Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

「Google Pixel Watch」の発売日、価格、ニュース、最新情報まとめ

 

Google Pixel Watch最新情報まとめ

「Google Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」が発表され、同時に「Pixel Watch」が登場するのではないかと噂されていましたが、そうはなりませんでした。

Google Watchについての情報を総合すると、開発中であることが推測できますが、問題はそれがいつ登場するのかということです。

Pixel PhoneがAndroidのショーケースであるように、Google Pixel Watchは、Wear OSの可能性を最大限に発揮する例として期待されています。ウェアラブルOSの大きなアップデートがGoogle IOで披露されたことから、ウォッチもそう遠くない時期に登場すると考えられ、今年中に発売されることは理にかなっています。

しかし、これまでに何度も発売時期が噂されてきたことを考えると、あまり期待はできません。あるリーク情報では、「Google Watch」は「Google Pixel 4」と一緒に発表されるのではないかと言われていましたが、それは実現しませんでした。

信頼できる情報源からGoogle Watchが開発中であるという情報がありました。

しかし、比較的最近の情報では、スマートウォッチの想定画像が掲載されており、発表の準備をしている可能性を示唆しています。また、Google自身もWear OSを搭載したプレミアムFitbitの開発を進めていることを確認しており、これが最終的にPixel Watchになるかもしれません。

ピクセルウォッチの最新情報

Pixel WatchはPixel 6と一緒に発売されませんでしたが、最新のリーク情報によると、2022年の初めに発売されるようです。

Google Pixel Watchの発売日と価格

噂されている「Google Pixel Watch」の正確な発売日は明らかになっておらず、あくまでもリーク情報に基づく予測です。今年中に上陸するのではないかという話もありましたが、最もわかりやすいタイミングは「Pixel 6」のイベントであり、出席していませんでした。

ある情報筋によると、Pixel Watchは2022年の第1四半期(つまり1月〜3月)まで延期されたそうです。そのため、現在はその可能性が最も高くなっています。言い換えれば、今年中に発売されるとは考えられません。

しかし、そのようなウォッチが開発されていることはかなり確信しており、Pixel WatchがGoogleによるFitbitの買収の恩恵を受けて、Fitbitのウェアラブル技術がGoogleスマートウォッチのハードウェアに投入される可能性もありますが、その買収が確定したのは2021年1月のことでした。Fitbitの技術をベースにしたスマートウォッチは、おそらく近い将来には登場しないと思います。しかしGoogleは、Wear OSを搭載したプレミアムFitbitを開発中であると発表しています。

Google IO 2021では、Wear OSがSamsungのTizen OSの機能を統合していることが発表されており、これはGoogle Watchの登場を示唆しているのかもしれません。

また、Googleは体の動きを検出できるようなプロセッサをSamsungに発注したと言われています。これらがスマートウォッチ用であるという保証はありませんが(Pixel phone用である可能性もあります)、ウェアラブルは明らかに適しています。つまり、何らかの形でPixel Watchが開発されているという強い証拠です。

価格については、現在のところ、どのくらいの価格になるかはわかりません。Pixelシリーズがハイエンド製品であり、一般的にフラッグシップレベルの価格であることを考えると、そのように予想されますが、現在のところ、それを裏付ける証拠はありません。

Google Pixel Watchのニュースと噂

ある情報によると、Google Pixel Watchには5nmのチップセットが採用されるとのことですが、これはSamsung Galaxy Watch Active 4に搭載されると噂されているものと同じです。

5nmのチップセットは、現在のWear OSウォッチに搭載されているものよりもはるかに高性能であることが期待できます。

また、Google社の特許には、スマートウォッチが腕や手首、指の動きを検出できるジェスチャーコントロールシステムの詳細が記載されています。

例えば、Googleアシスタントを起動するにはこぶしを作り、解除するにはこぶしを開くといった具合です。これらのジェスチャーは、時計を装着した腕や手で行うことになります。ただし、特許は必ず使われるわけではないので、必ず見られるとは限りません。

また、GoogleがFitbitを買収したことや、GoogleがWear OSに搭載してほしい機能についてアンケートを実施したところ、SPO2(酸素濃度)のトラッキング、睡眠時無呼吸症候群の検出、睡眠分析、心拍のアラート、回復時間のモニタリング、ストレスのトラッキング、医療機器やジム機器とのペアリング、レップの検出、カロリーのトラッキングなどの機能が含まれていたことから、フィットネスに大きな焦点が当てられる可能性もあります。

もちろん、すべての機能が追加されることはないでしょうが、いくつかは追加される可能性があり、Googleがヘルス&フィットネスについて考えていることがわかります。

スペックについては、Pixel Watchにはクアルコム社の最新チップセット「Snapdragon Wear 4100 Plus」が搭載される見込みで、お気に入りのアプリを腕の上で動かすための強力なパワーが期待できます。

ウェアOSは、グーグルのスマートウォッチ用OSの最新版です。
噂されていた機能の一つに、「Blackghost」というコードネームで呼ばれるものがありました。これは、チップセット自体に組み込まれた電源管理用の集積回路で、バッテリーを消耗することなく、常に音声コマンドを聞くことができるようにするものだと考えられていました。

この機能はSnapdragon Wear 4100 Plusには搭載されていませんが、GoogleがPixel Watchの発売時にこの機能を専用にする方法を見つけたか、あるいはPixel Watchがより新しいチップセットを使用するのかもしれません。

そうだとすれば、数時間後にスマートウォッチの電源を切ったり、事前にボタンを押したりすることなく、Googleアシスタントに質問できるようになることが期待されます。

Pixel Watchが3つのバージョンで開発されている可能性を指摘しています。Google本社で開発中のLing、Triton、Sardineというコードネームのデバイスの話があるそうです。

これは、Pixel Watchに3つのバリエーションが登場することを意味しているのかもしれません。少なくとも1つのバージョンのPixel Watchが1GBのRAMを搭載することが示唆されています。

LTEを搭載したモデルと、フィットネスに特化したモデルがあることを意味しているのかもしれませんが、これまでのところ、それらの異なるバージョンがどのようなものになるのか、何の噂もありません。

Pixel Watchには通常アナログ時計にしかない機能、つまり物理的なリューズが搭載される可能性があるそうです。

タイトルとURLをコピーしました