新型MacBook Air、Mac mini、iPadProの最新機種発表まとめ!

macbookairIT

アップルがiPadProに続いて、MacBookAirとMacminiの最新機種を発表しました。

MacBookAirとMacminiの最新機種

発表された最新機種について料金やスペックなど詳しく紹介します。

Macbook Airの新型モデル

・ストレージ容量が2倍(256GB、512GBのSSD)
・CPUのCoreプロセッサーが強化
・Magic Keyboard搭載(キーストロークの深さが1mm)

スペックが向上してますが、価格が前世代より安くなっています。
お得になっています。

新MacBook Airの料金

256GB SSDモデル:104,800円~
512GB SSDモデル:134,800円~

【昨年MacBookAirの料金】
128GB SSDモデル:119,800円
256GB SSDモデル:139,800円

最新MacBook Airのスペック

・2020年3月発表モデルのスペック
下位モデル、上位モデル
CPU:Core i3(2コア、1.1~3.2GHz)、Core i5(4コア、1.1~3.5GHz)
GPU:Intel Iris Plus Graphics
ディスプレイ:13.3型Retinaディスプレイ(2,560×1,600ドット)
メモリ:LPDDR4X-3733 8GB(最大16GB)
ストレージ:PCIe SSD 256GB PCIe SSD 512GB
インターフェイス:Thunderbolt 3×2、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 5.0、720p FaceTime HDカメラ、ステレオスピーカー、3マイクアレイ、3.5mmヘッドフォンジャック
バッテリ リチウムポリマー(49.9Wh)
バッテリ駆動時間:Webサイト閲覧時最大11時間、Apple TV利用時最大12時間
サイズ(幅×奥行き×高さ):304.1×212.4×16.1mm
重量:1.29kg

新「MacBook Air」の性能をレビュー

新型MacBook Airは旧モデルよりも、実際にとても快適に動作しました。
MacbookAirの旧モデル(Amber Lake・1.6GHz・デュアルコア)でベンチマークテストでは、シングルスレッド性能のスコアは700でした。
一方、新型MacBook Airのテストモデルは標準構成上位のCore i5モデル(Ice Lake・1.1GHz・クアッドコア)で1100の値を出しました。
価格も安くなり、MacProと変わらない性能になっています。SDの容量が2倍になり、2TBまで選べるようになっています。

新Mac miniのポイント

前回発売モデルが2018年11月です。
Corei3モデル:128GB→256GB
Corei5モデル:256GB→512GB

CPUやメモリーは同じですが、SSDの容量が増えて価格が安くなってます。
Core i3モデル:89,800円→82,800円
Core i5モデル:122,800円→112,800円

新iPadProのポイント

・画面サイズは変わらず。11型と12.9型
・アウトカメラ:1200万画素広角カメラ+1000万画素超広角カメラのデュアル構成
・LiDARスキャナーを搭載
・Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)を搭載
・Magic Keyboard対応

新iPadの価格

11型「iPad Pro」
Wi-Fiモデルの価格は、128GBモデルが84,800円、256GBモデルが95,800円。
512GBモデルが117,800円、1TBモデルが139,800円。

12.9型「iPad Pro」
Wi-Fiモデルの価格は、128GBモデルが104,800円、256GBモデルが115,800円。
512GBモデルが137,800円、1TBモデルが159,800円。

★ お気に入り追加