Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

アップルのVRヘッドセットは、カメラとセンサーが埋め込まれている可能性?

デジタル
 

以前から噂されていた、長い間開発されてきたApple VRヘッドセットが、間もなく発売されるのではないかという新たな憶測が飛び交っています。また、新たなレポートでは、そのデバイスが特に豊富な機能を備えていると指摘しています。

これまで、価格は11万円、発売時期は2021年半ばと指摘してきた著名アナリストは、Apple VRヘッドセットトラッキング用の15台ものカメラが内蔵されることを示唆する情報を得ました。8つのカメラモジュールは「画像透過型のAR体験を提供する」ために、6つは「革新的なバイオメトリクス」のために、最後の1つはヘッドセットの周囲の環境をスキャンするために使用されるという。

この情報は、このデバイスの製造に貢献するアップルのサプライヤーであるLargan社周辺のサプライチェーンの動きから得られたもののようです。

Apple VRヘッドセットの構成

噂されている価格設定や、プレミアムなmicroLEDディスプレイの搭載により、Apple VRヘッドセットの構成が見えてきました。これは、ハイエンドのコンシューマーデバイスを作るというAppleの伝統を引き継ぐものです。

これは、Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグが開発したOculusシリーズのバーチャルリアリティ機器とは正反対の姿勢といえます。ザッカーバーグはインタビューで、「ビジネスモデルとしてプレミアム価格を設定している他社とは異なり、当社の基本方針の一つは、すべての人にサービスを提供することです。私は、優れたVR・ARデバイスをどうやって作るかだけでなく、それを11万円ではなく4万円にするにはどうしたらいいかということに非常に重点を置いています」と述べています。

これは、Appleの計画を揶揄しているようにも思えます。このようにして、次世代のバーチャルリアリティヘッドセットの展望は、アップル社による超高級なアプローチと、Oculus社によるOculus Quest 3のような身近で手頃な価格のアプローチとの間で形成されつつあるようです。

タイトルとURLをコピーしました