2022年のMacBook Airは、ミニLEDディスプレイでアップグレードを実現?

IT

Appleは2022年にMacBook Airをアップグレードすると報じられています。
ミニLEDディスプレイを搭載するそうです。

Appleが来年、Macbook AirをミニLEDを搭載した新モデルに置き換えることを計画しているといいます。

現在、Appleの最高のMacBookであるAirは、11月にAppleのM1チップを搭載してアップデートされましたが、2022年にはミニLED技術のおかげでさらに性能が向上するとのことです。

当社は、製品競争力の大幅な向上により、今後数年間はMacBookがiPadを凌駕すると考えており、2022年には新しいMacBook AirにもミニLEDが採用され、MacBookのミニLED採用率の向上に貢献すると予想しています。これに対し、iPadはハイエンドモデルにしかミニLEDを搭載しないため、全体的な成長の勢いはMacBookよりも低くなる可能性があります。

ミニLED搭載のMacBook Airを示唆したのは今回が初めてではありません。



また、2022年には新鮮なデザインを採用した新しいMacBook Airが登場し、現行のM1バージョンよりも低い価格で販売されるだろうと述べています。それは、アップルのシリコンのコストがインテルに比べて非常に低いため、アップルがミニLED技術のコスト増を相殺できるからだという。

もしミニLEDのMacBookをどうしても手に入れたいのであれば、2022年まで待つ必要はありません。報道によれば、Appleは次世代のApple製シリコンとミニLEDディスプレイを搭載した、14インチと16インチの2種類の新しいMacBook Proモデルを発表する予定です。AppleはMagSafe充電器やSDカードスロットなどのポートも復活させ、Touch Barを廃止する可能性もあるとのことです。