Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

お茶の効能!緑茶・烏龍茶・紅茶の健康効果とは?

緑茶効果

普通の水を除けば、お茶は世界で最も人気のある飲み物です。

そしてそれは良いことです。心臓病、脳卒中、2型糖尿病、認知機能の低下のリスクを下げるなど、お茶を飲むことには多くのメリットがあることが研究で示されています。

しかし、最も健康によいお茶は何でしょうか?

シンプルな答えです。全部です。紅茶、緑茶、ウーロン茶など、どの飲み物でも、病気と闘う植物性化合物をノンカロリーで摂取することができるのです。

お茶を飲む人はフラボノイドの摂取量が最も多いです。フラボノイドは、お茶の健康効果の多くを担っている抗酸化物質です。

味わい深く、香りのよい、健康によい飲み物です。
ワインのように、食事や時間帯によって使い分けるとよいです。

紅茶は、カメリアシネンシスという植物の葉から作られます。葉の巻き方、砕き方、乾燥のさせ方によって、味や色に違いが出ます。カモミールやジンジャーなどのハーブティーは、正確にはティサンと呼ばれるハーブとスパイスの煎じ薬です。

どのくらいの量のお茶を飲むべきですか?

他の植物性食品と同様、無理のない範囲で多めに飲むのが一般的です。効果を得るために1日に2~3杯飲むことを勧める人もいます。ただし、カフェインの許容量と摂取量のバランスをとるようにしましょう(カフェインレスのものを選ぶとよいです。さまざまな種類のお茶がどのような効能を持つのか、概要を説明します。

葉を丸めたり砕いたりすると酵素が発生し、抗酸化物質であるカテキンを酸化させる。この発酵により、豊かな風味と濃い色が生まれます。カフェインが最も多く含まれるお茶で、1杯で約50mg、これはコーヒー1杯の約半分に相当します。

飲料の効能骨格を丈夫にする効果が期待

紅茶を定期的に飲んでいる閉経後の女性は、腰椎と股関節の骨ミネラル密度が高かったそうです。

紅茶が心臓発作から守るのに役立つという強い証拠があるそうです。これは、紅茶に含まれるポリフェノールが血管をリラックスさせ、血管が収縮するのを防ぐ働きがあるためと考えられます。

しかし、牛乳を入れるのは考え直した方がよいです。
牛乳のタンパク質は、紅茶に含まれる有益な化合物の一部と結合し、体内での吸収能力を低下させる可能性があります。

緑茶の効果

作り方茶葉が緑色を保っているのは、摘み取ったばかりの茶葉をすぐに蒸して酸化を防いでいるからです。カフェイン量は1杯で約30mg。

飲料の効能緑茶にはカテキンが豊富に含まれており、その大部分はエピガロカテキンガレート(EGCG)で、LDL(悪玉)コレステロールを減らすことが明らかにされています。また、体内の炎症に対抗する可能性もあります。レモンが好きな人は、緑茶にレモンの輪切りを入れて飲むと、レモンの有効成分が消化されやすくなるそうです。

緑茶のカフェインと豊富なカテキンの組み合わせは、精神の覚醒度を高め、さらに代謝率を上げてカロリーをより多く消費させますが、その効果は小さすぎてダイエットには向かないかもしれません。

カテキンを大量に摂取すると、肝障害を引き起こす可能性があると懸念されています。飲料としての緑茶のものは、たくさん飲んでもおおむね安全であると結論づけています。

しかし、緑茶エキスのサプリメントには同じことは当てはまりません。サプリメントは肝臓障害に関連しています。日に800mg以上のEGCGを摂取すると、肝臓障害を誘発する可能性があります。しかし、それ以下の摂取量では肝臓障害の兆候は見られなかったものの、サプリメントからの安全な摂取量を特定するには十分なデータがないです。
緑茶を飲むことによって得られるEGCGの1日の平均摂取量は90~300mgとされています。

緑茶のサプリメントは、その名の通りダイエットに役立つという証拠はほとんどないので、リスクを考えるとやめた方が賢明です。

ウーロン茶の効果

作り方は?ウーロン茶の葉を部分的に乾燥させた後、軽く圧延して部分的に酸化させます。この工程により、ウーロンは黄緑色になります(強く巻くとより茶色になるものもあります)。緑茶に比べ、カフェインがやや多く含まれています。

飲料の効能ウーロン茶にはテアシネンシンという抗酸化物質が含まれており、炎症を抑え、免疫系を保護する効果があると言われています。

白茶
作り方は?若い茶葉の芽を摘んだ後、すぐに蒸し、乾燥させる。こうすることで、茶葉の褐変を防ぐことができます。白茶は色も味もまろやかなので、カフェインが少ないと思われがちですが、緑茶とほぼ同じ量のカフェインが含まれています。

飲料の効能白茶はカテキンを最も多く含み、血管を広げ、体内の脂肪を分解するのを助けると言われています。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました