Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

なぜか太った?お腹の脂肪が蓄積する8つの理由!体重を減らすダイエット方法

お腹の脂肪がつく原因として考えられることを知り、自分に合った解決策を見つけることが大切です。

お腹の脂肪:蓄積する8つの理由

ほとんどの人は、常にお腹の脂肪と戦わなければなりません。なぜなら、この部分の脂肪は蓄積されやすく、除去しにくいからです。

腹部は体の中で最も変化しやすい部位の一つであり、そこに脂肪をつけると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

腹部の脂肪は美観上の問題だけでなく、骨密度の低下を招き、骨粗しょう症のリスクや喘息発症の変化を高めることが研究により明らかにされています。そのため、お腹に脂肪がつく原因を知って、自分に合った解決策を見つけることが大切です。

遺伝

他の研究でも、各人の満腹感に関連して、遺伝が重要な役割を果たすことが示されています。

遺伝的に食べる量が多い人も、腹部の脂肪がたまりやすい傾向があります。また、自分の家族の他のメンバーがこの問題で問題を抱えている場合、自分もお腹の脂肪を溜め込みやすいかもしれません。

十分な睡眠がとれていない

十分な睡眠がとれていない人は、より多くのカロリーを消費し、より多くの腹部脂肪を蓄える傾向があります。睡眠不足になると、レプチンというホルモンの濃度が下がり、グレリンの濃度が上がります。この両方が体重増加の原因となります。

ある研究によると、1日に6時間しか眠らない人は、9時間以上眠る人に比べて肥満になる可能性が27%近くも高くなるそうです。

ストレス

睡眠不足と同じように、ストレスもホルモンの変化を引き起こし、結果的に体重増加を引き起こす可能性があります。

栄養士によると、ストレスがかかると副腎からアドレナリンやコルチゾールのようなホルモンが分泌されるそうです。コルチゾールレベルが上がると、体脂肪が蓄積され、特に腹部の脂肪が増加します。

運動不足

定期的に運動をすることは、代謝を活発にし、脂肪をより多く燃焼させるための最良の方法の一つです。
大学の研究者たちは、理想的な体重を達成し維持するためには運動が重要であることを発見しました。運動で脂肪を燃焼させることは、心臓血管の健康を確保する最善の方法のひとつです。

食生活の乱れ

炭水化物や脂肪分の多い食事をすることも、腹部 に脂肪がつく原因として考えられます。今日のスーパーマーケットやレストランには、不健康なメニューがあふれています。消費者として、それらを見分ける方法を知っておく必要があります。肥満の原因とされる食品には、次のようなものがあります。

加工食品の取りすぎ

生肉
小麦粉
炭酸飲料

果物、野菜、全粒穀物、赤身の肉、そしてたっぷりの水を含む健康的な食生活を心がける必要があります。

お酒・アルコール飲料の飲み過ぎ

お酒・アルコールの過剰摂取は、空のカロリーを飲んでいるに過ぎないため、体重増加の原因となることがあります。
研究では、アルコールを大量に摂取すると、腹部脂肪が50%蓄積されやすくなることが分かっています。

特定の薬

薬の中には、長く飲み続けると体重増加の原因になるものがあります。
しかし、すべての薬が体重増加を引き起こすわけではなく、その影響には個人差があります。

食事と食事の間の間食

一日に何度も少量の食事をすることは、体重減少を助け、代謝を高めるために推奨される手法ですが、食間に不健康な間食をすると逆効果になることがあります。

ポテトチップス、クッキー、甘いものなどの食品は、摂取カロリーを増やすだけです。

お腹を空かせずに脂肪を減らすための食事のコツ

お腹の脂肪と戦うために、他にできることはありますか?

健康的な食事を維持します。
有酸素運動や局所的なエクササイズをします。
1日8時間以上の睡眠をとる。
水をたくさん飲む。
デトックスをします。
アルコール飲料の飲みすぎに注意します。
食べ物は完全に噛んで食べる。



あわせて読みたい