iPhone/iPadで使える最も便利なショートカットをご紹介

IT

Appleは、iOS 13のリリース時に、「ショートカット」のサポートと「ショートカット」アプリを導入し、iPhoneにさまざまな新機能を追加しました。iOS 14では、ホーム画面にウィジェットが追加され、より簡単にショートカットを利用できるようになりました。そこで今回は、iPhoneおよびiPadで最も便利なショートカットをいくつかご紹介します。

Photos Toolkit – フォトツールキットは、画像のリサイズ、画像の異なるフォーマットへの変換、画像の回転、画像のコラージュ合成、GIFの作成などができるオールインワンのショートカットです。

Make PDF – メイクPDFショートカットは、その名の通り、文書やウェブページをPDFにすることができます。

Apple Frames – アップルフレームは、iPhone、iPad、Apple Watchで撮影したスクリーンショットにフレームを追加し、より美しく見せることができます。よく使っているお気に入りです。

Dictate to Notes – 「Dictate to Notes」を使えば、音声入力を使ってメモアプリにメモを作成することができます。これは、何かをタイプアウトすることなく、すぐに思いついたことを書き留めるのに便利です。

YouTube PiP – iPhoneのピクチャー イン ピクチャーモードでYouTubeを見たいという方にお勧めのアプリです。Scriptable」というアプリを使って、「YouTube PiP」をシェアシートから実行すると、YouTubeの動画がフローティングウィンドウで表示されます。

ミュージックファインダー – 近くで流れている曲を特定するには、Shazamを使うことができますが、Shazamは音楽をApple Musicに保存するので、Spotifyユーザーの場合は理想的ではありません。Music Finderは、曲を識別して、Spotifyのプレイリストに保存します。

セット AirPlay – セット エアープレイは、iPhoneと他のAirPlayデバイスとの間で簡単に入れ替えができ、ソースを素早く切り替えたいときに数回のタップを節約できます。

Url Shortener – URL Shortenerは、長くて見苦しいURLを短くするので、裸のURLを共有する必要がある時に便利です。この機能は共有シートに搭載されているので、ウェブサイトを見ているときに「URLを短縮」オプションを選択するだけで、短いURLが生成されます。また、リンクをコピーして「ショートカット」アプリから実行すると、最後にコピーしたURLが短縮されます。

お気に入りのショートカットはありますか?