人気のFX外国為替取引のリスクとは?課題とメリットについて

投資

通貨の取引にはリスクが伴い、複雑な取引になることがあります。インターバンク市場では、規制の程度にばらつきがあり、外国為替商品は標準化されていません。

世界の一部の地域では、外国為替取引はほぼ完全に規制されていません。

インターバンク市場は、世界中の銀行が相互に取引を行うことで成り立っています。

銀行自身がソブリンリスクや信用リスクを判断して受け入れなければならず、銀行自身が可能な限りの安全性を保つための内部プロセスを確立しています。

このような規制は、参加している各銀行を守るために業界が課しているものです。

市場は各参加銀行が特定の通貨の売り買いを行うことで成り立っているため、市場の価格設定の仕組みは需要と供給に基づいている。

システム内では大きな取引の流れがあるため、不正なトレーダーが通貨の価格に影響を与えることは困難です。

このシステムは、銀行間取引を利用できる投資家にとって、市場の透明性を高めるのに役立ちます。

ほとんどの小規模なリテールトレーダーは、比較的小規模で半規制のないFXブローカー/ディーラーと取引しています。ディーラーが存在する場所によっては、政府や業界の規制があるかもしれませんが、それらのセーフガードは世界中で一貫性がありません。

ほとんどの個人投資家は、外国為替ディーラーが米国や英国で規制されているか(米国や英国のディーラーはより監視が厳しい)、あるいは規制や監視が甘い国であるかを調べるために、外国為替ディーラーの調査に時間を費やす必要があります。

また、市場の危機の場合、またはディーラーが債務超過になった場合に利用可能な口座の保護の種類を調べることも良いアイデアです。
FX初心者に人気の
DMM.com証券

外国為替取引のメリットと課題

ほとんどの市場状況でわずかなスプレッドで主要通貨のポジションを一瞬のうちに簡単に入出金することができます。

課題:外国為替市場の銀行、ブローカー、およびディーラーは多額のレバレッジを許容しており、これはトレーダーが比較的少ない資金で大きなポジションをコントロールできることを意味します。100:1 の範囲のレバレッジは高い比率ですが、FXでは珍しいことではありません。トレーダーはレバレッジの使い方と、レバレッジが口座にもたらすリスクを理解しておく必要があります。

極端なレバレッジは、多くのディーラーが予想外に債務超過に陥る原因となっています。

外国為替市場は1日24時間、週5日取引されており、オーストラリアで毎日取引を開始し、ニューヨークで取引を終了します。主な拠点はシドニー、香港、シンガポール、東京、フランクフルト、パリ、ロンドン、ニューヨークです。

課題: 生産的に通貨を取引するには、経済のファンダメンタルズと指標を理解する必要があります。

通貨トレーダーは、通貨の価値を動かすファンダメンタルズを把握するために、各国の経済とその相互関係を大局的に理解している必要があります。

ボトムライン
トレーダー、特に資金が限られている人にとっては、デイトレードや少額のスイングトレードは他の市場よりも簡単です。

長期的な視野と大規模な資金を持つトレーダーにとっては、長期的なファンダメンタルズベースの取引やキャリートレードが利益を生む可能性があります。

通貨の価値を動かしているマクロ経済のファンダメンタルズを理解することに焦点を当て、テクニカル分析の経験を積むことは、新しいFXトレーダーがより収益性を高めるのに役立つかもしれません。

★ お気に入り追加