Apple VRヘッドセットの発売日、最新ニュースや情報、価格まとめ

IT

Appleのバーチャルリアリティ専用デバイスは、現時点でほぼ確定しています。アップルのVRヘッドセットは、同社が発売を予定しているApple Glassesとは異なり、拡張現実にはあまり焦点を当てず、若干早く登場することが予想されています。

コードネーム「N301」と呼ばれるアップルのVRヘッドセットは、後継機よりも普及率の低い製品になりそうだ。どちらの製品も開発中に複数のハードルがあったと言われていますが、ARグラスの作業が続く間に、N301がコストを回収し始めることが期待されます。

ここでは、Apple VRヘッドセットに関する情報と、発売時に期待される機能をご紹介します。

さらに別の情報源によると、AppleのVRヘッドセットは2022年に登場し、その価格はかなり高いものになるとのことです。

アップルのVR専用ヘッドセットです。
いつ発売されるのか?2022年の予定、もしくはそれ以降
価格はいくらですか?33万円

アップルVRヘッドセットの発売日と価格

Appleの最初のヘッドセットは、Bloombergの情報筋によると、2022年の第1四半期にリリースされると噂されています。これらの同じ情報源は、VRデバイスは複数の開発課題に直面しているとも主張しているため、さらなる問題が発生した場合には、この疑惑の日付がさらに延期される可能性もあります。

Apple情報に詳しいリーカーも、このヘッドセットを2022年に期待すると述べており、価格も高くなるだろうと言っています。

実際、価格はまだ確定していませんが、報道では、Apple VRヘッドセットの価格は目を疑うような33万円となっています。

この推定値は、情報筋はVRヘッドセットが1日に1店舗あたりおよそ1台売れると予想していると述べていることから、ある程度裏付けられています。「Mac Pro Desktop」のおおよその販売台数と一致します。

Apple VRヘッドセットの噂とリーク情報

デュアル8Kディスプレイ

数多くのリーク情報から、ほぼ確実と思われる機能の一つが、VRヘッドセットのデュアル8Kディスプレイです。7680×4320という解像度は、4Kディスプレイの4倍の画素数であり、市販されているどのデバイスよりも圧倒的に多い画素数です。

ちなみに、Valve Index VRヘッドセットは、1440×1600ピクセルのディスプレイを2枚使用しています。あくまでもリーク情報に基づくものなので、この情報には注意が必要ですが、私たちが聞いた多くの情報源は、これが事実であることを示唆しています。

8Kとは?

視線追跡ソフトウェア

8Kスクリーンがバッテリーの寿命を奪い、巨大なプロセッサを必要とすることを心配している人のために、アップルはどうやら計画を立てているようです。ヘッドセットに搭載された視線追跡ソフトウェアは、ユーザーがどこを見ているかを追跡し、画面のその部分だけを8Kのフル解像度にするように設計されています。

画面の他の部分は、処理能力を節約するために、「フォビエートレンダリング」と呼ばれるトリックを使って、よりぼやけたものになると言われています。

LiDARスキャン

LiDARスキャンは、デバイスが周囲の世界を検出するための新しい方法で、AppleがiPad ProやiPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Maxなどの製品に採用しているのを見たことがあります。

レーダーに似たシステムであるLiDARは、レーザーを使って物体の距離や深さを判断します。

このツールはARに最適で、現実の物体にバーチャルな構造物をより正確にマッピングすることができます。また、VRでは、部屋の地図を作成したり、ユーザーの周囲の安全な空間を判断したりするのにも使用できます。

VRのウェアラブルコントローラー

アップル社のVRヘッドセットに搭載される可能性のある興味深い機能のひとつに、指の動きを追跡できるウェアラブルコントローラーがあります。親指と人差し指に装着したリングを使ってユーザーの手の動きを追跡する「Self-Mixing Interferometry-Based Gesture Input System」に関する新しい特許が出願されました。

この特許は、このトラッキングが “AR、VR、MRアプリケーションに入力を提供する”と述べています。ARやMRの話は、このデバイスがAppleのARヘッドセットにも対応していることを意味しているのかもしれません。このコントローラーは、Apple Pencilのように、後から発売され、Appleのさまざまなヘッドセットで使用できるオプションの周辺機器となる可能性があります。

2つ目の特許によると、触覚ソックスも入手できるかもしれませんが、これがコントローラーとして機能するかどうか、あるいは製造されるかどうかはまだわかりません。

Appleのワイヤレスヘッドセット

VRヘッドセットは、3年前の噂ではワイヤレスであると言われていました。しかし、発売までにはまだ何ヶ月もかかるため、デザインが変更される可能性はありますが、上の画像にあるInformationの疑惑のデザインは、この外観を維持しています。

Oculus Quest 2のようなワイヤレスヘッドセットは、Valve IndexのようなPC用ヘッドセットに比べて性能面では劣るかもしれませんが、ワイヤレスデバイスの自由な動きと没入感の向上は、それが可能であれば非常に大きなメリットとなります。

Apple社のヘッドセットが8Kスクリーンを2つ搭載するとなると、シェルにかなりの電力が必要となるため、ワイヤレスの夢は実現しないかもしれません。

羽根のような軽さのVR

アップルのVRヘッドセットにはある程度の重さがありますが、ユーザーの首に負担がかからないことを期待しています。高解像度のスクリーンを搭載するなど、その性能の高さを考えると、頭に載せる重さを心配する必要があります。

アップルのデザインチームには、VRヘッドセットを軽量化するか、せめて快適に装着できるように重さを分散させる工夫をしてもらいたいものです。

ハプティックコントローラー

Appleのデザインチームには、Valve IndexやPS5のDualSenseコントローラを参考にしてほしいと思います。触覚フィードバックを効果的に実装するのはソフトウェアデザイナーですが、ハードウェアがあれば、よりリアルな体験を生み出すことができるようになります。

Apple社は、コントローラーを使わず、ハンドトラッキングソフトウェアを採用することを検討しているとの報道もありますが、空気を掴んでいるような感覚になり、没入感が損なわれるのではないかと心配しています。