iOS 14でiPhoneアプリとホーム画面をカスタマイズする方法

デジタル

iPhoneのiOS 14のアップデートには様々な新機能が搭載されていますが、中でも話題になっているのが、ホーム画面のカスタマイズ機能です。

新しいApp Library、ウィジェットの追加、複数のホーム画面の管理などにより、脱獄しなくても、iPhoneを自分の好みに合わせてカスタマイズすることがこれまで以上に簡単になりました。

しかし、このガイドでは、ホーム画面をカスタマイズする公式の方法をご紹介します。

iOS 15について

豊富なウィジェット
これまでAndroidユーザーのものであったウィジェット(iPhoneでは「今日」表示)が、ホーム画面に初登場します。

まだ始まったばかりですが、ますます多くのデベロッパが自分のアプリケーションに便利なウィジェットを追加しています。
また、「時計」、「バッテリー」、「ファイル」、「フィットネス」などのアップル独自のアプリケーションは、特定のアプリケーションに入らなくても、必要な情報を「一目で」得るのに最適なものばかりです。

インストールされているすべてのウィジェットの一覧を表示するには、iPhoneのホーム画面を長押しして素敵なタイトルの「jiggle mode」にし、左上の「+」マークを探します。

これをタップすると、アップル社製のものや、すでにインストールされているサードパーティ製のアプリケーションを含む、選択可能なウィジェットのリストが表示されます。

好みのウィジェットをタップすると、サイズやレイアウトが異なる複数のスタイルから選ぶことができます。ホーム画面がすでにぎっしり詰まっていませんか?例えば、消費カロリーを表示するための小さな正方形(2×2アイコン)のウィジェットが欲しいかもしれません。あるいは、1日の中で最も活動的だった時間帯を表示する2×4のワイドなウィジェットが欲しいかもしれません。

もちろん、ウィジェットのサイズを組み合わせて使用することもできます。そのためには、それらを長押しします。例えば、Things 3では、ユーザーが特定のリストやタグのセットを選択して、ウィジェットに表示させることができます。すべてのウィジェットがこのように調整できるわけではありませんが、どのウィジェットが調整できるか見てみる価値はあるでしょう。

スマートスタックを試す

アップルのウィジェットのひとつである「スマートスタック」は、単一のアプリケーションをベースにしたものではありません。その代わりに、一目でわかる情報パネルが用意されており、それを指で上下にスクロールさせることで、情報を確認することができます。

スマートスタックのウィジェットに指を置いて、「スタックの編集」を選択します。リストをドラッグして並び替えることで、表示されているアプリの順番を調整することができます。写真」の表示が気に入らない場合は、ページの一番下に移動させることもできます。

また、自分の好みや使用状況に応じて表示内容を提案する「スマートローテート」を許可することもできますが、私たちはこれをオフにしているので、常に何を見ているのかがわかります。



見えないところ
複数のアプリケーションをインストールしたとき、ホーム画面を汚さないようにフォルダに入れて隠していたことを覚えていますか?今では、毎日使うわけではないアプリを簡単に整理して、バックグラウンドに置くことができます。

これは、携帯電話にインストールされているすべてのアプリケーションを見つける場所として機能する、新しいApp Libraryのおかげです。ここにすべてのアプリを置くことができるので、ホーム画面にアプリを散らかしておく必要はありません。

ジグルモードでは、アプリの「X」をクリックすると、そのアプリがホーム画面や携帯電話から完全に削除されます。

アプリライブラリは、ホーム画面の右側をスワイプすると表示されます。アプリは、App Storeと同じように、あらかじめ設定されたカテゴリー別に分類されます。

リスト表示に切り替えれば、すべてをアルファベット順に見ることができ、検索バーを使って特定のアプリケーションを探すこともできます。

ホーム画面を隠す

ここでは、表示したい画面にチェックを入れたり、非表示にしたい画面のチェックを外したりすることができます。好きな時に再び有効にできるだけでなく、非表示にしたアプリはアプリライブラリで引き続き見つけることができます。

ここでは、見たい画面にチェックを入れ、隠したい画面のチェックを外すことができます。好きなときに再び有効にできるだけでなく、非表示にしたアプリはアプリライブラリで引き続き見つけることができます。

アイコンの変更

ここ数日、ソーシャルメディアを利用していると、人々のホーム画面に様々な種類のおかしなアプリのアイコンが表示されているのを目にすることが多いと思いますが、単に画像を入れ替えればいいというものではありません。

実際に目にするのは、自動化のために作られたAppleの「ショートカット」アプリが、アプリを開くために使われていることです。

Shortcutsは強力なツールですが、やり方さえわかれば簡単に使うことができます。まず、Shortcutsアプリをインストールする必要があります。

アプリを開いて、左上の「+」ボタンをタップして、新しいショートカットを作成します。アクションを追加」をタップして、「アプリ」を選択します。

ここでは、ショートカットが開くアプリを選択し、右上の「…」ボタンをクリックします。ここでは、カスタムアイコンと名前を追加することができ、ホーム画面でショートカットを識別するのに役立ちます。

そして「ホーム画面に追加」をタップすれば、ピカピカのアイコンが自分を待っています。



お気に入り
タイトルとURLをコピーしました