Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

ワイン、ビール、お酒が異なる感情を引き起こすことが調査で判明!

 

お酒の種類によって、人は攻撃的で自信に満ちた気分になるものと、リラックスした気分になるものがあります。

お酒の種類によって、異なる感情が引き起こされることが、お酒に関する新しい調査でわかりました。

酒類は人をより攻撃的な気分にさせ、ワインはリラックスした気分と関連しています。

酒類(スピリッツ)は、人々の心の中で、エネルギッシュで自信に満ちたセクシーな気分と攻撃性にリンクしていました。

ワインと同様に、ビールもリラックスした気分と攻撃性に関連していました。

何世紀にもわたって、ラム、ジン、ウォッカなどの蒸留酒の歴史は、暴力と関連してきました。

世界的な調査では、現在でも蒸留酒を飲むと、他の飲み物よりも攻撃的な感情を抱きやすいことが示唆されています。

飲酒者の健康に害を及ぼすレベルでの消費を助長し、暴力や傷害によって周囲の人々にも危険を及ぼす可能性があります。

調査の性質上、お酒の種類によって感情が異なるとは言い切れません。

むしろ、酒とワインとビールの効果についての人々の信念を知ることができます。

もちろん、信念は、経験することに大きな影響を与えるので、この調査は参考になります。

人は日常的に、気分を変えるためにアルコールを使用しますが、今回の調査では、飲み物の選択によって感情の結果が異なる可能性が示唆されました。

飲み物の種類と感情的な結果の関係を理解することで、アルコール関連の有害性を予防するための重要な洞察が得られるかもしれません。

この記事もおすすめ
    タイトルとURLをコピーしました