Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

レンタルサーバーを借りるならロリポップがおすすめの理由とは?

デジタル
 

ロリポップは、HP制作をずっとしているので、10年以上契約しています。
会社や様々なHPを数多く制作していますが、その際もロリポップを契約してきました。
サポートも充実しており、困った際もすぐに対応してもらえました。

そんなレンタルサーバーGMOが運営するレンタルサーバーのロリポップをご紹介します。

レンタルサーバーでロリポップがおすすめの理由

公式サイト:ロリポップ!
GMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーは国内シェアNo.1です。
ご利用実績も200万サイト以上で19周年。170万人以上が利用しています。

初心者からプロまで利用されています。安定・高速のサーバー環境です。
困ったときはサポートが解決してくれます。

ロリポップのサーバー料金

エコノミー:月額 110円(税込)
ライト:月額 275円〜(税込)
スタンダード:月額 550円〜(税込)
ハイスピード:月額 550円〜(税込)
エンタープライズ:月額 2,200円〜(税込)

ロリポップには、5つの料金プランがあり、目的や利用用途に応じてプランを選ぶことが出来ます。
他のサーバーと比較しても料金が安いです。メール・チャットサポート無料でご利用可能。

ロリポップのサービス内容

ロリポップは全てのプランでサーバー監視は、24時間有人監視でWeb改ざん通知は無料です。
データセンターの場所も国内になっております。

機能に関しては、Wordpressの簡単インストールがあったり、通販サイト、ECサイト構築のEC-CUBEなど初期設定など簡単に出来ます。他社のレンタルサーバーで運営しているWordpressも引っ越す機能があるので、乗り換えがスムーズに可能です。

ホームページを作るサービスロリポップスタジオは、月額980円です。
カラーミーショップなどショッピングカートもあります。その他機能も多数あり。
必要な機能も揃っていて、速度も高速です。プランにより、独自SSLも無料です。

アクセラレータ機能があり、アクセス集中時の表示スピード向上・安定しています。
同時アクセス数拡張も可能です。

サポートも充実していて、困ったことがあれば、解決出来ます。
無料で10日間のお試し利用が可能です。

サーバーを選択する場合、自宅やオフィスにサーバーを保管するのではなく、GMOが運営するロリポップのようなホスティング会社でサーバーをレンタルすることで、初期のサーバーコストを削減することができます。

この記事では、ホスティングサーバーに関連するコストについて説明し、専用サーバーをレンタルする際にどれくらいの費用がかかるかを理解していただきます。

なぜレンタルサーバーを選ぶのか?

サーバーをレンタルする主な理由は次のとおりです。

・ハードウェアの初期費用がかからない
・より高性能なハードウェアを利用できる。
・ハードウェアコストをかけずに、新しいサーバーに移行できる。
・24時間365日のセキュリティと監視が行われている安全なデータセンターにサーバーを保管できる。
・冗長化された電源、ネットワーク、および冷却装置に接続されていること
・24時間365日のサポートを受けることができる。

このように、サーバーを購入して自宅やオフィスに置いておくよりも、レンタルサーバーには多くのメリットがあります。また、サーバーをホスティングすることで、スケールメリットを享受することができます。

レンタルサーバーの仕組みは?

レンタルサーバーは、主にホームページを作る際に借ります。
例えると土地代みたいなもので、ドメインが住所です。他には、メールなども利用出来ます。

サーバーをレンタルすると、レンタルサーバー会社に月々の料金を支払います。サーバーのハードウェアのセットアップとメンテナンスは当社が担当し、24時間365日体制でお客様をサポートします。サーバーは、24時間365日の監視とセキュリティが施された安全なデータセンターに保管されます。

サーバーホスティング要件

レンタルサーバーを選ぶ際には、まずハードウェアの要件を把握する必要があります。これは、お客様がレンタルサーバーで使用したいアプリケーションに大きく依存します。

ロリポップでは、より多くのリソースが必要になった場合には、プランを変更することで、アクセスに対応出来ます。

サーバータイプの選択

レンタルサーバーには、クラウドサーバーと専用サーバーの2種類があります。

専用サーバー

専用サーバーは、大量のCPU、メモリ、ディスクリソースを必要とする安定したアプリケーションに最適です。専用サーバーは、月額課金のほか、前払いによる割引サービスもあります。

クラウドサーバー

クラウドサーバは、複数のサーバに分散して利用する小規模なアプリケーションや、最初は小規模でも時間の経過とともにサーバを拡張する必要があるアプリケーションに適しています。

クラウドサーバは、CPU、メモリ、ストレージのすべてを冗長化して設計されているため、可用性が高く、最大のアップタイムを実現します。クラウドサーバーは、仮想サーバーであるため、すぐに導入することができます。

クラウドサーバーは、ウェブサーバー、メールサーバー、その他のアプリケーションのホスティングなどの用途に最適です。専用ホスティングは、機械学習、データベース、大規模なウェブサーバーなど、高可用性を必要としない、より多くのリソースを必要とするプロジェクトに適したオプションです。

どちらのタイプのサーバーでも、ルートアクセスが可能で、オペレーティングシステムを選択することができます。

これらのサーバーには、それぞれ専用のIPアドレスが割り当てられており、包括的なコントロールパネルにアクセスして、サーバーのホスティング体験のあらゆる側面を管理することができます。

レンタルサーバーの費用

専用サーバーは、平均して月額300円からレンタルすることができます。サーバーのレンタル料は、必要なCPU、メモリ、ディスク容量に大きく依存します。

一方、クラウドサーバーも低価格で、月々500円程度で借りることができます。クラウドサーバーは、いつでもアップグレードできるという利点がありますが、専用サーバーは特定のコンポーネントでしかアップグレードできません。

レンタルサーバーをお考えの方は、ぜひロリポップの公式サイトをご覧ください。10日間のお試しも無料で可能です。

ロリポップ!

タイトルとURLをコピーしました