力をつけることができる

ボクシングは持久力が重要です。バッグにパンチを入れ、ジャブの練習をし、腰を動かし続けなければならないので、1セッションに1時間かかることもあります。最初は半分くらいで疲れてしまいますが、やがて持久力がついてきます。

この持久力があれば、より長く走ったり、長時間サイクリングしたり、総合的に運動能力を高めることができます。また、自分を追い込む方法も学べます。ウェイトトレーニングをしている場合、自分を追い込むことに慣れれば、より重いウェイトを持ち上げられるようになり、より引き締まった筋肉を作ることができるようになります。

3.腹筋を鍛える

あまり知られていませんが、ボクシングは腹筋に大きな負担をかけます。パンチを打つときは、体幹を回転させなければならない。多くのボクサーがシックスパックを持つのはそのためです。ボクシングは究極の体幹と腹筋のトレーニングであり、総合的な強さを身につけ、自分に自信を持つことができるのです。

4.体力がつく

ボクサーになるには、パワーリフターである必要はありません。しかし、ボクシングはテクニックも必要ですが、強さも必要です。腰を回転させ、腰の力を使って強いパンチを繰り出す方法を学ぶことができます。

しかし、強化するのは腕だけではありません。腰痛やウェイトトレーニング中の怪我を防ぐために、より良い姿勢を保つ方法を学ぶことができます。長い目で見れば、ボクシングは有酸素運動とウェイトリフティングを補い、それぞれをより得意にすることができます。

5.自信をつける

最後に、ボクシングは自信をつけるのに役立ちます。パワフルであることは言うまでもありません。ノックアウトパンチが打てるとわかっていれば、もうジムに行くのも怖くありません。ボクシングを続けていると、自分の体が変化し、見た目が良くなっていることに気づくです。

ボクシングはトレーニングとしてだけでなく、護身術としても最適です。ボクシングのクラスで学ぶテクニックは、ジムで使うだけでなく、実生活でも役に立ちます。パンチの打ち方や爆発的な動き方を学び、一発のパンチにパワーを込めることができます。

また、ボクサーは攻撃だけでなく、防御のトレーニングも行います。路上で最もよく遭遇するパンチを含め、あらゆるタイプのパンチから身を守る方法を学びます。

ボクシングは、究極の護身術というだけではありません。ボクシングは究極の護身術であるだけでなく、より強く、より健康的な身体作りをサポートします。基本は簡単で、ジャブやクロスなどの動きにもすぐに自信が持てるようになります。



あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました