iPhone13にディスプレイ下の指紋認証システムが搭載される?

IT

新しい情報では、iPhone 13にはアンダーディスプレイの指紋スキャナが搭載される可能性が高いと繰り返し述べています。

このニュースは、Touch IDが今年のiPhoneに戻ってくるというこれまでの報道と同じです。

新たな情報では、iPhone 13がディスプレイの下に指紋スキャナを搭載する可能性が高いと、これまでの報道を繰り返しています。

今年後半に発売される予定のiPhone 13モデルには、Face IDに加えて、認証用にディスプレイの下に埋め込まれた指紋スキャナが搭載される可能性が高いとのことです。

iPhone13モデルにはより小さなノッチが採用され、LiDARスキャナーは今年はiPhone 13 Proモデルに限定されるだろうと付け加えています。



iPhone13に「フィンガープリント・アンダー・グラス」が採用される可能性が「高い」としており、Appleの追加的な3Dセンシング・コンテンツにとって構造的な逆風となり、「将来のセキュリティ機能となる可能性がある」と述べています。

以前、Appleがアンダーディスプレイの指紋スキャナに取り組んでいると報告しています。

秋に発売される今年のiPhoneのラインナップには、それほど大きな変更は予想されていませんが、画面内指紋認証センサーを搭載することが予想されています。

全体的な変更はマイナーなものになるでしょうが、アップルは2021年に向けて重要なアップグレードである画面内指紋認証リーダーをテストしています。これにより、ユーザーがiPhoneのロックを解除する方法として、パスコードや顔認証「Face ID」に加えて、新たな方法が加わることになります。

アップルは2017年に「iPhone X」を発売して指紋センサーからの脱却を開始しましたが、それ以降も「Touch ID」はMacのラップトップや安価なiPhoneの機能として残っている。Appleに5Gモデムを提供しているQualcommは今月初め、より高速な画面内指紋センサーを発表しました。

iPhone 13(または12S)は、120Hzディスプレイを搭載する可能性のある、よりマイナーなアップグレードになると予想されています。