減量を阻む見えない敵!心理的な障壁を克服する3つの鍵

更新日:
ガガログ編集部

ダイエットで挫折を経験したことがある人は多いのではないでしょうか?
原因は様々ですが、実は最大の障壁は「心理的な問題」であることが調査で明らかになりました。

多くの人が食事や運動不足に焦点を当てますが、減量には「心の健康」が密接に関与しているのです。

本記事では、減量を阻む心理的な障壁について詳しく解説し、克服するための3つの鍵を紹介します。

1.減量を妨げる心理的な壁!認知の歪みと感情的な要因

調査によると、減量における最大の障壁として、以下が挙げられています。

栄養不足(26%)
運動不足(31%)
経済的な問題(17%)
時間不足(12%)

意外にも、「心理的な問題」を意識している人はわずか10%でした。

しかし、食事には感情的な要素が密接に絡み合っており、これが過食やダイエット失敗の主な原因となる場合が多いのです。

ストレス:仕事や人間関係のストレスは、食欲増進や過食につながります。
不安・憂鬱:ネガティブな感情を紛らわすために、つい食べ物を口にしてしまうことがあります。
過去のトラウマ:ダイエットの失敗経験や体型に対するコンプレックスが、心の壁となり減量を妨げる可能性があります。

2.鍵となるのは「感情的な食事」への理解

人は、空腹を満たすだけでなく、感情をコントロールするために食に頼ることがあります。

喜びや祝いの場でのご馳走
落ち込んだ時の甘いスイーツ
疲れた時のカフェイン摂取

これらの行為は、必ずしも悪いことではありません。
しかし、感情的な食事に無意識に依存してしまうと、過食やカロリー過多につながり、減量を妨げてしまうのです。

3.3つの鍵で心の壁を突破:感情的な食事をコントロールする方法

感情的な食事を克服し、減量を成功させるためには、以下の3つの鍵を意識することが重要です。

1.食欲と感情のパターンを記録する

毎日、食事の内容と感情を記録することで、特定の感情と特定の食べ物との関連性を見つけることができます。

いつ、どのような感情の時に、どのような食べ物を食べたのかを書き出す
食欲を感じた時の状況や感情を分析する

2.感情的な食事の目的を理解する

なぜ自分が感情的な食事に頼ってしまうのか、その理由を探ります。

ストレス解消のためなのか
寂しさや孤独感への対処なのか
疲労や空腹感との区別がつかないのか

3.食欲と感情を区別する

食べ物を口にする前に、本当に空腹なのか、それとも感情で食べようとしているのかを問いかけます。

空腹以外の理由で食べようとしている場合は、他の方法で感情をコントロールする
運動、音楽、趣味など、食以外のストレス解消方法を見つける

4.専門家のサポートを活用する

感情的な食事を克服するのは、簡単ではありません。

管理栄養士や心理カウンセラーなどの専門家に相談することで、より効果的なアドバイスやサポートを受けることができます。

心の健康を軸とした減量戦略で、理想の自分に近づこう
減量を成功させるためには、食事や運動だけでなく、心の健康に焦点を当てることが重要です。

本記事で紹介した3つの鍵を参考に、感情的な食事を理解し、コントロールすることで、心の壁を突破し、理想の自分に近づきましょう。