Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

新OS「Windows 11」の新機能を徹底レビュー!対応機種やスペックなど

 

Windows 11は、無償アップグレードが可能です。スペックにより対応機種もあり、ダウンロードの方法も簡単です。デザインの刷新やアプリの検索・ダウンロード方法の改善により、Windowsを現代に蘇らせたOSとして記憶されると思います。しかし、今後のリリースでは、システム要件の明確化やデザインの単なる再構築ではない、より深い改善が必要です。表面上は素晴らしいが、細部の改善が必要です。

刷新されたスタートメニュー
デザインは歓迎すべき変化
ペイント、Snippingツールがついにアップデート
ウィジェットの機能が充実
ついにMicrosoft Storeが使えるようになった
残念な点
システム要件はまだ分かりにくい
デザインの変更はスキンの変更に近い
タブレットモードは思ったほど直感的ではない

Windows 11がついに登場しました。Windows 10は、何年、何十年にもわたってアップデートが行われるWindows史上最後のアップデートと言われていただけに、ある意味では驚きです。

Windows 11は現在、ダウンロードとインストールが可能で、このレビューのために最終リリースに時間を費やしました。Windows 11をダウンロードした後に何か問題が発生した場合は、Windows 11の問題を解決する方法をご参照ください。また、Windows 11の機能ハブは、Microsoftが今後数ヶ月、数年のうちにWindows 11に新機能を追加するたびに更新されます。

しかし、時代に合わせて動くか、時代に合わせて動くか」という言葉がありますが、だからこそ、OSの久しぶりのメジャーアップデートとなるWindows 11が登場したのかもしれません。

再設計されたテーマ、過去と現在の新しい外観のアプリケーション、そしてより優れたタッチインターフェースを備えたこのアップデートは、カジュアルユーザー、そしてある意味ではパワーユーザーにも対応しているように見えます。

Windows 11にはまだまだ改善の余地がありますが、今回リリースされたものは、ソフトウェアとハードウェアの両方において、今後10年間のマイクロソフトの未来を形作ると思われる魅力的なアップデートです。

Microsoft Windows 11の価格と入手方法

Windows 11は、マイクロソフト社が定めたシステム要件を満たす方であれば、無料でご利用いただけます。

アップグレードは、HomeとProの2つのバージョンで提供されます。Proバージョンには、主にビジネスユーザー向けの機能が搭載されていますが、ホームユーザーの方には、より強固な暗号化レベルでハードドライブを暗号化することで、セキュリティを向上させることができる点がお勧めです。

Windows 11 Proに搭載されているすべての機能は、家庭向けではなくビジネス向けに開発されているため、クリエイティブな作業やゲーム、あるいはカジュアルな用途でPCを使用している場合は、Pro版の必要性はほとんどありません。

無償アップグレードは喜ばしいことですが、Windows 11がリリースされるまでの間、システム要件に関する情報伝達は非常にお粗末なものでした。TPMはかつてはニッチな話題でしたが、今では大きな話題となっており、多くのユーザーが自分のPCが互換性を持っているかどうか疑問に思っています。

Windows 11にアクセスするための新たな条件は、Microsoftアカウントとインターネットへの接続です。これがないと、セットアップの画面になってしまいます。ある意味では理解できますが、アカウントを作成したり、常にインターネットに接続したりしなくても、たまにPCを使いたいと思っている人には不満が残るでしょう。

また、データ収集の問題もあります。今回のアップグレードは、Windows 11をテストするためのInsider Buildプログラムで使用できるようになっていたため、現状ではこの機能をオフにする方法はなく、なぜここにオプションがないのかという疑問が生じます。

マイクロソフトは過去に、ユーザーから収集したデータをめぐって少々問題になったことがあり、十分な反発があったため、Windows 10で共有するデータをユーザーが簡単にコントロールできるようにしました。

しかし、Windows 11では、この点で一歩後退したように見えるのは残念なことです。願わくば、将来的には収集したデータの透明性を高め、ユーザーが共有するものとしないものをコントロールできるツールを提供してほしいと思います。

Windows 11の新しいデザイン

マイクロソフトは、6月24日に発表したWindows 11において、ユーザーインターフェースが大幅に再設計されたことに言及しました。

一見すると、すべてがモダンで洗練されているように見えます。ファイルエクスプローラーもコンテキストメニューと一緒にようやく更新され、どちらもWindows XPの4番目のバージョンのようには見えなくなりました。

Windows 11のスクリーンショットでは、一部のメニューはほとんど変わっていないです。

しかし、より深く掘り下げてみると、Windows 10との類似性が残っていることがわかります。例えば、フォルダを右クリックして「プロパティ」メニューを表示すると、以前と同じ設定がありますが、ボタンが丸くなり、アイコンが新しくなっています。

しばらくすると、これはWindows 10のリスキンであることに気がつきます。大きな前進ではありますが、もっとやるべきことがあります。ファイルエクスプローラーやその他の内蔵アプリケーションのリボンインターフェースを廃止したことは良いスタートです。Windows 10やリボンインターフェースを使用していた以前のバージョンでは、4つのタブと無数の設定がありましたが、ツールバーには10個のアイコンがあります。

これはWindows 11の一例で、最初の一歩としては素晴らしいものですが、それ以上に大きな飛躍が必要です。

Windows 11では、ガジェットも復活しましたが、現在は「ウィジェット」と呼ばれています。これらは、macOSと同様に独立したセクションに配置されているため、デスクトップに自由に配置することはできません。画面の左側からスワイプすると表示され、一口サイズの情報が一目でわかるようになっていて、その役割を果たしています。

唯一不思議なのは、ウィジェットウィンドウ内の検索バーです。これはウィジェットというよりも、Bing検索エンジンを使わせるためのショートカットのように感じられます。

また、カレンダーウィジェットに仕事用のアカウントを追加しても機能しないことに気づきましたが、マイクロソフトはこの点を認識していて、修正を予定しているとのことです。

Windows 11のアクセシビリティ

Windows 11の大きな特徴は、アクセシビリティに新たに焦点を当てていることです。「アクセシビリティ」と呼ばれ、逆説的に紛らわしい名前になっているかもしれませんが、これはWindows 11の始まりに過ぎません。視覚に障がいのあるユーザーのための音声アラートの新しいオプションは、メッセージボックスが表示されたとき、アップデートが利用可能なときなどに通知できるようになりました。

また、「音声入力」では、Edgeのアドレスバーや電子メール作成時に、音声をテキストに変換することができます。また、拡大表示プログラム、スピーチコマンダーアプリ、スクリーンリーダーのサポートも強化されていますが、発売時にはこれらすべてがサポートされるわけではありません。

Windows 11のスタートメニュー

本題に入りましょう。Windows 11の新しいスタートメニューには課題があります。まるでWindows 10と新しいSurfaceタブレットのために設計されたタッチインターフェースの間にあるような、中途半端な印象を受けます。

視覚的には素晴らしいものですが、深く掘り下げると、問題点が明らかになってきます。すべてが中央に配置されており、アプリが表示された後に「おすすめ」のセクションが続きます。これは奇妙な配置で、最近使ったファイルやアプリが表示されますが、リストを消去することはできません。もっと見る」をクリックすると、日付とファイルの場所が表示された拡大リストが表示されるだけです。

広告について
また、何かを検索しようとすると「検索」アプリが起動しますが、これとスタートメニューが切り替わるのはちょっと違和感があります。Windows 10のスタートメニューのように、何かを探そうとすると一瞬で結果が表示されるような統一感がありません。中途半端な感じで、以前よりも遅くなっています。

もう一つのポイントはタスクバーです。スタートメニューとアイコンの新しいデフォルトの位置は真ん中です。タブレット端末でWindows 11を使用している場合には、ユーザビリティの観点からも意味がありますが、マウスを使用している場合には意味がないので、これを左に戻したくなることでしょう(ありがたいことに、設定アプリで簡単に変更できます)。

しかし、ここには将来性があるとはいえ、改良が必要です。願わくば、Windows 11がすべての人に配布された後、フィードバックによって、新しいスタートメニューが見直される必要があることをMicrosoftに納得させたいと思います。おそらく、このデザインは、出発点としてタブレットモードで機能し、タッチディスプレイを持たないデバイスを使用する際には、アイコンとスタートメニューを元の配置に戻し、よりアクセスしやすい方法にすることができるでしょう。

マイクロソフトは、Windows 11に対するユーザーの推奨事項を表示するアプリ「Feedback Hub」に注目していると話しています。今後数ヶ月のうちに、タスクバーやスタートメニューにさらなる変更が加えられるかもしれません。

Windows 11に組み込まれたアプリ

Windowsのリリースに共通するテーマは、「ペイント」や「Snipping Tool」などの内蔵アプリがあまり愛されていないことでした。しかし、Windows 11では、これらのアプリが一新され、アップデートされました。

これらのアプリは、マウス入力とタッチ入力の両方に適したデザインを目指しているようで、ほとんどの部分で成功しています。ペイント」は再び楽しく使えるようになりましたし、「Snipping Tool」は、アプリの切り抜きや画像としての保存方法をコントロールできる唯一のアプリです。

時計は、ここでもデザインが一新された意外なアプリです。フォーカスは、AppleのiOS 15アップデートの目玉の1つに似た機能で、カレンダーや場所などに応じて自動化できるプロファイルを作成できる「フォーカス」のおかげで、仕事をする時間を管理できるようになりました。

Windows 10が苦手とするFluent DesignとMetro Designの混在はなく、これらのアプリはすべて洗練されています。すべてが洗練された印象で、これはMicrosoftにとっても素晴らしいことです。

Windows 11のマイクロソフトストア

Windows 11のもう一つの大きな柱は、デザインを一新したMicrosoft Storeです。最近のWindows 10では、Microsoft Storeが少し軽視されているように感じられるのは周知の事実です。しかし、新しいMicrosoft Storeは、アプリやサードパーティのストアにも、マルウェアの心配なく安全にアクセスできる場所になりそうです。

ストアのデザインはシンプルで、上部には検索結果がすぐに表示される検索バーがあり、左のサイドバーには3つのカテゴリーが用意されています。

新規ユーザーや初心者にとっては、アプリを簡単に見つけることができる優れたストアフロントであり、特に新しいPCを手に入れ、必要なアプリを素早く簡単にダウンロードしたいと考えている多くの人々にとって、大きな時間の節約になるであろうことは、Windows 11の功績と言えるでしょう。

Amazon StoreのAndroidアプリがいずれ届くと発表されていましたが、2022年の将来のアップデートまで待たなければならないようで、TikTokやInstagramなどのアプリをインストールすることが可能になります。

その他のWindows 11機能

新しいデザインによる刷新、アクセシビリティ、Microsoft Storeの他にも、Windows 11専用の機能があります。

Windows 11をインストールしたばかりのPCを初めて起動すると、macOSの移行アシスタントと同様に、OneDriveからファイルやデスクトップを移動するオプションが表示されます。この機能は、多くのユーザーにとって非常に喜ばしいものであり、特に新しいPCを初めてセットアップする際のストレスを軽減することができます。

また、開いているさまざまなアプリを管理する新しい方法として、「スナップグループ」があります。これは、タッチスクリーンデバイス向けの機能ですが、Windows 10で初めて導入されたウィンドウのスナップ機能を大幅に改良したもので、マルチモニター環境の管理がより簡単になりました。

これと同時に、Windows 11では、より優れたマルチモニターのサポートが提供されます。例えば、ラップトップを外部モニターから切り離した場合、アップグレードは特定のアプリケーションが置かれた場所を記憶します。

Windows 11でのゲーム

これまでWindowsでのゲームは、Games on Windows LiveからWindows 10の素っ気ないXboxアプリまで、様々な浮き沈みがありました。

しかし、マイクロソフト社は、ゲームをWindows 11の柱とすることを確実にし、Xboxアプリを内蔵し、より緊密に統合しました。

ゲームのHDRサポートも強化され、さらにHDRではないゲームのコントラストを向上させるオートHDRも追加されており、これは非常に歓迎すべきことです。

Windows 11のレビュー評価

今回のリリースは、Windows 11の最初のリリースであり、その内容からすると、素晴らしいスタートだと思います。デザインは、Windows 8以来普及しているMetroルックの素晴らしい後継であり、Windowsのスタイルと配色を現代にもたらしています。

しかし、今回のデザイン変更は、エクスプローラーやペイント、Snipping Toolなどのアプリのボタンの変更にかかわらず、現時点ではWindows 10の単なるリスキンにしか感じられないことが多い。深く掘り下げていくと、以前と同じ機能が、角が丸くなり、新しいアイコンになっているのです。

一方、改良されたMicrosoft Storeは、Windowsに必要とされていたものであり、非常に使いやすいものとなっています。Amazonから近日中にリリースされるAndroidアプリと並んで、アプリをより簡単に見つけたいカジュアルユーザーにとって、Microsoft Storeは素晴らしい出発点となると思います。

しかし今のところ、Windows 11のスタートとしては素晴らしいものですが、マイクロソフトはもっと深く、ディスク管理やメモ帳などの他のアプリがWindows 11でどのように機能するかを改善する時期に来ていると思います。

たまにしかPCを使わない人は、Windows 11を楽しめるでしょうが、仕事やゲームで1日8時間以上使う人にとっては、単なる増分的なアップデートに過ぎないと感じるかもしれませんが、それも悪いことではないかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました