Appleは2022年10.9インチの有機ELのiPad発売、有機ELのiPad ProとMacBook Proを発売?

IT

Appleは、2022年初頭のリリースに向けてOLED iPadのバリエーションに取り組んでいると噂されており、同社はまた、ハイエンドのiPad ProとMacBook Proモデルへのディスプレイ技術の統合を検討しています。

Appleが最初にOLEDを採用するタブレットは、2022年初頭にデビューする10.9インチの新しいiPadになると報じています。

正確なモデルは特定されていませんが、噂されている仕様と発売時期は、iPad Airの刷新を示唆しています。10.9インチの液晶ディスプレイを搭載し、10.2インチのiPadと11インチのiPad Proの間に位置する第4世代のAirは、2020年後半に発売されました。

初の有機EL iPadの製造は、2022年初頭のリリースに先駆けて、2021年の第4四半期に開始されると情報筋は述べています。



Appleは、噂されている10.9インチのiPadモデルのほかに、来年デビューする12.9インチのiPad Proと「16~17インチのMacBook Pro」の有機EL版を検討していると報じられています。同社は、どちらのデバイスの生産を進めるかについて最終的な決定を下していないと伝えています。

AppleInsider TVの最新情報を見る
DigiTimesは、Apple社のディスプレイサプライチェーン内に信頼できる情報源があることで知られていますが、Apple社製品の発売を予測する際には、これまでにも様々な実績を残してきました。

AppleがLCDから新しいディスプレイ技術への移行を予想していることを示す業界の話題を追ったものです。iPad Pro、例えば、 11月には今年はOLEDスクリーンを搭載すると噂されていました。

前者は、2021年にはiPad Proの一部のモデルと少なくとも2種類のMacBook Proに搭載されると予想されています。microLEDに関しては、次世代技術がハイエンドのテレビの形で消費者の手に届くようになったばかりです。これまでの噂では、Apple Watchが最初にmicroLEDを採用するとされていますが、2023年か2024年までは採用されないと言われています。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】