Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

Windows11の発売日、新機能、価格、特徴、最新情報まとめ

 

革命的なWindows11のアップデートが登場予定になっています。

6月24日に開催されたMicrosoftのビッグイベントで発表されたWindows 11が、やっと間違いなく正式版となりました。

MicrosoftのCEOは、このイベントで、これがWindowsの新時代の最初のバージョンであることを発表しました。

Windows 11のごく初期のビルドがリークされ、リフレッシュされた外観と新しい名前が紹介されていましたが、ようやく正式に新しいユーザーインターフェースと新機能を見ることができました。

マイクロソフトは過去に、Windows10は、今後何年も同社のOSの唯一のバージョンになるだろうと述べていましたが、Windows 10が登場してからもう6年が経過し、今回の新しいアップデートでは、新しい番号へのジャンプを正当化するのに役立つ重要な機能が搭載されています。

刷新された外観、ウィジェット、ゲームへの新たな取り組みなど、Windows 11には、Windows 10からの実質的なアップデートとなるものがたくさんあります。

ガガログ編集部が調べたWindows11について発売日など最新情報をまとめてご紹介します。

新OSのWindows11とは?

Windows11は、Windows 10の後継製品です。

Windows11の発売日はいつ?

Windows11の発売日はいつですか?
11月下旬から12月頃になると思われます。

ガガログ調べでは、マイクロソフトのWindows 11は「今年の年末」に発売される予定です。
また、アップル社がmacOSで行っているのと同様に、この新しいOSのアップデートが毎年行われる予定になっています。

それまでの間は、お使いのデスクトップPCやノートPCでWindows 11が動作するかどうかを確認するツールをダウンロードすることができます。

Windows 11の価格はいくらですか?

無料です。

Windows 11のダウンロード

Windows 11は、既存のWindowsユーザーにとっては無料のアップデートとなりますが、ホームバージョンのダウンロード、インストール、およびアクティベーションを行うにはオンラインである必要があり、PCやタブレットへのインストールやアップグレードの際にはMicrosoftアカウントが必要となります。

これまでにマイクロソフト社は、Windows 11のハードウェア要件を発表していますが、新バージョンへのアップデートが可能なデバイスの最低基準値を超えてしまうのではないかと言われています。

Windows11の特徴

Windows11では、全面的な改良が施されています。
マイクロソフトは、アップデートの回数を40%削減することを約束し、Windows 11を「これまでで最も安全なリリース」と謳っています。

タスクバーは、マウスだけでなくタッチ操作にも最適化され、名称もドックに変更されています。

また、「スナップレイアウト」と呼ばれる機能により、新しいマルチタスク機能が提供されます。
これは、複数のウィンドウを横に並べるだけでなく、列やセクションなど、画面全体に配置できる機能です。

また、「スナップグループ」と呼ばれる機能では、ドックから以前にスナップされたウィンドウに戻ることができます。
例えば、メールアプリやEdgeブラウザのウィンドウなどを、再び以前のビューにスナップさせることなく移動させることができます。

また、マルチモニターのサポートも強化されており、外部モニターを再接続すると、Windows 11はそのモニターにあったウィンドウの以前の位置を記憶します。

また、Teamsがドックに統合され、会議や家族との通話に簡単に参加できるようになりました。電話がかかってきたときにSkypeの音が鳴っていたので、これはWindowsからSkypeが消える最初の兆候のように見えます。

Microsoft Storeがついにリニューアルされ、よりよいコンテンツが集められ、購入した番組をテレビにミラーリングするなど、管理するためのオプションも充実しています。
アプリは、Windows 11用に再設計され、ストアにすでに用意されています。

AndroidアプリもWindows11に対応しており、Microsoft StoreからAmazon App Storeを経由して発見できるので、TikTokなどをダウンロードして、PCやタブレットですぐに使うことができます。

新しいストアは、他のアプリケーションがWindows11に登場する可能性を広げます。

Windows11の新しい外観

スタートメニューが画面の中央に移動したことは、ユーザーにとって大きな変化の一つでしょう。
また、スタートメニューは「クラウドパワー」を採用しており、時間帯や作業中のコンテンツに応じて動的に変化します。

ライトモードとダークモードが正式に導入され、角が丸くなり、OS全体で統一されたデザインになっています。

また、Windows VistaのAero風のウィンドウもあり、一口サイズの情報を表示します。

Windows11では、Windowsウィジェットが復活し、ドックからアクセスできるようになりました。
マイクロソフトは、スタートメニューと同様に、使用しているアプリケーションや時間帯に応じてウィジェットが変化する、AIを活用したダイナミックな機能をアピールしています。
タッチスクリーンでは、デスクトップ上で左からスライドすると、ウィジェットが表示されます。

天気、マップ、ニュースなど、豊富な種類が用意されています。

これらはサードパーティにも提供される予定なので、AppleのOSであるiOSやiPadOSと同じくらいの数のウィジェットが選択できるようになるかもしれません。

Windows11でのゲーム

Windows11では、ゲームがより大きな焦点となります。Windows10のXboxアプリの使いづらさとイライラを解消するために、ゲームの購入、管理、削除を可能にする新しいGame Passアプリが導入され、ゲームへのアクセスとダウンロードがより簡単になります。

また、互換性のあるマシンではHDRがサポートされ、ゲームやメディアを見る際の照明やコントラストが改善されます。
また、ダイレクトストレージにより、主要なゲーム資産のダウンロードとインストールが可能になり、ゲームをこれまで以上に高速にプレイできるようになります。

Windows11のタッチの改善

タブレットモードは、Windows 8以降、Windowsの弱点の一つとなっていましたが、MicrosoftがWindows 11で披露した新しいタブレット機能は、OSの運命を左右する鍵となる可能性があります。特に、Microsoftが将来のSurface製品を開発中であることを考えると、今後発売されるタブレット向けに新しい番号の付いたOSを用意することは、新規ユーザーにとって大きなセールスポイントとなります。

マイクロソフトは、より大きなタッチターゲットと、ウィンドウを移動させる簡単な方法をアピールしました。
また、使用していたアプリケーションを見失わないように、ウィンドウの再配置方法など、回転の最適化も改善しています。

Surfaceモデルのトラックパッドで使われていたジェスチャーがタッチスクリーンにも搭載され、親しみやすさが増しています。
Windows11では、スタイラスを使用する際にもハプティクスが適用され、描画やスケッチの際のフィードバックが向上します。

タッチキーボードのデザインも一新され、親指だけの小さなキーボードになり、絵文字もすぐに使えるようになりました。
マイクロソフトによると、音声コマンドと並んでディクテーションも改善され、「その内容を削除する」オプションなどが用意されています。

Windows11は、年内に無償アップグレード予定です。Androidアプリも動きます。

Amazonパソコン・周辺機器の売れ筋ランキング

タイトルとURLをコピーしました