13インチMacBook Pro(2020)を購入すべき?レビューと新機能について解説!

macbookproIT

Appleは13インチMacBook ProへのアップデートでMagic Keyboardへの移行を完了しました。新しいキーボードに変わり、評判やレビューがいいです。

現在、基本的に2つの新しいバージョンがあります。
性能により価格も変わります。
13インチMacBook Pro(2020)とAirがあります。

2020 13インチMacBook Proの新機能とは?

Appleは、2020年13インチMacBook Proを2つの異なるバージョンを販売しました。

ローエンドバージョンは13万円からで、2倍のストレージ(256 GB)を除いて、2018年に発売されるモデルと同じプロセッサと内部構造を備えています。

すべてのモデルに、物理的なエスケープキーと反転した「T」矢印キーを備えた新しいシザーメカニズムマジックキーボードが搭載されています。

RIPフレークバタフライキー。見逃すことはありません。

16インチMacBook Proのキーボードがようやく13インチモデルに登場します。

ハイエンドバージョンから始まり、最新の第10世代Core i5およびCore i7プロセッサーを搭載しています。

また、最新のIntel Iris Plusグラフィックス、512GBストレージ、4つのThunderbolt 3ポート、およびより高速な16 GB、3,733 MHz、LPDDR4Xメモリを備えています。

どちらのモデルもカスタマイズ可能ですが、個別にカスタマイズできます。

たとえば、ローエンドバージョンに高速メモリを追加することはできません。

MacBook Proは、最大32 GBのLPDDDR4X RAM、4 TBのストレージスペース、および2.3 GHzクアッドコアの第10世代Intel Core i7プロセッサーでアップグレードできます。

16インチバージョンと同様の内部構成を持つ14インチMacBook Proの更新を待っていたなら、これはそうではありません。

2020 13インチMacBook Proは、新しいMagic Keyboardに標準でより多くのストレージスペースを提供するように明確に設計されたアップデートです。



第8世代と第10世代のIntel CPUの違い

2020 13-inch MacBook Proが2018年から、まだ第8世代CPUを使用しているのはなぜか疑問に思われるかもしれません。AppleよりIntelとの関係が深いです。

まず、インテルの第10世代チップは、10 nmアーキテクチャーを使用して製造されています。

それらは少し高速で、より良いオンボードグラフィックスを持っています。ただし、価格もかなり高くなります。

第10世代Intelチップを搭載したラップトップの場合、1万5千円で追加されます。そのため、第10世代Core i5チップは、より高価な構成でのみ利用できます。

YouTuberによると、インテルの第10世代チップのパフォーマンスはそれほど向上していません。

Intelは、新しい10nmプロセスとオンボードグラフィックスパフォーマンスの向上に注力しています。

第10世代チップのグラフィックス(GPU)速度は、第8世代チップよりも約50〜60%高速です。

CPUパフォーマンスについては、第8世代のCore i5プロセッサーは、936個のシングルコアおよび3,978個のマルチコアスコアです。

第10世代Core i5チップは、1,092のシングルコアおよび4,109のマルチコアスコアです。

2年前のチップと比較すると、パフォーマンスが10%向上していません。

ベンチマークと実際のテストに基づいて、Dave Leeは同様の第8世代と第10世代のラップトップCPUで実行しましたが、グラフィックスを多用するタスクを実行している場合を除いて、パフォーマンスに大きな違いはありません。



2020 13インチMacBook Proを購入すべきですか?

Magic Keyboardを搭載した13インチMacBook Proを待っていたなら、あります!

それでも、1.4 GHzのクアッドコアCore i5 CPUを使用できるため、いくつかの集中的なタスクに適しています。

500 nitの明るさとP3色域を備えた、より明るいRetinaの液晶画面が得られます。

プロセッサは、MacBook Airよりもはるかに長く、ハードで高速に実行できます。

Logic Pro、Final Cut Pro X、Photoshop、Xcode、Illustratorなどのプロフェッショナルアプリを使用する場合は、新しいMacBook Proで問題なく実行できますが、それほど優れていません。

13インチMacBook Proに夢中になっている場合は、2020 MacBook Airまたは2019 16インチMacBook Proの競争をよく見ることをおすすめします。

価格に基づいて、13インチMacBook Proのローエンドバージョンは、MacBook Airに非常に近く、ハイエンドバージョンは16インチMacBook Proに近いです。



MacBook Airを購入検討の方

MacBook Airは11万円のすばらしいパッケージですが、大きな問題が1つあります。

それは、プロセッサを集中的に使用するタスク用に構築されていません。
少しでもプッシュすると(特にベースCore i3バージョン)、遅れが生じました。

MacBook Airは、同様の仕様を安価なパッケージで販売しています。

iMovieで1080pビデオを編集する場合など、CPUに負荷のかかるタスクを実行しない場合は、MacBook Airを使用できます。

Webブラウジングの通常の職務と仕事のタスクを問題なく処理できます。

さらに、1,299ドルのバージョンでは、512 GBのストレージスペース(MacBook Proの2倍)、第10世代Core i5プロセッサー、DDR4X RAM、高速なIris Plusグラフィックスを利用できます。

MacBook Proでこれらの機能を利用するには、19万円を費やす必要があります。

2020 MacBook Airは、毎日の使用に最適なAppleラップトップだと思います。もっとパワフルなものが欲しければ、それがMacBook Proの出番です。

16インチMacBook Proを購入検討の方

13インチMacBook Proのバージョンを見ているなら、まず16インチMacBook Proについて説明します。

基本モデルは、2.6 GHz、6コア、第9世代Core i7プロセッサーです。

また、4 GBのメモリ、16 GBのDDR4 RAM、512 GBのストレージを備えたAMD Radeon Pro 5300 Mグラフィックスも入手できます。16インチRetinaディスプレイ。

さらにはるかに能力の高いマシンを手に入れることができます。

割引価格で、または再生モデルを購入すると、さらに安価に入手でき、価格がハイエンドの13インチMacBook Proの価格に近づきます。



2020 13インチMacBook Proを購入検討の方

2020年の13インチMacBook Proを購入するか迷ってますか?さて、考慮すべきことがいくつかあります。

まず、2020 MacBook Airでは十分ではないでしょうか?

Webを閲覧してオフィスで仕事をしたいだけなら、Core i5アップグレード付きのMacBook Airをご利用ください。

MacBook Airの熱制限にすぐに達すると確信している場合は、16インチMacBook Proをチェックしてください。

値段を気にしないで大丈夫なら、余分な重量を気にしない場合、16インチMacBook Proをおすすめします。

真ん中のどこかにいる場合(たとえば、MacBook Airの熱制限に達することは確かですが、ラップトップを使いたくない場合)、13インチMacBook Proのいずれかをオプションで選択してください。

基本モデルは、専門家にとって十分です。

ただし、プロセッサを集中的に使用するタスクを実行する場合は、基本モデルのコンポーネントをアップグレードするのではなく、高いバージョンをおすすめします。

より高価なMac bookのバージョンは、はるかに優れたGPUとより高速なRAMが魅力的です。

★ お気に入り追加