AppleのARヘッドセットは2022年「Apple Glass」は2025年に発売?

IT

Appleは2022年半ばに拡張現実ハードウェアへの最初の進出を発表するだろうと予測しており、その数年後には2025年に「Apple Glass」を、2030年にはコンタクトレンズを発表する可能性があります。

Appleは、かなりの数年前から独自の混合現実ヘッドマウントディスプレイに取り組んでいると噂されています。それは一般の人々がデバイスを楽しむために取得する前に、待ち時間のもう少しがあるかもしれないようです。

AppleのARへの取り組みのための予想されるロードマップを概説する中で、ARとMRは “エレクトロニクス製品の革新的なヒューマン・マシン・インターフェースを定義する次の重要な技術”になると主張しています。しかし、バーチャルリアリティデバイスはニッチなものになるでしょうが、MRとARのハードウェアは将来的に主流になると見られています。

Appleは、ARやMRの製品を3つのフェーズで展開すると考えられており、第1弾は2022年の「ヘルメット型」。その後、2025年に「メガネ型」の製品、2030年から2040年の間にコンタクトレンズベースのハードウェアを展開するという。

これは、1月では2021年にARハードウェアをリリースするというアイデアが浮上していたため、予想スケジュールを少し押し戻したものである。しかし、2022年の発売を提案していた。

1月の他の報道では、「Apple Glass」の発売に先立ち、2022年のヘッドセットの発売が予定されていることが示唆されている。

初期のヘルメットはARとVRの両方の体験を提供するが、その後の製品は、ほとんどの場合、MRとARアプリケーションのみを扱うことになるだろうとの情報があります。

Appleは、200から300グラムの間で重量を量るヘルメットのいくつかのプロトタイプを持っていると考えられているが、それは200グラム以下の重量にプッシュすることが期待されています。ソニー製のマイクロ有機ELディスプレイと光学モジュールを使用することで、VRだけでなく「シースルーAR体験」も提供できるようになるという。

ソニーは、2月にTSMCがこの技術に取り組んでいると言われていたように、必ずしもAppleが念頭に置いているマイクロOLEDディスプレイの生産者ではないかもしれません。

このヘッドセットは、Appleが約10万円で比較的価格を設定することを促す可能性があります。iPhoneのそれ以上の複雑な製品デザインを持つことになります。これは、それが30万円の地域で消費者の費用がかかる可能性があると推測した2月からの1つのレポートをはるかに下回っています。

それは独立したコンピューティング パワーとストレージを持つことになり、他の多くの VRや ARヘッドセットのように機能するためのホストデバイスを必要としないことを意味します。ただし、第一世代は技術が向上するまでは「モバイル製品というよりもポータブル製品のような位置づけ」になります。

アップルは、「Apple TV+」や「Apple Arcade」などの動画関連アプリケーションとヘッドセットを統合することをセールスポイントの1つにしていると考えられています。また、ハードウェアのスペックが高くなっていることもあり、「既存のVR製品よりも格段に優れた没入感のある体験」を提供できると予想されています。

このメガネは開発に時間がかかっており、そのため、Appleはまだプロトタイプには進んでいないと考えられています。それは、シースルーAR体験を提供するために、光導波路に似たAppleが開発した技術を使用するとされています。

ここでも、独立したコンピューティングパワーとストレージが期待されていますが、このメガネはモバイル製品としての位置づけになるでしょう。ヘルメットの没入感とは対照的に、より「モバイル+AR」な体験を提供するため、ヘルメットと並行したデバイスラインとして提供されるかもしれません。

Apple Carとの統合も “革新的なユーザー体験を提供する”と期待されています。

コンタクトレンズについては、現時点では “発売スケジュールの見通しは立っていない”が、2030年以降に出荷されると見られている。技術についての一般的な提案は別として、コンタクトレンズについての主要な詳細は提供されていません。

コンタクトレンズは、物理的なデバイスを効果的に視界から外すことで、電子機器を「見えるコンピューティングの時代から見えないコンピューティングの時代」へと導くという。

当然のことながら、小型のハードウェアは、技術トレンドの現在の可視性に基づいて、「独立したコンピューティングパワーとストレージを持つ可能性は低い」としています。