新しいAndroidスマホの機種変更した場合の初期設定方法

IT

新しいAndroidスマホを買ったばかりの人は、できるだけ早くこのデバイスを使い始めたいと思うでしょう。でも、それは決して難しいことではありません。ここでは、その方法をすべてご紹介します。

Googleアカウントと新しい携帯電話の接続から、不正なアクセスからスマホを保護する方法まで、新しいAndroidスマホを設定するために必要なすべての情報をここでご紹介します。すぐに使い始めることができます。

Googleが提供するストックバージョンに近いスマホでAndroidを設定する方法をご紹介します。他のメーカーのスマホでは、手順や画面が若干異なる場合がありますが、お使いの携帯電話のメーカーやモデルにかかわらず、プロセスはほぼ同じになります。

Androidスマホの設定方法

Androidスマホを起動して最初に表示される画面では、OSに使用する言語を選択するよう求められます。言語を選択して「スタート」をタップすると、メインの設定プロセスに入ります。その後の画面のほとんどは、すぐに処理したくない場合は「スキップ」ボタンで回避できます。

次の画面では、まだSIMカードを挿入していない場合は、SIMカードの挿入を求められます。その後、Wi-Fiネットワークの選択と接続を求められます。

次に、他のAndroid端末からアプリやデータをコピーする画面が表示されます。Googleアカウントの情報やインストールしたアプリを、まだ手元にある他の端末からWi-Fi経由で同期するか、Google DriveからAndroid端末のバックアップを復元することができます(古い端末をクラウドにバックアップしている場合のみ)。この部分の設定については、以下で詳しく説明しています。

新しい携帯電話を白紙の状態でスタートさせたい場合は、「コピーしない」を選択します。これにより、Playストアへのアクセスが可能になり、Gmail、Googleフォト、Googleカレンダーなどのアプリとの自動同期が開始されます(前のステップでデータをコピーしなかった場合も同様です)。

ログインすると、Googleは、位置情報の追跡、診断データの収集、Google Driveへの電話の主要情報(アプリ、アプリデータ、通話履歴、連絡先、Wi-Fiパスワードなどのデバイス設定、SMSメッセージの履歴など)のバックアップを許可するかどうかを尋ねてきます。

このバックアップに同意していただくと、次に携帯電話をアップグレードする際に、前述の復元機能で利用できるようになるので、楽になります。このページから、Googleアカウントでログインしているすべての端末を確認することができます。

画面をロックするためのPINコードを設定するよう求められます。また、指紋認証やフェイスアンロックの機能がAndroid端末に搭載されている場合は、それらを設定することもできます。端末への不正アクセスを防ぐために、これらのセキュリティ対策を少なくとも1つは施しておくことが重要です。

次の画面では、Googleアシスタントの設定を行います。次の画面では、Googleアシスタントの設定、メインのGmail以外のメールアカウントの追加、システムフォントやホーム画面の壁紙の変更、Google HomeやGoogle Newsなどの追加のGoogleアプリを選んですぐにインストールすることができます。

さらに、Android端末のメーカーから、アカウントやアプリの追加登録を促す画面が表示されることもあります。これでAndroid OSが正式に導入され、携帯電話を楽しむことができるようになります。

Googleのアプリやサービスはほとんどがクラウド上にあり、どの端末でサインインしても、メール、連絡先、カレンダー、写真、ビデオ、ファイルのすべてにすぐにアクセスできるため、このプロセスは非常に簡単です。



Androidからのアップグレード
Googleは、Android携帯電話から別のAndroid携帯電話へのアップグレードを可能な限り簡単にするために、Googleのサービスやアプリ(Google Driveなど)がバックグラウンドで多くの作業を行っています。

上のセクションで述べたように、セットアップの過程で、古いAndroid携帯電話からデータやアプリをコピーする機会が提供されます。セットアップ中にファイルをコピーしなかった場合、将来的にコピーするには携帯電話をリセットする必要があります。

もし同意していただければ、古い携帯電話がまだ手元にあれば、Wi-Fiネットワークを介して古い携帯電話のクローンを作成することができます。あるいは、Google DriveにあるAndroidのバックアップを新しいデバイスに指し示すことで、ほぼ同じ結果を得ることができます。いずれの場合も、必要な指示はすべて画面に表示されます。

Google Driveの復元オプションが機能するためには、そもそも古い携帯電話をGoogle Driveにバックアップしておく必要がある。これは、機種変更の際に非常に便利な機能だ。新しいAndroid端末をセットアップする際には、Google Driveのバックアップを設定するよう促されますが、「Android設定」メニューの「システム」「詳細設定」「バックアップ」から設定することもできます。

浴びる美顔シャワーミラブル plusはこちら

iOSからの乗り換え

iPhoneから新しいAndroid端末への乗り換えが簡単にできるかどうかは、いくつかの要因に左右されます。つまり、Googleのアプリのエコシステムにどれだけ投資しているか、新しいAndroid端末にどれだけApple製品を持ち込みたいか、ということです。

iPhoneでGmail、Google Keep、Google Maps、Google Photos、Google Docsなどのアプリをすでに使用している場合は、新しいAndroid端末でこれらのアプリにサインインすることで、これまでと同じように使用することができます。Apple MusicはAndroidでも利用でき、GmailはApple iCloudのメールアドレスを確認するように設定できます。AppleのカレンダーやAppleの連絡先をエクスポートして、Androidで使用することもできます。

Appleのエコシステムの中には、移行の難易度が低いものもあります。写真やビデオを移動するには、Androidに移行する前に、iPhoneにGoogle Photosをインストールして、すべてをクラウドに同期させるのが最善の方法です。iMessageに同期していたものは、iPadやMacを使って会話を見続けることができない限り、失うことになります。

Google Driveでは、連絡先、カレンダー、写真、ビデオなどをiPhoneからAndroidに移行することができます。iPhoneからすべてを完全に移行することはできませんが、かなり多くのものを移行することができます。また、すでにAppleデバイスでGoogleアプリケーションを使用している場合は、さらに簡単に移行することができます。

定額制ウォーターサーバー【AQUA STYLE】