Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

iPhoneやiPadのペアレンタルコントロール。iOSデバイスを子供に優しくする方法

 

Appleのペアレンタルコントロールはこれまでも非常に優れていましたが、iOS 14では、これまで以上に包括的で使いやすくなっています。

家族のメンバーごとに異なるレベルの制限を設定したり、一部のアプリケーションをブロックして他のアプリケーションをブロックしないようにしたり、時間や年齢に基づいた幅広い制限を設定することができます。

幼い子どものためにiPadを制限したい場合も、年長の子どもがiPhone SEでできること、できないことを制限したい場合も、その仕組みと機能をご紹介します。

子ども向けのスマートフォンと子ども向けのタブレット端末について

「設定」に入る

Appleは、iOS 13において、「制限」と呼ばれるペアレンタルコントロールを移動させました。現在は、「設定」>「スクリーンタイム」の中にあります。スクリーンタイム」ページには、デバイスの使用状況と、現在のデバイスとApple IDに適用されるすべての制限が表示されます。

ただし、iCloudで家族のアカウントを設定している場合は、家族のApple IDもここに表示されます。家族を追加するには、「設定」→「自分の名前」→「Apple ID」で、既存のIDを追加するか、新しいIDを作成します。

ファミリー共有を利用しない場合は、お子さまの「スクリーンタイム」を設定することができます。

特定のアプリを制限する

まず最初に表示されるのが「ダウンタイム」です。これは、特定の時間にできることを制限するために使用します。この機能は、子供が宿題をしなければならないときにネットに接続しないようにするのと同じように、ソーシャルメディアの利用を禁止するのに適しています。

ダウンタイムは、毎日同じ時間に設定することも、別の日の別の時間に設定することもできます。その間、デバイスは、特に許可したアプリケーションと電話に制限されることになります。アプリを制限する方法については、後ほどご紹介します。

特定のアプリを制限する

「スクリーンタイム」の次のオプションは、「アプリの制限」で、この画面になります。この画面では、オンラインショッピングアプリからソーシャルメディアやエンターテインメントまで、デバイス上のすべてのアプリを細かく制御できます。

カテゴリをタップすると、そのカテゴリ内のすべてのアプリが選択され、右の矢印をタップすると、そのカテゴリ内の個々のアプリを操作することができます。例えば、前者で「ソーシャル」を選択した場合、設定した制限はFacebook、Twitter、Instagramなどに適用されます。

制限時間の設定

次のステップは、制限を設定することです。ここでは、ソーシャルメディアの利用を1日1時間に制限していますが、ダウンタイムと同様に、毎日1つの制限を適用したり、日によって異なる制限を適用したりすることができます(例えば、週末はより寛大にするなど)。制限時間が終了する5分前になると、ユーザーに警告が表示されるので、突然の退出を防ぐことができます。

許可するアプリを決める

次の2つのオプション、「通信制限」と「常に許可」では、デバイスユーザーが会話できる相手や、ペアレンタルコントロールの影響を受けたくないアプリをコントロールできます。メッセージを常時有効にしたり、Snapchatを有効にしたり、ダウンタイム中に無効にしたくないその他のアプリを有効にしたりすることができます。

【レアジョブ英会話】オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

年齢的に不適切なコンテンツのフィルタリング

ここからが最大のポイントです。コンテンツとプライバシーの制限です。この画面では、位置情報サービスを無効にしたり、ホラー映画をブロックする一方で汚い言葉を含む音楽を許可したり、マイクやカメラなどのデバイス機能へのアクセスを制限したりと、膨大なコントロールを行うことができるため、少し怖く感じます。ここで重要なのは、これらのオプションは便利ですが、すべての不適切なコンテンツを防ぐことはできないということです。

例えば、App Storeのアプリにはしっかりとした年齢制限が設けられていますが、ゲーム内の広告が表示される無料アプリの中には、小さなお子さまに適していると思われるものでも、はるかに大きなお子さまにのみ適した広告が表示されることがあります。

あまり知られていないかもしれませんが、ここからアダルトサイトをブロックすることもできます。コンテンツの制限」では、「Webコンテンツ」が表示されるまで下にスクロールします。ここには3つのオプションがあります。アクセスを制限しない「有害なサイトを制限する」「許可されたWebサイトのみ」です。最後のオプションは、小さなお子さまには便利ですが、Safariを完全に無効にしたほうがいいかもしれません。

無料・無制限に英会話練習ができる!hiro式・オンライン英会話スクール~自宅留学のすすめ~

他のデバイスの制御を設定する

スクリーンタイムのページを下にスクロールすると、ファミリー共有で追加した他の家族のリンクが表示されます。他の人の設定を変更するには、その人の名前をクリックすると、同じ「スクリーンタイム」ページが表示され、その人の使用状況が表示されるので、その人のApple IDに制限を加えることができます。

ここでは、10代のテスターにスクリーンタイムを設定しています。ご覧のように、より積極的にデバイスを使用しています(コロナのロックダウン中、学校は休校となり、多くの学習がiPadで行われています)。よく見ると、他の「スクリーンタイム」設定の下に、新しいオプションがあります。ウェブサイトのデータを含める」。

このオプションを有効にしないと、Safariの使用状況はブロック単位でしか報告されず、「サイトYでX時間使用しました」とは報告されません。このオプションを使用すると、特定のWebサイトや個々のアプリケーションに対して時間制限を設定できるようになります。例えば、YouTubeでの利用時間を制限することができます。

このように、Appleのペアレンタルコントロールは非常に強力で、高度なコントロールが可能です。しかし、フィルターを通過してしまったり、フィルターが作動しなかったりすることは、どうしてもあります。特に年長の子どもの場合、メッセージやソーシャルメディアを介して友人からアダルトコンテンツが送られてくることがあります。完璧なペアレンタルコントロールシステムは存在しませんが、スクリーンタイムにほんの少し時間をかけるだけで、お子さんがiOS/iPadOSを使う際の心配事がぐっと減ります。

「数強塾」オンライン数学克服塾〈プロ講師〉

タイトルとURLをコピーしました