ミニLEDディスプレイを搭載した12.9インチiPad Pro3月下旬に発売される?

IT

中国・成都の工場でiPadProの新製品のバックエンドモジュールの生産能力を拡大する計画を立てています。

iPadProの新製品のひとつは、かねてより噂されているAppleのミニLEDディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proである可能性が高く、3月末または第2四半期の初めに発売される予定であると、業界関係者は述べています。

このタイムフレームは、このデバイスが今後数週間以内、遅くとも4月中にアップルから発表される可能性を示唆しています。

ミニLEDディスプレイを搭載した新しい12.9インチiPad Proは、何ヶ月も前から広く噂されています。このデバイスは、液晶ディスプレイを搭載していますが、Mini-LEDバックライトを採用することで、より高い輝度とコントラスト比の向上などのメリットが得られます。

11インチのiPad ProもMini-LEDディスプレイにアップデートされるかどうかは不明ですが、多くの噂では12.9インチモデルについてのみ言及されています。

また、新しい12.9インチiPad Proは、より高速なA14Xチップを搭載し、セルラー接続モデルでは5Gネットワークに対応すると予想されています。

3月は、アップルが新製品やアップデート製品を発表する月としてよく知られています。Appleは前回、2020年3月にiPad Proのラインナップを更新し、わずかに改良されたA12Z Bionicチップ、ウルトラワイドカメラ、LiDARスキャナー、より音の良いマイクなどを搭載しました。

Appleが3月23日にイベントを開催する予定で、Appleはもちろんプレスリリースで新しいiPad Proを発表することを選択する可能性もあります。その他の噂としては、アップル待望の「AirTags」、新型Apple TV、新型AirPods、そしてさらなるアップル製シリコンMacなどが挙げられます。

最新 Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 128GB) – ゴールド (第8世代)