iPhoneやiPadでQRコードを読み取る方法

IT

iPhone、iPad、その他のiOSデバイスでQRコードをスキャンするのは、やり方さえわかれば簡単です。そうでない場合は、正しい場所に来たと思って、Apple製品でQRコードをスキャンする方法を説明します。

QRコードは、多くの人が思っていたほど普及しませんでしたが、多くのお店やウェブサイト、場所で、情報を伝達したり保存したりする方法として利用されています。
チケットサイト、クーポンコード、ウェブサイトのリンク、連絡先など、すべてQRコードで保存されています。

iPhoneやiPadでQRコードを読み取るのはとても簡単です。
なぜなら、AppleはカメラアップにQRコードリーダーを内蔵しているので、何かをスキャンする必要がある場合は、非常に簡単なプロセスでスキャンできます。

しかし、他の技術的なソフトウェアと同様に、何をすべきかを理解したり、iOSデバイスに何を見ているかを認識させたりするのは、時に困難なことです。

そこで、iPhoneでQRコードを読み取るための簡単な方法をご紹介します。

このガイドは、Appleの最新OSであるiOS 14だけでなく、旧バージョンのOSにも対応しています。



iPhoneでQRコードを読み取る方法

iPhoneまたはiPadでカメラアプリを開く。
QRコードがはっきり見えるようにカメラを構える
端末がQRコードを認識し、通知が表示されます。
通知をタップすると、QRコードを読み取った先に移動します。

まず、iPhoneやiPadのカメラアプリを起動します。カメラアプリは通常、ホーム画面の右下にありますが、iPadの場合は最初のページにあり、移動した場合は別の場所になります。

次に、端末のカメラをQRコードに近づけます。シャッターボタンを押す必要はありません。iOSデバイスが自動的にQRコードを認識し、画面上に通知が表示されます。(携帯電話の電波が届いているか、Wi-Fiに接続されているかを確認してください。)

通知をタップすると、QRコードの目的地に移動します。これは、ウェブサイト、アプリ、または携帯電話の機能などです。以上の手順で、iPhoneやiPadでQRコードを簡単に読み取ることができました。

iPhoneやiPadのWalletアプリでもQRコードを読み取れる

iPhoneとiPodのWalletアプリには、QRリーダーが内蔵されています。スキャナーにアクセスするには、アプリを開き、「パス」セクションの上部にあるプラスボタンをクリックして、「コードをスキャンしてパスを追加」をタップします。

ここから、クーポン、搭乗券、チケット、ポイントカードなどのQRコードを読み取ることができますが、Walletが “パス “とみなす特定のものに限ります。それ以外のQRコードを読み取ろうとすると、エラーメッセージが表示されます。

上記の2つの方法のいずれにも興味がない場合は、App Storeで無料のQRコード読み取りアプリケーションを幅広く見つけることができます。