iMac27インチ 2020レビュー!アップグレードで在宅テレワークPCにもおすすめ!

iMac27inchIT

2020年27インチiMacは今週初めにアップデートされた第10世代Intelチップ、新しいAMD 5000グラフィックス、True Toneディスプレイ、改良されたウェブカメラを搭載していることが発表されました。

新型iMac27インチ2020をレビュー

今回もiMacはデザインの変更点がありませんでした。

Appleは今週初めにiMacの注文分の出荷を開始してます。早速、iMac27インチの最新機種がAppleより編集部に届きましたので、レビューさせて頂きます。

実際に使用した感想は、新しいiMacは自宅で仕事をするのに最適だと感じました。

アップグレードされた1080pのウェブカメラ、改良されたスピーカー、新しいマイクアレイなどが注目すべき機能として挙げられています。

True Toneディスプレイ iMacは、数百万色、1,470万画素、500nitsの明るさを持つ前世代と同じ5Kディスプレイを搭載しています。

ディスプレイの色温度を周囲の照明に合わせて調整できるTrue Toneも初めて搭載です。

True Toneについては良い追加機能だと思います。

これはアップルがiMacにTrue Tone技術を導入した初めての試みで、光のセンサーを使って画面をより忠実な色に調整しています。

iMacで夜、映画を見るのにもおすすめです。

ナノテクスチャガラスのiMac

Appleは、Pro Display XDRで最初に紹介したのと同じナノテクスチャマットガラスのオプションをiMacにも追加しました。

ナノテクスチャガラスを搭載したiMacは、どの角度から見ても、見ているものや部屋の周囲の光に関係なく、まぶしさがまったくありません。高価なオプション追加になります。ただし、素晴らしいですが価格が高いです。耐久性にも不安があります。

他の画面とは異なり、実際にはナノ仕上げの上にコーティングはありません。さらに、指紋がつきにくいというわけではありません。

新型iMac27インチに搭載された第10世代のプロセッサとRadeon GPUは、パフォーマンスが良かったです。今回テストした10コアのiMacを、今後何年も使えるパソコンです。

iMacが到着してから実行したいくつかのベンチマークは、このデスクトップがパワーマシンであることが分かりました。

CPU性能のテストでは、iMacは2分19秒で画像をレンダリングしたが、これは信じられないほど速いです。

Intelの第10世代Core i9-10900Kプロセッサを単体でベンチマークしたときよりも2分以上速かったです。

システム全体のパフォーマンスを総合的に評価するテストであるGeekbench 4では、iMacのシングルコアのスコアが6382、マルチコアのスコアが42417という結果が出ています。

32GB RAMとRadeon Pro 5700 XTグラフィックスカードを搭載した10コアのレビューユニットは、日常的な使用には強力すぎです。

1080pカメラ iMacは、トーンマッピング、露出制御、顔検出を含む画像信号プロセッサを追加するT2チップを搭載したアップグレードされた1080pカメラを使用しています。

このカメラは鮮明で、電話会議のニーズには十二分に対応できます。

このシステムには、より良いショットフレーミングのためのフェイストラッキングや、低照度下でのパフォーマンス向上など、経験を強化するために設計された多くのオンボードセンサーが搭載されています

顔にピントを合わせてくれるフェイストラッキング機能もありました。

Appleはカメラのソフトウェアを調整して、画面の周りで顔を動かしても常にピントが合っているようにしました。

ビデオ会議のために、1080pのウェブカメラは、最大の日常的な改善である可能性が高いです。

ウェブカメラの品質は、最終的に改善されています。コロナの影響により、テレワーク、在宅勤務で、たくさんのビデオ会議をしている場合、新しい1080pのWebカメラは、おそらく毎日が最も改善されるものになります。

もちろん、ウェブカメラのためだけに新しいiMacにアップグレードする価値はないと思いますが、Appleが改善してくれたことは嬉しいです。

iMac27インチのマイクとスピーカー

Appleはスタジオ品質のマイクアレイを追加してハイエンドカメラに対応させ、スピーカーはT2チップの恩恵を受けています。バランスを改善し、より忠実度を高め、より深い低音を実現するための可変EQになっています。

このマイクを「クリアで電話会議に完全に適している」とみなし、スピーカーについても同じことを言っていました。

スピーカーもほぼ同じニーズを満たしています。電話会議、オーディオ再生、さらにはカジュアルな映画鑑賞や音楽鑑賞に完璧に適しています。

音楽を聴くことに少しこだわりを持っている人としては、自宅ではデスクトップとペアリングするために外付けスピーカーに投資すると思いますが、コンピュータのオーディオはオフィスに向いていると思います。

マイクも試してみましたが、高性能でした。これまでのiMacには2つの正面を向いたマイクがありましたが、新しい27インチのiMacでは3つ目の背面を向いたマイクが追加され、背景のノイズをカットしています。

新しい27インチiMacを使っている人たちとビデオチャットをしましたが、本当にクリアな音を出していました。

自分自身がiMacの前で歌ってギターを弾いて録音した音を聞いても大変良かったです。

オーディオマニアでなくても音の違いがよく分かり、まるでスタジオで録音されたかのように、とてもクリアに聞こえました。

新しいiMacに対する不満はほとんどありませんでしたが、iMacのデザインが時代遅れで変わっていないことは残念です。

iMacのデザインは2012年以来、一度も見直されておらず、太いボーダー柄が続いています。

また、MacBook AirやMacBook ProなどのMacに搭載されているTouch IDホームボタンの追加に興味がありましたが、新しいiMacには搭載されていませんでした。

Apple iMac (27インチ, Retina 5Kディスプレイモデル, 3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ, 1TB)

新品価格
¥202,180から

★ お気に入り追加