2022年「新iPhone SE第3世代」は4.7インチ液晶&5Gを搭載!

デジタル

2022年に発売されると言われている第3世代の「iPhone SE」モデルは、4.7インチの液晶ディスプレイを維持しつつ、5Gに対応する可能性があります。

LCDベースの「iPhone SE」の次期モデルは、iPhone 8スタイルの4.7インチディスプレイを堅持します。

さらに一部の噂によると、次期iPhone SEはサブ6GHzの5Gにのみ対応するものの、5Gをサポートする可能性があります。また、2023年には、ノッチの代わりにホールパンチデザインを採用した6.1インチのディスプレイを搭載した別のモデルが発売される可能性もあると付け加えています。

この情報が正確であれば、次世代iPhone SEに関する過去の噂と一致します。

2019年末、Appleが5.5インチまたは6.1インチのディスプレイを搭載し、ノッチを小さくした「iPhone SE Plus」の開発に取り組んでいます。当初は2021年の発売を予定していたが、後に、早くても2022年まではiPhone SEの新モデルは期待できないです。

現在の噂では、Appleは2022年の発売に向けて、ノッチの代わりにホールパンチのディスプレイデザインを採用した「iPhone 14」モデルを開発しているとも言われています。それを踏まえると、翌年に発売される「iPhone SE 3」がそのデザインを採用する可能性もあります。

以前、デュアルレンズカメラを搭載した新しい「iPhone SE」が2022年の春にデビューする可能性があります。



お気に入り
タイトルとURLをコピーしました