世界的なチップ供給不足により、AppleのiPhoneやスマホの生産に影響を与える?

IT

世界的なチップ不足に悩まされているスマホメーカー。

AppleやiPhoneでさえもその影響を受けないとは限らないという。
iPhone 12などのデバイスの部品をQualcommやSamsungに依存しているAppleでさえ、世界的なチップ不足の影響を受ける可能性があるといいます。

チップ不足がAppleのiPhone生産に影響

自動車の生産を遅らせたチップ不足は、スマートフォンやパソコンの生産にも広がり、パンデミック後の景気回復を狂わせる恐れがある。

パンデミック時の旺盛なチップ需要が不足に拍車をかけたが、冬の嵐でテキサス州のサムスンの工場が停止したことで、その状況はさらに悪化した。世界の供給量の5%を担うチップ製造工場は、2月16日から操業を停止しており、サプライチェーン全体に影響を及ぼしています。

サムスンの共同CEOは、水曜日の株主総会で、世界的にIT分野でのチップの需要と供給に「深刻な不均衡」が生じており、アップルでさえも安全ではないかもしれないと述べました。

クアルコム社を襲っている供給不足は、同社に主要部品を依存している幅広いスマートフォンメーカーに影響を与えます。サムスンから有機ELパネルを調達しているアップルも、iPhoneの生産に支障をきたす可能性があります。

今月初め、アップルは12月に行った生産見込みを修正し、すべてのiPhoneの注文を20%削減すると報じられました。この報道によると、アップルは需要を予測するのではなく、部品の不足を先取りしていた可能性があります。アップルはサプライチェーンの大きな混乱を避けるために十分な努力をしてきたかもしれませんが、今回の報告書によると、その影響を完全には避けられないかもしれません。

サムスンが部品不足のために今年のGalaxy Noteの発売を完全に見送るかもしれないというニュースもあります。