1日1杯でもコーヒーを飲むことで、長生きできる!長寿の秘訣

食品

カフェイン入り、もしくはカフェインなしのコーヒーを飲むことで、死亡リスクを20%近く減らすことができると言います。

1日に1杯以上のコーヒーを飲む人は長生きし、腎臓病、がん、糖尿病、心臓病、脳卒中による死亡率が低いという。

毎日1杯以上のコーヒーを飲む人は、何も飲まない人に比べて、早死にする確率が12%低かったそうです。

さらに、1日に2〜3杯のコーヒーを飲む参加者は、早死にする確率が18%も低かったです。

コーヒーを飲めば寿命が延びる関連性は高く認められます。

コーヒーを飲むのが好きな人は、ぜひ飲んでみてください。

コーヒーを飲まない人は、飲むべきかどうか検討する必要があります。

この研究には、18万5,000人以上の成人が登録され、16年間にわたって追跡調査が行われました。

研究は、最大規模であり、非常に異なるライフスタイルを持つマイノリティが含まれています。

異なる集団間で同じようなパターンが見られたことで、コーヒーが体に良いという主張に、より強い生物学的な裏付けが得られました。

コーヒーを飲むことで、パーキンソン病、がん、肝臓病、2型糖尿病のリスクが低くなることがわかっています。

ただし、世界保健機関によると、非常に熱い飲料を飲むと食道がんになる可能性があるので、冷めてから飲むことがおすすめです。

コーヒーには抗酸化作用のあるフェノール化合物が多く含まれているので、がんのリスクを下げるためにも重要です。

コーヒーを特別なものにしているものや、コーヒーに含まれるどのような成分がその効果に関与しているかはわかりません。

しかし、コーヒーを飲むことで健康効果が得られることは明らかであり、健康的な食生活とともに利用することができます。

短時間で効率的!ダンディハウスのパーソナルトレーニング

コーヒーを飲むと、心臓病のリスクを高めたり、成長を妨げたり、胃潰瘍や胸焼けを起こしたりするので、体に悪いのではないかと心配する人がいます。

しかし、コーヒーに関する研究のほとんどは、人々の健康に害を及ぼさないことを示しています。

タイトルとURLをコピーしました