新iPad Proは、M1スピード、ミニLED、新カメラを搭載して4月に発売される?

IT

新しいiPad Proは、早ければ来月にも発売されるかもしれません。
今回のアップグレードでは、新しいチップ、カメラ、ディスプレイ、コネクタ技術が採用される予定です。
Appleは早ければ4月にも新しいiPadを発表する予定です。11インチと12.9インチのiPad Proに新しいプロセッサとより優れたカメラを搭載してアップデートすると報じられています。新しいiPadは、現行のiPad Proラインナップのデザインと非常によく似たものになるようです。

最新世代のiPad Proに搭載される新しいチップは、現在、新しいMacBook Air、13インチMacBook Pro、およびMac miniに搭載されているM1プロセッサーと同等の性能を持つとのことです。ただし、新しいiPadが実際にM1を搭載するとまでは言っておらず、アップルの最新のAシリーズチップを搭載する可能性が高いとしています。



また、大型の12.9インチiPad Proには、アップル製品としては初めてとなるミニLEDディスプレイが搭載される見込みです。

これらのデバイスには、最新のMacBook Air、MacBook Pro、Mac miniに搭載されているより高速なM1チップと同等の最新プロセッサが搭載されます。Appleはこれらのプロセッサを自ら設計し、また、Appleは少なくとも大型モデルにミニLEDスクリーンを搭載することを検討しており、このスクリーンはより明るく、コントラスト比も向上します。

最新 Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) – ゴールド (第8世代)

Appleは、新しいiPad ProのコネクタもThunderboltにアップグレードし、より多くの接続と高速な転送を可能にするようです。

新しいiPad Proには、Appleのカスタムプロセッサを搭載した最新のMacに搭載されているのと同じポートであるThunderboltコネクタが採用されています。このポートは新しい充電器を必要としませんが、追加の外付けモニターやハードディスクドライブなどの周辺機器との接続が可能になります。また、現行モデルで採用されているUSB-Cテクノロジーよりもデータの同期が速くなります。

アップルは、iPad Proに加えて、ベースモデルのiPadとiPad miniも年内に更新する予定のようです。

アップルは、学生向けの最も安価なiPadを今年後半に、より薄くて軽いデザインに刷新する予定です。また、初代モデルから採用されている7.9インチのディスプレイから増やし、より大きな画面を持つ新しいiPad miniを早ければ年内に発売する準備を進めている。iPad miniは2019年にスタイラス「Apple Pencil」への対応やプロセッサの高速化などのアップグレードが行われたのが最後です。