コーヒーががん予防や認知症、うつ病に与える意外な影響!

食品

コーヒーの摂取が心と体の両方の健康にどのように関係しているのか。

適度なコーヒーの摂取は、うつ病のリスクを減らし、パーキンソン病や認知症のレベルを下げることに関連していることが、明らかになりました。

それだけでなく、1日に3~4杯のコーヒーを飲むことは、他の多くの利点につながることがわかりました。

その中には、心臓病の発症率の低下、いくつかの癌、糖尿病、肝臓病のリスクの低減などが含まれています。

コーヒーの摂取は、喫煙を調整した後でも、また、すべてのカテゴリーの被曝において、一貫してパーキンソン病のリスク低下と関連していました。

カフェインレスコーヒーはパーキンソン病のリスク低下と関連していたが、有意差はありませんでした。

コーヒーの摂取は、うつ病や認知障害、特にアルツハイマー病のリスク低下と一貫して関連していました。

また、コーヒーはいくつかのがんのリスク低下と関連しています。

前立腺がん
子宮内膜がん
皮膚がん
肝臓がん

2型糖尿病、胆石、痛風のリスクも、コーヒーを飲んでいる人の方が低かったのです。

コーヒーの明らかな効果は、特に肝硬変などの肝臓疾患に対して強かった。

カフェインレスのコーヒーを飲んだ場合のエビデンスはそれほど強くありませんでした。

では、まだコーヒーを飲んでいない人は、コーヒーを飲み始めるべきなのでしょうか?

医者は病気の予防のためにコーヒーを飲むことを勧めるべきでしょうか?

健康のためにコーヒーを飲み始めるべきでしょうか?

しかし、すでにコーヒーを飲んでいる人は、ではどのくらい飲めばいいのでしょうか?

病気のリスクが最も低いのは、1日に3〜5杯のコーヒーを飲むことです。

コーヒーの摂取量が増えると、潜在的な有益性が減少したり、逆に低下したりする可能性があります。また、摂取量が増えた場合の影響については、個々の研究でもメタアナリシスでも、かなりの不確実性があります。

したがって、コーヒーの安全性に関する結論は、一般的に1日のカフェイン摂取量が400mg以下(コーヒー飲料4~5杯程度)とされる中程度の摂取量に限定すべきである」としています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました