Apple新型「iPhone 13」や折りたたみ式iPhoneの最新情報や噂まとめ

IT

次期iPhoneだけでなく、次の2機種についても予測があります。まず、「iPhone 13」には120HzのProMotionディスプレイ、改良されたウルトラワイドカメラ、そしてより大きなバッテリーが搭載される可能性があると主張しています。

そして2022年には“iPhone 14”はノッチを放棄し、”パンチホールディスプレイのデザインを採用するかもしれない”と言われています。また、Appleが折りたたみ式のモバイルデバイスを2023年に発売する可能性があると主張しており、その年の “iPhone 15”には画面下の指紋認証スキャナーが搭載される可能性があるとしています。

将来のAppleの計画といえば、3月2日に同社に付与された特許には、新しいMagSafeコネクタの画像が含まれています。これらは将来のMacBookや、iPhoneのような小型デバイスにも搭載される可能性があります。Kuo氏や他のリーク業者は現在、USB-CはiPhoneには搭載されず、充電ポートを全く持たないか、新しいMagSafeコネクタを使用するかのどちらかに移行すると主張しています。


現在に戻ると 4K 21.5 インチ iMac の特定のモデルは、Apple から “現在利用できません” – 近いうちに来る可能性のあるリフレッシュを指しています。もし新しいモデルがあるとすれば、出回っているレンダリング画像に似ている可能性があり、Apple Siliconを搭載することになります。

Appleは最近、ユーザーがiCloudのフォトライブラリをGoogle Photosに直接コピーできる新しいツールを発表しました。
残念ながら、ライブフォトや共有アルバムなど、すべてのメディアタイプが転送可能なわけではありません。また、Appleのウェブサイトでは、「Apple for Kids」の機能や、「スクリーンタイム」や「ファミリー共有」でデバイスを設定するためのガイドを強調した新しいサポートページも開設されました。

次に、Twitter上のあるAppleユーザーが、Apple Cardの支払いを逃したことで、Apple ID、iCloud、App Storeのアカウントが無効になったと主張していました。しかし、AppleInsiderはさらに調査した結果、下取り契約違反を含む一連の出来事が実際に原因であることを発見しました。

人気が高まる一方で、ライブオーディオアプリ「Clubhouse」に関するプライバシーの懸念も高まっています。同プラットフォームでは、ユーザーが調査が必要な事件を報告した場合に備えて、録音データを一時的に保存しているとしている。また、あなたの情報が他の誰かに共有されていたとしても、サービスから削除することはできないとしています。
新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】