AppleのARアップルグラスとVRヘッドセットは触覚ソックスを使う可能性

IT

Appleは、AppleのARおよびVRデバイス用の触覚ソックスを作りたいと考えています。最近提出された特許によると、Appleは、頭からつま先までの技術を使って、拡張現実や仮想現実の体験を可能な限り没入させたいと考えています。

この特許では、PS5のDualSenseコントローラのように、デジタルで起こっていることに基づいてフィードバックを提供する「触覚出力デバイス」について述べられており、その周辺機器は「ユーザーの足を受け入れるように構成された空洞を持つ靴下や靴」のような形状をしています。これは専門用語で、靴下のように「足を入れる場所」を意味しています。

アップルは、靴下のようなデバイスからのフィードバックによって、ユーザーにさまざまな種類の表面を歩いているような体験を与えたり、その場に留まっているのに動いているように感じさせたりすることができると説明しています。これは、乗り物酔いの原因になりそうですが、コントローラーにおける触覚フィードバックの伝統的な例(異なる武器を模倣するために抵抗力が異なるトリガーなど)と一致します。

奇妙な世界を歩く

この特許が無に帰す可能性もあります。すべての特許取得済みのアイデアが最終的なデバイスになるわけではありませんが、この出願は、少なくともアップルがARデバイスの将来と機能について考えていることを示唆しています。

例えば、触覚を利用したフットウェアは、フィットネス愛好家に愛される可能性があります。この種のデバイスを使えば、ランニング中にバーチャルな体験をすることができ、いつもの公園やトレッドミルでのジョギングを、さまざまな地形に移動させて楽しむことができます。

ゲームの世界では、周囲の環境が本物のように見えるだけでなく、よりリアルに感じることができるでしょう。また、この靴下を履くことで、部屋が狭い人でもVRやARで広い空間を探索できるようになるかもしれません。実際に移動する必要がなくなるからです。

アップルのVRヘッドセットは2022年に、ARアップルグラスは2023年以降に発売される予定なので、このセンターがどのようになるのかを見るには、しばらく時間がかかりそうです。