Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

アボカドを食べることで得られる8つの意外なすごい栄養効果とは?

 

アボカドが心臓に良く、健康に良い脂肪がたっぷり含まれていて、様々な健康上のメリットがあることは周知の事実です。しかし、アボカドを食べることで視力が向上したり、赤ちゃんの脳の発達を助けたりする可能性があることは、あまり知られていないかもしれません。

また、アボカドに含まれるカリウムの量は、バナナよりも多いこともご存知でしたか?ここでは、そんな美味しいアボカドについて、あまり知られていない事実をご紹介します。パン作りから朝食まで、アボカドがスーパーフードとして知られているのには理由があり、この滑らかな果物を食生活に取り入れるべき理由もたくさんあります。

満腹感が長続きする

軽くてヘルシーなランチを食べても、1時間後にはお腹が空いてしまうのは気分の良いものではありません。しかし、午後2時に空腹を紛らわすためにポテトチップスを食べるのではなく、ランチにアボカドをたっぷり食べましょう。アボカドに含まれるようなヘルシーな脂肪は、体内での消化が遅いため、満腹感が長く続きます。

アボカドは美味しいですが、脂肪分が多いのでカロリーが高いことを覚えておいてください。カロリー計算をしている方は、1食分が約50g、つまり中サイズのアボカドの3分の1で、約100キロカロリーになることを覚えておいてください。キッチンスケールで1食分の重さを測ることを何度か繰り返すと、一般的な分量に慣れることができます。

アボカドは子供の成長と発達を促進する

本物の食生活に移行する赤ちゃんにアボカドを与える親が多いのには理由があります。アボカドは、赤ちゃんが食べやすい柔らかさであるだけでなく、成長に必要な栄養素がたっぷり詰まっています。

アボカド1個の5分の1には、3.5gの不飽和脂肪酸が含まれています。不飽和脂肪酸は、赤ちゃんの体重増加に役立ちます。また、脳や中枢神経系の発達にも欠かせない栄養素です。

赤ちゃんにアボカドを与える一番の利点は、下準備がほとんどないことです。皮をむいてフォークでつぶすだけ。皮をむいて、フォークでつぶすだけ。赤ちゃんが食べやすいように角切りやスライスにすることもできるので、フードプロセッサーを使ったり、料理をしたりする必要はありません。

アボカドは血圧を下げるかもしれません

高血圧の人は、アボカドを食事に取り入れるとよいでしょう。アボカドは意外にもナトリウムが非常に少ないのです。例えば、レシピにバターを使う代わりに、有塩バターの代わりにアボカドを使えば、減塩ダイエットの一環として、塩分の摂取を制限し、血圧を下げることができる可能性があります。

アボカドには、バナナよりも多くのカリウムが含まれています。高血圧の人は心臓に良いおやつにバナナを選ぶことが多いですが、アボカドの方がより良い選択かもしれません。

アボカドを食べると視力が回復する

年齢を重ねると、多くの人が黄斑変性症と呼ばれる視力低下を経験します。黄斑変性症とは、目の網膜近くにある小さな色素領域である黄斑が薄くなり、視界がぼやけてしまう病気です。ここで、アボカドが助けになります。

アボカドには、目の退化のリスクを軽減することがわかっている物質が含まれています。

年齢を重ねてもアボカドをたくさん食べれば、視力を維持し、視力低下や白内障の発生を防ぐことができます。

アボカドは食物繊維の宝庫

食物繊維が豊富な食品といえば、ふすまの入ったマフィンが思い浮かびます。嬉しいことに、アボカドにも食物繊維が含まれています。アボカドに含まれる食物繊維は水溶性食物繊維と呼ばれるもので、体内の腸内細菌を増やす働きがあります。

水溶性食物繊維は、消化されるときに水分を吸収して、満腹感を持続させるかさを作ります。さらに、アボカドに含まれる食物繊維はゆっくりと消化されるので、ダイエットにも効果的ですし、血糖値の上昇も抑えることができます。

アボカドを食べると、他の栄養素の吸収が促進される

体に必要な栄養素の中には脂溶性のものがあります。つまり、水ではなく脂に溶けることで体に吸収されます。脂溶性ビタミンを十分に活用するためには、健康的な脂肪を摂取して、ビタミンが分解され、効果的に利用できるようにする必要があります。ビタミンA、D、E、Kはすべて脂溶性です。

アボカドを食生活に取り入れることで、他の果物や野菜から摂取した良質なビタミンやミネラルを、消化管を通して体内に取り込むことができます。

他の食品からも、より多くの抗酸化物質を吸収することができます。つまり、食事の際にアボカドを食べることで、他の食品から得られる栄養素も増えるということです。

アボカドは病気になるリスクを減らす

アボカドには、他の食品から摂取した栄養素の吸収を助けるだけでなく、病気の発症リスクを軽減する健康成分も含まれています。アボカドに含まれる脂肪は、悪玉のLDLコレステロールを低下させる働きがあります。LDLコレステロールの値が低いと、心臓病や脳卒中のリスクが軽減されます。

また、アボカドには、関節炎の症状を和らげる抗炎症作用のある成分が多く含まれています。一価不飽和脂肪酸、ルテイン、ビタミンEなどが含まれています。

アボカドはパン作りの代用品としても最適

アボカドは、バターやマヨネーズの使用量を減らしたい場合の代用品として最適です。アボカドの粘り気と滑らかさは同じですが、飽和脂肪酸やナトリウムは含まれていません。また、アボカドはクリーマーや増粘剤としても使えます。レシピに使うバター1カップは、マッシュしたアボカド1カップに相当します。

お気に入りのレシピにアボカドを代用できる簡単な場所をいくつかご紹介します。

乳製品の代わりにスムージーに入れる
マヨネーズの代わりにソースやドレッシングを作る
離乳食に単独で、または低脂肪の野菜と混ぜて
ツナサラダ、チキンサラダ、エッグサラダのつなぎとして
サワークリームの代わりに
クリームパスタのソースに、生クリームや牛乳の代わりに入れる
タイトルとURLをコピーしました