オンライン教材の「すらら」がおすすめ!資格や受験勉強で早く暗記する学習方法とは?

IT

無学年方式とは、習った内容の復習や次の学年の学習も出来ます。それを取り入れたオンライン教材のご紹介です。
ゲーム感覚や対話型アニメーション教材になっており、お子様の学習で飽きない工夫により、飽きないため、集中力が続きます。
継続率も89.1%です。

小学生~高校生の無学年方式オンライン教材「すらら」

指導経験が豊富な専任コーチが学習をサポートしてくれます。

すららの場合、問題集型のデジタル教材、同心配信型のデジタル教材、ゲーム型のデジタル教材などがあります。

ゲーム感覚で学習が出来るので、なかなか勉強してくれない子供、塾にも行かず、ご家庭で学習が出来ます。
ドリル機能により学習もしやすいです。すららは、国語、数学、理科、社会、英語の5教科に対応しています。
勉強嫌いな子供でも楽しく学習出来ます。無料で資料請求や学習体験が可能です。

オンライン教材となっておりますので、手軽に始めて見ることが出来ます。
学習を試してみて、子供が続けてくれそう、成績が上がったら、継続してみてはいかがでしょうか?

すららは、自宅学習をサポートしてくれます。金額も学習塾より安いです。
自分のペースで学習出来ます。興味がある方は、公式サイトをご確認下さい。
全国学習塾1,000校、学校1,000校が採用、33万人の生徒が利用中。

不登校のこと、もうひとりで悩まないで!【すらら】

資格や受験勉強で早く暗記する学習方法、高速で覚える記憶に定着する暗記法

速くて簡単な暗記法を身につけるのは、それほど難しいことではありません-正しい戦略を使えばですが。

しかし、ほとんどの人は正しい戦略を使っていません。

実際には、ほとんどの人はどんな戦略も使わず、あまり効果のないいくつかの戦術を使っています。では、率直に言います。もし自分がフラッシュカードや反復練習で物事を頭に叩き込もうとしているなら、それは自分自身を苦しめていることになります。

努力するのではなく、頭を使うべきなのです。

自分の頭の中は、まだ運転方法がわからないスーパーカーのようなものです。練習すれば、新しい言語でも、スピーチでも、試験の答えでも、何でも暗記できるようになります。

速く覚える方法を学ぶことは、悪いことではなく、楽しいことでもあります。本当です。速くて簡単な暗記方法をご紹介します。賢い方法です。



高速で簡単に暗記する方法の6つの方法

速く簡単に暗記する方法を学びたいなら、戦略的に行動する必要があります。この記事で学ぶ、速く暗記するための6つのコツをご紹介します。

自分の学習スタイルを理解する
暗記の3つの「R」を学ぶ
代入法を実践する
ストーリー&リンク方式で覚える
記憶の宮殿法を使う
間隔を空けた反復練習を戦略的に行う

ステップ1. 自分の学習スタイルを理解する

早く覚える方法を学ぶ前に、自分が新しい知識をどのように解釈し、吸収するのかを基本的に理解しておくとよいでしょう。

現在、4つの主な学習スタイルがあり、その頭文字をとって、VARKと呼ばれています。

視覚的
聴覚
読む・書く
感性的

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1. 視覚的
視覚学習者は、視覚を通して学ぶのが最も適しています。情報は視覚的に提示されることを好み、図や写真、実演などを見たり観察したりすることを好む傾向があります。また、多くの視覚学習者は、スケッチしたり、絵を描いたり、リストを書いたりするのが好きです。

2. 聴覚
聴覚学習者は、聞くことで、また主題が音で伝えられることで最もよく学びます。

本やノートを読むよりも、ポッドキャストや講義、オーディオブックを聞きたがります。本を読まなければならない場合は、自分で声に出して読んだ方がより多くの情報を吸収できるでしょう。また、多くの聴覚学習者は、ディスカッションをするのが好きです。

3. 読み書き
読み書きの学習者は、書かれた言葉で学ぶことを好みます。

本や記事を読むのが最も適しています。また、ノートを取って見直すことでも学習効果が得られます。この学習スタイルは視覚的な学習と重なりますが、これらの学習者は文字で自分を表現することを好む傾向があります。

伝統的な教育システムは、本を読んだり、エッセイを書いたりすることに重点を置くことで、読み書きのできる学習者に対応しています。

4. 感性
体感型の学習者は、物事を経験したり実行したりすることで最もよく学びます。このタイプの学習者は、”触覚学習者 “と呼ばれることもあります。

このタイプの学習者は、体を動かしたり、手を使ったりするのが好きです。肉体的な感覚で主題を解釈できる場合に優れています。曜日を問わず、本で学ぶよりも実践的なエクササイズを好みます。

自分はどちらの学習スタイルがお好みですか?

自分がどのような学習スタイルを好むかは、かなり明白かもしれません。例えば、私の場合は、視覚的に学ぶタイプと読み書きするタイプであることがはっきりしています-何しろ私は作家ですから。

しかし、自分がどの学習スタイルを好んでいるのかわからない場合は、このVARKアンケートで確認してみてください。

また、ほとんどの人は、自然と複数のスタイルを好むものですので、注意が必要です。因みに、特定の学習スタイルが他のスタイルより優れているということはありません。それぞれが違うだけなのです。

ステップ2. 暗記の3つの「R」を学ぶ

速くて簡単な暗記方法の基礎を理解する時が来ました。暗記の3つの「R」です。

この3つのステップは、高速で暗記する方法を学ぶために必要な戦略です。ここでは、その仕組みをご紹介します。

登録。最初のステップは、新しい記憶を長期記憶に保存するつもりで、頭の中に記録することです。早く暗記するためには、効果的な登録方法を練習することが必要です。
保持。この段階では、情報を脳内に保持し、短期記憶から長期記憶に移すことで、後で思い出すことができるようにします。
Recall(想起)。暗記の最終段階では、頭の中に蓄積された情報を取り出すためのテクニックを使います。
これらのステップは、人によって呼び方が異なります。例えば、「エンコード(符号化)」「ストア(保存)」「リトリーブ(回収)」と呼ぶ人もいますが、基本的な原理は同じです。

ほとんどの暗記法は、これらのステップのうち1つ以上を欠いています。

例えば、繰り返し学習することは記憶の定着に役立ちます。しかし、何度も何度も読んでも、その情報を意図的に頭に入れることはできません。また、その情報を思い出すためのメカニズムもありません。

つまり、速く覚えるためには、3つの「R」を使いこなす必要があるのです。

ステップ3. 速くて簡単な暗記方法を学ぶ

基本的な知識が身についたところで、次は「速く覚える方法」を学びましょう。では、簡単に覚えるにはどうすればいいのでしょうか?

一番の方法は、ニーモニックデバイス(記憶装置)を使うことです。

ニーモニック・デバイスとは何でしょうか?

簡単に言うと、記憶装置とは、何かを思い出すのに役立つものです。例えば、「Eの前にI、Cの後は除く」というフレーズは、ニーモニック・デバイスです。

ここでは、月の日数を覚えるための視覚的な記憶装置の例として、それぞれのナックルが31日の月を表しています。

6枚のトランプの順番を思い出すことができる「記憶のアスリート」の話を聞いても、相手は記憶装置を使っているのです。

それは魔法ではありません。ただの練習で、自分にもできます。

世の中には数え切れないほどのニーモニック・デバイスがあります。しかし、ここでは、より早く何かを記憶する方法を学ぶために使用できる、最も人気があり効果的な3つのテクニックに焦点を当てます。

これらの記憶術は、反復練習やフラッシュカードとは異なり、記憶の3つの「R」(登録、保持、想起)を利用しています。

1. 置換法
この最初の記憶法は非常にシンプルです。記憶したいことを、より記憶に残りやすいものに置き換えるだけです。

例えば、元素の周期表を覚えようとしているとしましょう。最初の元素である「水素」を覚えるときには、響きが似ている「ハイドラント」という言葉と結びつけることができます。

2番目の元素であるヘリウムは、ヘリウムが入った風船をイメージするなど、さまざまな工夫をします。

そして、自分がどのような学習スタイルに傾いているかを考え、その情報を利用して、持続的な関係を築くことができます。例えば。

自分が視覚学習者であれば、歩道にある真っ赤な消火栓を思い浮かべてください。
聴覚学習者は、言葉を声に出して練習し、その音の類似性を強調する。



読み書きの学習者は、書き留めておく

体感学習者は、消火栓の前を通るたびに、手で消火栓を触り、「水素」という言葉を声に出して言う練習をする。
周期表の最初の元素を思い出す必要があるとき、最初に赤い消火栓を思い出すことで、”水素”の記憶を呼び起こすことができ、とても楽になります。

置換は、新しい情報を脳に登録し、後で簡単に思い出すための効果的な方法です。

さらに、このテクニックは言葉だけではなく、アイデア、コンセプト、名前、日付、スピーチの要点などを覚えるのにも使えます。

でも、どうやってたくさんのことを覚えるの?

2.リンク&ストーリー法

ここからが面白いところです。印象に残る言葉や物の代用品を作ったら、それらをストーリーにリンクさせてみましょう。

例えば、「消火栓」(水素)と「風船」(ヘリウム)をリンクさせてみましょう。

公園の入り口の日当たりの良い歩道に、真っ赤な消火栓(水素)があるとします。公園の入り口の消火栓の横には、公園に入る子供たちに風船(ヘリウム)を売る売り子がいます。

ここでコツがあります。話を大げさにすることで、頭に残りやすくなります。

例えば、消火栓が壊れていて、水をまき散らしているとか。あるいは、風船屋さんがピエロの格好をしているとか。自分に合ったものを使えばいいのです。

効果的な関連付けを行い、説得力のあるストーリーで結びつければ、物事を覚えるのはとても簡単になります。

この方法は、大量の情報を頭の中に登録しながら、それを思い出すためのメカニズムを提供するのに最適な方法です。

3.メモリーパレス・メソッド

たくさんの情報を記憶する方法を知りたいなら、「記憶の宮殿」方式を試してみてください。

この方法は、紀元前80年に書かれた作者不明の「Rhetorica ad Herennium」という本の中で初めて紹介された、歴史のある方法です。

その方法をご紹介しましょう。

自分の家や通勤路など、よく知っている場所や道のりを思い浮かべてください。
家の中や通勤路の中で、重要なポイントをいくつか挙げる。
覚えておきたいことを、それぞれのポイントに関連付けます。
例えば、あるスピーチを覚えておく必要があるとします。

スピーチの内容を、導入部、3つの主要な論点、要約、最終的な考えなどのポイントに分けて考えます。そして、それぞれのポイントを記憶の宮殿にある何かに結びつけることができます。

家の玄関がスピーチの導入部を表すこともできます。そして、3つの主要な話のポイントは、リビングルーム、キッチン、バスルームとすることができます。このようにして、スピーチの練習をするときには、自分の記憶をたどるのです。

このようにして、スピーチの練習をするときには、各ポイントごとに家の中を歩くことをイメージしてみましょう。

また、スピーチが長い場合や、覚えるべき情報が多い場合は、情報を小さな塊に分けて、それぞれの部屋にあるものと結びつけることができます。

例えば、最初のポイント(リビングルーム)に3つの側面があるとします。それぞれを、ソファ、コーヒーテーブル、スタンドランプなどの家具に結びつけることができます。

記憶の宮殿メソッドを実践すれば、家の周りを歩いたり、通勤中に走ったりしても、頭の中ですべての情報を思い出すことができるはずです。

繰り返しになりますが、この方法は、情報をエンコードし、保持し、思い出す方法を提供することで、3つの「R」をすべて満たします。



ステップ4. 間隔を空けた反復練習をする

新しい情報を頭の中に登録した後、その情報を忘れないようにするにはどうしたらいいでしょうか?それは、「間隔を空けた反復」です。

1885年、ヘルマン・エビングハウスは「忘却曲線」を考案しました。これは、人がどのように物事を忘れていくかを示す概念です。簡単に言えば、私たちは何かを学ぶとすぐに、その内容が記憶から消えていきます。

しかし、定期的に情報を見直すことで、その衰えを防ぐことができます。そうすることで、記憶の強度を高めることができるのです。

自分が視覚的な学習者であれば、それは次のようなものです。

では、どのタイミングで復習すればいいのでしょうか?

例えば、最初は毎日、次に隔週、そして忘れないと確信できるまでは毎週、というように、頻繁に復習することが効果的だと思います。

ここでも、自分の好きな学習スタイルを参考にしてみてください。
例えば

視覚的な学習者は、ストーリーボードを描いたり、記憶の宮殿をスケッチしたりすることができます。
聴覚的な学習者は、声に出してストーリーを伝えたり、記憶の宮殿を歩く様子を描写したりします。
読み書きができる人は、自分のストーリーを書き留め、定期的に見直すことができます。
感覚的な学習者は、ストーリーを演じたり、実際に記憶の宮殿を歩いたりすることができます。
また、夜寝る前の遅い時間に復習するのもいいでしょう。

なぜでしょう?研究によると、就寝前に勉強した人は、1日後に学んだことをより多く覚えていることが多いそうです。さらに、自分の答えに自信が持てるようにもなったそうです。

素早く暗記する方法まとめ

早く覚える方法を学びたいなら、繰り返しだけではダメです。戦略的に行う必要があります。

まず、自分の学習方法を確認することから始めましょう。自分は視覚的、聴覚的、読み書き的、あるいは運動感覚的に学習するタイプですか?

そして、暗記の3つの「R」(登録、保持、想起)を理解し、それを実行に移します。

まず、置換法などの記憶術を使って、情報を頭の中にエンコードします。
その情報をストーリーや記憶の宮殿に結びつけて、後で簡単に思い出せるようにする。
忘却曲線に対抗し、情報を維持するために、間隔を空けた反復練習を行います。

自分は何を学ぼうとしていますか?自分にとって、何かを暗記するための最良の方法は何ですか?

すららのオンライン家庭学習を試してみませんか?

自宅での学習をサポートする無学年式オンライン教材【すらら】