iPhone13の発売日、価格、新型iPhoneの最新リーク情報まとめ

「iPad Pro 2021」や「Apple AirTags」など、スマホ以外のデバイスが発表された4月20日のAppleのイベントでは、予想通り「iPhone 13」は公開されませんでした。

今年後半に登場すると予想される次の新型iPhone13を楽しみです。

iPhone13の発売日や最新情報噂まとめ

iPhone 13、あるいはiPhone 12Sについては、おそらく9月下旬までに発売することはないでしょうが、2021年の新しいiPhoneになることは確実で、もしアップグレードを検討しているのであれば、次に購入するスマホはそれになるかもしれません。

さまざまなiPhone 13のリーク情報や噂のおかげで、iPhone13、iPhone13 mini、iPhone13 Pro、iPhone13 Pro Maxに何が期待できるのかが分かってきました。

昨年のiPhone 12シリーズでは、5G接続、そして新しい強力なチップセットが搭載されました。
iPhone 13には何を期待すればよいのでしょうか。あるあらゆる詳細を以下にまとめました。

噂によると、デザインの改良、内部構造の改善、さらにはより高画質な写真や夜間撮影が可能な強力なカメラの搭載に注力するとのことです。

さらに、新しいiPhoneの名称が「iPhone 13」にならない可能性もあります。Appleがこの次期iPhoneを「iPhone 12S」と呼ぶことを選択するかどうかについては、以下のセクションで説明しています。

以下では、次期iPhoneについてこれまでに判明していること、iPhone 13の発売日についての推測などを紹介しています。

iPhone13の発売日と価格

iPhone13の発売時期
2021年9月下旬以降の予定です。

iPhone13の価格
8万円、12万円以上を予想

最新機種のiPhone13はいつ頃購入できるようになるのでしょうか?

iPhone 13の発売日は2021年9月下旬に設定されると予想されますが、新型コロナウイルスのパンデミックを考えると変更される可能性があります。

過去10年間、Appleは一貫して、9月の初め近くのAppleイベントで最新の新型iPhoneを発表し、その10日後にスマホを発売してきました。それが2020年にはコロナの影響で一変し、iPhoneは通常の発売日よりも遅れることになりました。

「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」は10月に延期され、残りの2機種である「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」は11月に発売されましたが、これは製造工程のための部品が不足していたためだと言われています。どうやらこの遅れが、スマホの販売台数を増やす結果となったようです。

AppleはiPhone13の発売日を2021年9月に延期すると予想。

iPhone 13シリーズは9月の第3週に発売されるようで、月初めに発表されることになります。しかし、1つまたは複数のモデルが店頭に並ぶのは10月発売になるかもしれません。

iPhone 13シリーズは9月の発売に向けて順調に進んでいるようで、そのチップセットは5月末までにAppleに出荷されるという情報もあります。

5月末までに生産を開始することを目標にしていたので、実際には予定よりも早くなっていると思われます。というのも、iPhone 12の生産が開始されたのは、昨年の6月下旬のことだったからです。

iPhone 13の価格についてはほとんど分かっていませんが、iPhone 12ファミリーと同じような水準になると予想されます。

それらの端末は、2019年のスマホである「iPhone 11」シリーズよりも価格が高いのですが、それは5Gやその他いくつかの技術的要素が加わっているからです。

2021年のiPhoneの価格のリークや噂が出てきたら、また紹介したいと思います。

iPhone13のリーク情報と噂

iPhone13の発売日があまりにも遠いので、次世代のiPhoneについてはあまり知られていないのではないかと思うかもしれませんが、さまざまな情報源から、次期iPhoneに期待できることがいくつか示されています。

まず、iPhone 13シリーズは4機種と予想されています。それらは、「iPhone 13 mini」、「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」である可能性が高いです。

同社は2020年まで3つのモデルに注力し、iPhone 12シリーズの4番目の端末としてminiモデルを導入しました。ほとんどの噂では、それが2021年も続くとされています。

iPhone 12 miniがあまり売れていないと言われているので、どのモデルかが廃止されるとすれば、おそらくminiになります。噂によるとAppleはまだiPhone13 miniを作るようです。iPhoneSE 第3世代の代わりになります。

iPhone13の噂の大半をカテゴリー別に紹介しています。

新型iPhone13のデザインとディスプレイ

iPhone 12ファミリーと似たようなデザインが予想され、iPhone 12のその要素に大きなアップグレードを行ったため、スクリーン技術も似たようなものになると思われます。

最近の噂によると、Appleは今年、カメラの段差をなんとか減らし、さらにProモデルには現行のグラファイトから手直ししたマットブラックのオプションを導入するという。

iPhone 12で噂されていたものの実現しなかったものに、高リフレッシュレートのディスプレイの追加があります。

噂によると、iPhone 13ではこの機能が導入される可能性があり、ゲームをするときやソーシャルメディアのフィードをスクロールするときに、ディスプレイがよりスムーズに見えるようになるとのことです。

この技術は、iPad Proに搭載されている技術と同様に、ユーザーがスマホで行っている操作に応じてリフレッシュレートを変化させることができるかもしれません。

複数の噂が、120Hzのリフレッシュレート機能が搭載される可能性を示唆していますが、この技術は予想される4つのiPhone 13モデルのうち2つにしか搭載されないかもしれないとのことです。

もしかすると、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxには120Hzのスクリーンが搭載され、iPhone 13とiPhone 13 miniには搭載されない、ということかもしれません。

「情報筋によると、トップ2モデルには120Hzのスクリーンが搭載される」120Hzパネルはサムスンが独占的に供給するとの噂です。また、Samsung DisplayはiPhoneのスクリーン生産ラインをこの種のスクリーンを生産するラインに変更する作業を行っているとも伝えられています。Proモデルには120Hzのスクリーンが搭載されるとの噂です。

アップル社の特許によると、複数のリフレッシュレートを持つスマホが開発されており、現在主流のスマホが提供していない240Hzに達する可能性があるからです。しかし、特許は機能に発展しないことが多いです。

また、画面のアップグレードとして、常時表示機能が追加される可能性があります。信頼できるリーク情報によると、この機能が搭載される可能性があるそうです。Android端末では何年も前からこの機能が搭載されていますが、Appleもそろそろ搭載してもいいのではないでしょうか。

ノッチについても、iPhone 12と同じ大きさになるという情報もあれば、2021年には縮小される可能性が高いという情報もあり、注目を集めています。この点については特に今のところ不明ですが、同じ大きさのままというよりは縮小するという情報が多いようです。

現在、iPhone 13シリーズのスクリーンガラスを示すとされるリーク写真がいくつか公開されていますが、イヤホンをベゼルの上に移動させることで、ノッチが明らかに小さくなっています。

同様に、3Dプリントで作られたiPhone 13のモックアップでも、ノッチが小さくなっています。具体的には、ノッチの幅は26.8mm(iPhone 12では34.83mm)ですが、深さは5.35mmで、iPhone 12の5.3mmよりもほんの少しだけ突き出ています。

また、このモックアップでは、ノッチの中身が少し移動している可能性があり、自撮りカメラが右ではなく左に表示されていたり、イヤホンがベゼルの中に移動していたりします。

しかし、Appleは少なくとも1台のiPhone 13のプロトタイプを持っており、そのプロトタイプではノッチを完全になくし、それを補うために両サイドのベゼルをわずかに厚くしているという噂も聞いています。2020年は、iPhoneのノッチの最後の年になるかもしれない?

ノッチの小型化は、いくつかの非公式レンダリング画像で再び確認することができます。このレンダリング画像では、カメラのレイアウトが若干異なるものの、その他はiPhone 12シリーズと同様のデザインになっています。

また、別のリーク情報によると、同社はついにディスプレイ下の指紋スキャナを導入する準備が整ったようです。多くのAndroidメーカーがフラッグシップモデルにこの技術を搭載していますが、今回のリーク情報によると、アップルもそれに続く準備ができているようです。

実際、画面内スキャナーの話はこれまでに何度も聞かれており、AppleはFace IDに加えて検討しているようです。

この変更はまだ先になるという情報もありますが、最近のiOS 15のリーク情報によると、Appleの次のメジャーソフトウェアアップデートでは、デュアルバイオメトリクス認証がサポートされるとのことで、この機能はFace IDとTouch IDの両方を搭載したデバイスでなければ実現できません。

このことは、iPhone 13が、両方の生体認証機能を備えた最初のiPhoneになる可能性を示唆しており、そのため、噂されているディスプレイ下の指紋認証装置が搭載されることになります。

おそらく変更されないのは機種のサイズで、リーク情報によると、iPhone 12シリーズと同じ画面サイズで4つのモデルが登場するとのことです。

iPhone 13のカラーバリエーションもまだ決まっていませんが、iPhone 12と同じようなカラーバリエーションになると予想されています。

つまり、iPhone 13とiPhone 13 miniでは、明るい色調のカラーオプションが多くなる一方で、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxでは、シルバー、グラファイト、ゴールドといった落ち着いた色調のカラーオプションが少なくなる可能性が高いということです。

また、別のリーク情報によると、同社はついにディスプレイ下の指紋スキャナを導入する準備が整ったようです。

多くのAndroidメーカーがフラッグシップモデルにこの技術を搭載していますが、今回のリーク情報によると、アップルもそれに続く準備ができているようです。実際、画面内スキャナーの話はこれまでに何度も聞かれており、AppleはFace IDに加えて検討しているようです。

この変更はまだ先になるという情報もありますが、最近のiOS 15のリーク情報によると、Appleの次のメジャーソフトウェアアップデートでは、デュアルバイオメトリクス認証がサポートされるとのことで、この機能はFace IDとTouch IDの両方を搭載したデバイスでなければ実現できません。

このことは、iPhone 13が、両方の生体認証機能を備えた最初のiPhoneになる可能性を示唆しており、そのため、噂されているディスプレイ下の指紋認証装置が搭載されることになります。

おそらく変更されないのは機種のサイズで、リーク情報によると、iPhone 12シリーズと同じ画面サイズで4つのモデルが登場するとのことです。

iPhone 13のカラーバリエーションもまだ決まっていませんが、iPhone12と同じようなカラーバリエーションになると予想されています。

つまり、iPhone 13とiPhone 13 miniでは、明るい色調のカラーオプションが多くなる一方で、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxでは、シルバー、グラファイト、ゴールドといった落ち着いた色調のカラーオプションが少なくなる可能性が高いということです。

内部の情報源から得られた情報をCADモデルに変換し、さらに現行のiPhoneを模した3Dレンダリングを行いました。これらの画像には、噂されているノッチの小型化のほか、斜めに配置されたカメラも示されています。

最後に、iPhone 13 miniのプロトタイプとされる写真(上)がWeiboにアップロードされ、最終的なiPhoneの姿が示されました。

iPhone 13のスペック、バッテリー、その他

2021年に1TBのiPhoneが登場するのではないかと示唆しています。これは、少なくともスマートフォンではまだ実験されていないストレージサイズで、iPhoneの中でも最も高価なPro端末のオプションになることが予想されます。

1台の携帯電話に大量のストレージが搭載されることになるため、史上最も高価なiPhoneになるかもしれません。

iPhone 13 Proには1TBのストレージが搭載される可能性があると主張しています。この種のオプションは、一般ユーザーよりもプロにとって便利なものになるでしょうが、今のところ、アップルがテストしているプロトタイプに過ぎないようです。

また、ポートレスのiPhoneが2021年にデビューするという噂もあります。これを実現する端末はAppleにしかないかもしれませんが、それはワイヤレス充電しか使えないということを意味しています。

これは多くの情報源から得られた主張ですが、ほとんどの場合、1つのモデル(iPhone 13 Pro Maxの可能性が高い)だけがポートレスになると考えられています。Appleは、ポートレスiPhoneがどのようにしてリセットできるかを考えているようです。

一方、バッテリーの面では、iPhone 13はソフトボード技術に切り替えるかもしれないとの情報。

実際、iPhone 13はiPhone 12よりも大容量のバッテリーを搭載する可能性があります。
Appleが「省スペース設計」を試みていると述べ、この主張を再度繰り返していますので、これが今年後半に見られる改良点であることは確かなようです。

また、アップルの特許の中には「保護充電」モードに関するものがあります。
これは、一晩中など長時間電源を入れたままにしても、携帯電話の過充電を防ぐことができるというものです。ただし、特許は必ず採用されるわけではありませんので、この点は期待しないでください。

毎年のように性能は向上するはずですが、iPhone 13では先進的なベーパーチャンバー冷却が採用されるという話を聞いていますが、今年中に間に合わなければiPhone 14まで待たなければならないかもしれません。

また、iPhone 13シリーズに搭載される予定のA15チップセットは、5月末までに量産されるという情報もあります。この情報源によると、A15は5nmのチップセットで、サイズはA14と同じであるため、大幅な改良は行われない可能性があります。

また、別の情報源によると、iPhone 13シリーズには5nmのチップセットが搭載され、iPhone 14では3nmになると予想されています。

もちろん、2021年のiPhoneでも5Gのサポートは継続されると予想されます。

Appleは、iPhone 12に両方のバージョンの5G技術を搭載し、そのために端末の価格が大幅に上昇しました。

ワイヤレス技術については、ウェブやクラウドへの接続をさらに高速化するために、iPhone 13にはWi-Fi 6E接続機能が搭載されると考えられています。

iPhone 13とiPhone 12Sの比較:新しいiPhoneの名称は何になる?

次期iPhoneの名称が「iPhone 13」にならない可能性は十分にあります。特に、米国を含む世界の一部の地域では、13という数字は不吉な数字とみなされているため、Appleは新しいiPhoneを開発する際にこの数字を省略したいのかもしれません。

iPhone 12と比較的似たデザインになるとの噂があることから、Appleは2021年に向けてiPhone 12sファミリーを準備しているのかもしれません。これは、大きなアップグレードの翌年に「S」シリーズを発表するアップルの常套手段であり、来年はそのようになるのかもしれません。

つまり、2021年後半に店頭に並ぶときには、ここで紹介しているものはすべて「iPhone 12s」と「iPhone 12s Pro」と呼ばれることになるのかもしれません。そして来年には、iPhone 13をスキップしてiPhone 14が登場するかもしれません。

「iPhone 12S」か「iPhone 13」か?アップルは次のスマートフォンを何と呼ぶのだろうか?

新しいiPhone 13についてはほとんど分かっていませんが、Appleが次世代デバイスに導入してほしいものをまとめてみました。これらの中には、上記の内容と一致するものもあれば、アップルにやってほしいこともあります。

1.カメラの大幅なアップグレード

iPhone 12シリーズでは、カメラに若干の改良が加えられましたが、多くの人が期待していたような大幅な改良ではありませんでした。

2021年には、カメラの改良が期待されています。iPhoneが市場で最高のカメラを製造するという地位を維持できるような、大きな改良を期待しています。

リーク情報によると、カメラの面ではあまり大きなものは期待できないようです。2022年まで待つことになりそうです。

2.バッテリー寿命の向上

iPhone 12シリーズは、iPhone 11シリーズに比べてバッテリーの持ちがあまり良くないので、Appleには今後、バッテリーの持ちをもっと重視してもらいたいと思います。

その点、iPhone 12 miniのバッテリー駆動時間は、シリーズ中で最も悪い。日常的に使う分には問題ありませんが、アップルにはバッテリー駆動時間のさらなる改善に取り組んでほしいと思います。

3.iPhone 13 miniの場合

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、iPhone 12 miniをとても気に入っており、iPhoneファミリーの主力機種になってほしいと思っています。

2020年には、フラッグシップモデルと同等の性能を持つ小型端末はほとんど存在しないため、iPhone 13では、この新しいサイズの端末に再び取り組んでほしいと思います。

この記事を書いている時点では、iPhone SE 3を犠牲にしても、その可能性は高いと思われます。

4.値下げ

iPhone 13の可能性は低いですが、iPhone 12シリーズの価格がiPhone 11よりも高くなっているので、2021年には再び価格を下げてほしいと思います。

市場に関連する5G技術のみを使用するという噂もあり、それによってアップルは以前よりも価格を下げることができるかもしれません。

5.64GBのiPhone

iPhone 12 miniとiPhone 12はともに64GBのストレージを搭載していますが、2021年のスマートフォンでは十分な容量ではないと考えています。中にはそれで対応できる人もいるでしょうが、端末を最大限に活用したいと考えている人は、数年使っているうちに目詰まりを起こす可能性が高いでしょう。

アップルが次のモデルで128GBを最小のデバイスサイズとして導入し、できれば大容量ストレージのバリエーションの価格をより手頃なレベルにまで下げてほしいと考えています。

6.高リフレッシュレートのディスプレイ

iPhone 12に搭載されると噂されている高リフレッシュレートディスプレイは、他のスマートフォンとの競争力を維持するために、iPhoneにぜひ搭載してもらいたい画面のアップグレードです。

その技術が搭載されたiPhoneを使ってみないと、欲しいとは思えないようなアップグレードですが、iPhoneの体験に顕著な違いをもたらすものです。

7.充電器のより良い選択肢

iPhone 12は、Appleが充電器をボックスに入れることを決めた瞬間でした。Appleによると、これは廃棄物を減らすための取り組みだそうですが、確かにそうかもしれませんが、最もユーザーフレンドリーな方法とは言えません。

Appleは、充電器を必要とする人に提供しながら、デフォルトでは充電器を同梱しない別の方法を提案してほしいと思います。
「iPad Pro 2021」や「Apple AirTags」など、スマホ以外のデバイスが発表された4月20日のAppleのイベントでは、予想通り「iPhone 13」は公開されませんでした。

今年後半に登場すると予想される次の新型iPhone13を楽しみにしています。

iPhone13の発売日や最新情報噂まとめ

iPhone 13、あるいはiPhone 12Sについては、おそらく9月までに発売することはないでしょうが、2021年の新しいiPhoneになることは確実で、もしアップグレードを検討しているのであれば、次に購入するスマホはそれになるかもしれません。

さまざまなiPhone 13のリーク情報や噂のおかげで、iPhone13、iPhone13 mini、iPhone13 Pro、iPhone13 Pro Maxに何が期待できるのかが分かってきました。

昨年のiPhone 12ファミリーでは、5G接続、リフレッシュされたデザイン、そして新しい強力なチップセットが搭載されました。iPhone 13には何を期待すればよいのでしょうか。知る必要のあるあらゆる詳細を以下にまとめました。

噂によると、デザインの改良、内部構造の改善、さらにはよりシャープな写真や夜間撮影が可能な強力なカメラの搭載に注力するとのことです。

さらに、新しいiPhoneの名称が「iPhone 13」にならない可能性もあります。Appleがこの次期iPhoneを「iPhone 12S」と呼ぶことを選択するかどうかについては、以下のセクションで説明しています。

以下では、次期iPhoneについてこれまでに判明していること、iPhone 13の発売日についての推測などを紹介しています。

iPhone13の発売日と価格

iPhone13の発売時期
2021年9月下旬以降の予定です。

iPhone13の価格
8万円、12万円以上を予想

最新機種のiPhone13はいつ頃購入できるようになるのでしょうか?

iPhone 13の発売日は2021年9月下旬に設定されると予想されますが、新型コロナウイルス感染症を考えると発売日が変更される可能性があります。

過去10年間、Appleは一貫して、9月の初め近くのAppleイベントで最新の新型iPhoneを発表し、その10日後にスマホを発売してきました。それが2020年にはコロナの影響で一変し、iPhoneは通常の発売日よりも遅れることになりました。

「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」は10月に延期され、残りの2機種である「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」は11月に発売されましたが、これは製造工程のための部品が不足していたためだと言われています。どうやらこの遅れが、スマホの販売台数を増やす結果となったようです。

AppleはiPhone 13の発売日を2021年9月に延期すると予想。

iPhone 13シリーズは9月の第3週に発売されるようで、月初めに発表されることになります。しかし、1つまたは複数のモデルが店頭に並ぶのは10月発売になるかもしれません。

iPhone 13シリーズは9月の発売に向けて順調に進んでいるようで、そのチップセットは5月末までにAppleに出荷されるという情報もあります。

5月末までに生産を開始することを目標にしていたので、実際には予定よりも早くなっていると思われます。というのも、iPhone 12の生産が開始されたのは、昨年の6月下旬のことだったからです。

iPhone 13の価格についてはほとんど分かっていませんが、iPhone 12ファミリーと同じような水準になると予想されます。

それらの端末は、2019年のスマホである「iPhone 11」シリーズよりも価格が高いのですが、それは5Gやその他いくつかの技術的要素が加わっているからです。

2021年のiPhoneの価格のリークや噂が出てきたら、また紹介したいと思います。

iPhone13のリーク情報と噂

iPhone13の発売日があまりにも遠いので、次世代の携帯電話についてはあまり知られていないのではないかと思うかもしれませんが、さまざまな情報源から、次期iPhoneに期待できることがいくつか示されています。

まず、iPhone 13ファミリーのメンバーは4人と予想されています。それらは、「iPhone 13 mini」、「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」である可能性が高いです。

同社は2020年まで3つのモデルに注力し、iPhone 12ファミリーの4番目の端末としてminiモデルを導入しました。ほとんどの噂では、それが2021年も続くとされています。

iPhone 12 miniがあまり売れていないと言われているので、どのモデルかが廃止されるとすれば、おそらくminiになります。噂によるとAppleはまだiPhone 13 miniを作るようです。iPhone SE 第3世代の代わりになります。

iPhone 13の噂の大半をカテゴリー別に紹介しています。

新型iPhone13のデザインとディスプレイ

iPhone 12ファミリーと似たようなデザインが予想され、iPhone 12のその要素に大きなアップグレードを行ったため、スクリーン技術も似たようなものになると思われます。

最近の噂によると、Appleは今年、カメラの段差をなんとか減らし、さらにProモデルには現行のグラファイトから手直ししたマットブラックのオプションを導入するという。

iPhone 12で噂されていたものの実現しなかったものに、高リフレッシュレートのディスプレイの追加があります。

噂によると、iPhone 13ではこの機能が導入される可能性があり、ゲームをするときやソーシャルメディアのフィードをスクロールするときに、ディスプレイがよりスムーズに見えるようになるとのことです。

この技術は、iPad Proに搭載されている技術と同様に、ユーザーが携帯電話で行っている操作に応じてリフレッシュレートを変化させることができるかもしれません。

複数の噂が、120Hzのリフレッシュレート機能が搭載される可能性を示唆していますが、この技術は予想される4つのiPhone 13モデルのうち2つにしか搭載されないかもしれないとのことです。

もしかすると、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxには120Hzのスクリーンが搭載され、iPhone 13とiPhone 13 miniには搭載されない、ということかもしれません。

「業界の情報筋によると、トップ2モデルには120Hzのスクリーンが搭載される」120Hzパネルはサムスンが独占的に供給するとの噂です。また、Samsung DisplayはiPhoneのスクリーン生産ラインをこの種のスクリーンを生産するラインに変更する作業を行っているとも伝えられています。Proモデルには120Hzのスクリーンが搭載されるとの噂です。

アップル社の特許によると、複数のリフレッシュレートを持つ携帯電話が開発されており、現在主流の携帯電話が提供していない240Hzに達する可能性があるからです。しかし、特許は機能に発展しないことが多いです。

また、画面のアップグレードとして、常時表示機能が追加される可能性があります。信頼できるリーク情報によると、この機能が搭載される可能性があるそうです。Android端末では何年も前からこの機能が搭載されていますが、Appleもそろそろ搭載してもいいのではないでしょうか。

ノッチについても、iPhone 12と同じ大きさになるという情報もあれば、2021年には縮小される可能性が高いという情報もあり、注目を集めています。この点については特に今のところ不明ですが、同じ大きさのままというよりは縮小するという情報が多いようです。

現在、iPhone 13シリーズのスクリーンガラスを示すとされるリーク写真がいくつか公開されていますが、イヤホンをベゼルの上に移動させることで、ノッチが明らかに小さくなっています。

同様に、3Dプリントで作られたiPhone 13のモックアップでも、ノッチが小さくなっています。具体的には、ノッチの幅は26.8mm(iPhone 12では34.83mm)ですが、深さは5.35mmで、iPhone 12の5.3mmよりもほんの少しだけ突き出ています。

また、このモックアップでは、ノッチの中身が少し移動している可能性があり、自撮りカメラが右ではなく左に表示されていたり、イヤホンがベゼルの中に移動していたりします。

しかし、Appleは少なくとも1台のiPhone 13のプロトタイプを持っており、そのプロトタイプではノッチを完全になくし、それを補うために両サイドのベゼルをわずかに厚くしているという噂も聞いています。2020年は、iPhoneのノッチの最後の年になるかもしれない?

ノッチの小型化は、いくつかの非公式レンダリング画像で再び確認することができます。このレンダリング画像では、カメラのレイアウトが若干異なるものの、その他はiPhone 12シリーズと同様のデザインになっています。

また、別のリーク情報によると、同社はついにディスプレイ下の指紋スキャナを導入する準備が整ったようです。多くのAndroidメーカーがフラッグシップモデルにこの技術を搭載していますが、今回のリーク情報によると、アップルもそれに続く準備ができているようです。

実際、画面内スキャナーの話はこれまでに何度も聞かれており、AppleはFace IDに加えて検討しているようです。

この変更はまだ先になるという情報もありますが、最近のiOS 15のリーク情報によると、Appleの次のメジャーソフトウェアアップデートでは、デュアルバイオメトリクス認証がサポートされるとのことで、この機能はFace IDとTouch IDの両方を搭載したデバイスでなければ実現できません。

このことは、iPhone 13が、両方の生体認証機能を備えた最初のiPhoneになる可能性を示唆しており、そのため、噂されているディスプレイ下の指紋認証装置が搭載されることになります。

おそらく変更されないのは機種のサイズで、リーク情報によると、iPhone 12シリーズと同じ画面サイズで4つのモデルが登場するとのことです。

iPhone 13のカラーバリエーションもまだ決まっていませんが、iPhone 12と同じようなカラーバリエーションになると予想されています。

つまり、iPhone 13とiPhone 13 miniでは、明るい色調のカラーオプションが多くなる一方で、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxでは、シルバー、グラファイト、ゴールドといった落ち着いた色調のカラーオプションが少なくなる可能性が高いということです。

また、別のリーク情報によると、同社はついにディスプレイ下の指紋スキャナを導入する準備が整ったようです。

多くのAndroidメーカーがフラッグシップモデルにこの技術を搭載していますが、今回のリーク情報によると、アップルもそれに続く準備ができているようです。実際、画面内スキャナーの話はこれまでに何度も聞かれており、AppleはFace IDに加えて検討しているようです。

この変更はまだ先になるという情報もありますが、最近のiOS 15のリーク情報によると、Appleの次のメジャーソフトウェアアップデートでは、デュアルバイオメトリクス認証がサポートされるとのことで、この機能はFace IDとTouch IDの両方を搭載したデバイスでなければ実現できません。

このことは、iPhone 13が、両方の生体認証機能を備えた最初のiPhoneになる可能性を示唆しており、そのため、噂されているディスプレイ下の指紋認証装置が搭載されることになります。

おそらく変更されないのは機種のサイズで、リーク情報によると、iPhone 12シリーズと同じ画面サイズで4つのモデルが登場するとのことです。

iPhone 13のカラーバリエーションもまだ決まっていませんが、iPhone 12と同じようなカラーバリエーションになると予想されています。

つまり、iPhone 13とiPhone 13 miniでは、明るい色調のカラーオプションが多くなる一方で、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxでは、シルバー、グラファイト、ゴールドといった落ち着いた色調のカラーオプションが少なくなる可能性が高いということです。

内部の情報源から得られた情報をCADモデルに変換し、さらに現行のiPhoneを模した3Dレンダリングを行いました。これらの画像には、噂されているノッチの小型化のほか、斜めに配置されたカメラも示されています。

最後に、iPhone 13 miniのプロトタイプとされる写真(上)がアップロードされ、最終的なiPhoneの姿が示されました。

iPhone 13のスペック、バッテリー、その他

2021年に1TBのiPhoneが登場するのではないかと示唆しています。これは、少なくともスマートフォンではまだ実験されていないストレージサイズで、iPhoneの中でも最も高価なPro端末のオプションになることが予想されます。

1台の携帯電話に大量のストレージが搭載されることになるため、史上最も高価なiPhoneになるかもしれません。

iPhone 13 Proには1TBのストレージが搭載される可能性があると主張しています。この種のオプションは、一般ユーザーよりもプロにとって便利なものになるでしょうが、今のところ、アップルがテストしているプロトタイプに過ぎないようです。

また、ポートレスのiPhoneが2021年にデビューするという噂もあります。これを実現する端末はAppleにしかないかもしれませんが、それはワイヤレス充電しか使えないということを意味しています。

これは多くの情報源から得られた主張ですが、ほとんどの場合、1つのモデル(iPhone 13 Pro Maxの可能性が高い)だけがポートレスになると考えられています。Appleは、ポートレスiPhoneがどのようにしてリセットできるかを考えているようです。

一方、バッテリーの面では、iPhone 13はソフトボード技術に切り替えるかもしれないとの情報。

実際、iPhone 13はiPhone 12よりも大容量のバッテリーを搭載する可能性があります。
Appleが「省スペース設計」を試みていると述べ、この主張を再度繰り返していますので、これが今年後半に見られる改良点であることは確かなようです。

また、アップルの特許の中には「保護充電」モードに関するものがあります。
これは、一晩中など長時間電源を入れたままにしても、携帯電話の過充電を防ぐことができるというものです。ただし、特許は必ず採用されるわけではありませんので、この点は期待しないでください。

毎年のように性能は向上するはずですが、iPhone13では先進的なベーパーチャンバー冷却が採用されるという話を聞いていますが、今年中に間に合わなければiPhone 14まで待たなければならないかもしれません。

また、iPhone 13シリーズに搭載される予定のA15チップセットは、5月末までに量産されるという情報もあります。この情報源によると、A15は5nmのチップセットで、サイズはA14と同じであるため、大幅な改良は行われない可能性があります。

また、別の情報源によると、iPhone 13シリーズには5nmのチップセットが搭載され、iPhone 14では3nmになると予想されています。

もちろん、2021年のiPhoneでも5Gのサポートは継続されると予想されます。

Appleは、iPhone 12に両方のバージョンの5G技術を搭載し、そのために端末の価格が大幅に上昇しました。

ワイヤレス技術については、ウェブやクラウドへの接続をさらに高速化するために、iPhone 13にはWi-Fi 6E接続機能が搭載されると考えられています。

iPhone 13とiPhone 12S?

次期iPhoneの名称が「iPhone 13」にならない可能性は十分にあります。特に、米国を含む世界の一部の地域では、13という数字は不吉な数字とみなされているため、Appleは新しいiPhoneを開発する際にこの数字を省略したいのかもしれません。

iPhone 12と比較的似たデザインになるとの噂があることから、Appleは2021年に向けてiPhone 12sファミリーを準備しているのかもしれません。これは、大きなアップグレードの翌年に「S」シリーズを発表するアップルの常套手段であり、来年はそのようになるのかもしれません。

つまり、2021年後半に店頭に並ぶときには、ここで紹介しているものはすべて「iPhone 12s」と「iPhone 12s Pro」と呼ばれることになるのかもしれません。そして来年には、iPhone 13をスキップしてiPhone 14が登場するかもしれません。



「iPhone 12S」か「iPhone 13」か?

新しいiPhone 13についてはほとんど分かっていませんが、Appleが次世代デバイスに導入してほしいものをまとめてみました。これらの中には、上記の内容と一致するものもあれば、アップルにやってほしいこともあります。

1.カメラの大幅なアップグレード

iPhone 12シリーズでは、カメラに若干の改良が加えられましたが、多くの人が期待していたような大幅な改良ではありませんでした。

2021年には、カメラの改良が期待されています。iPhoneが市場で最高のカメラを製造するという地位を維持できるような、大きな改良を期待しています。

リーク情報によると、カメラの面ではあまり大きなものは期待できないようです。2022年まで待つことになりそうです。

2.バッテリー寿命の向上

iPhone 12シリーズは、iPhone 11シリーズに比べてバッテリーの持ちがあまり良くないので、Appleには今後、バッテリーの持ちをもっと重視してもらいたいと思います。

その点、iPhone 12 miniのバッテリー駆動時間は、シリーズ中で最も悪い。日常的に使う分には問題ありませんが、アップルにはバッテリー駆動時間のさらなる改善に取り組んでほしいと思います。

3.iPhone 13 miniの場合

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、iPhone 12 miniをとても気に入っており、iPhoneファミリーの主力機種になってほしいと思っています。

2020年には、フラッグシップモデルと同等の性能を持つ小型端末はほとんど存在しないため、iPhone 13では、この新しいサイズの端末に再び取り組んでほしいと思います。iPhone SE 3を犠牲にしても、その可能性は高いと思われます。

4.値下げ

iPhone 13の可能性は低いですが、iPhone 12シリーズの価格がiPhone 11よりも高くなっているので、2021年には再び価格を下げてほしいと思います。

市場に関連する5G技術のみを使用するという噂もあり、それによってアップルは以前よりも価格を下げることができるかもしれません。

5.64GBのiPhone

iPhone 12 miniとiPhone 12はともに64GBのストレージを搭載していますが、2021年のスマートフォンでは十分な容量ではないと考えています。中にはそれで対応できる人もいるでしょうが、端末を最大限に活用したいと考えている人は、数年使っているうちに目詰まりを起こす可能性が高いでしょう。

アップルが次のモデルで128GBを最小のデバイスサイズとして導入し、できれば大容量ストレージのバリエーションの価格をより手頃なレベルにまで下げてほしいと考えています。

6.高リフレッシュレートのディスプレイ

iPhone 12に搭載されると噂されている高リフレッシュレートディスプレイは、他のスマートフォンとの競争力を維持するために、iPhoneにぜひ搭載してもらいたい画面のアップグレードです。

その技術が搭載されたiPhoneを使ってみないと、欲しいとは思えないようなアップグレードですが、iPhoneの体験に顕著な違いをもたらすものです。

7.充電器のより良い選択肢

iPhone 12は、Appleが充電器をボックスに入れることを決めた瞬間でした。Appleによると、これは廃棄物を減らすための取り組みだそうですが、確かにそうかもしれませんが、最もユーザーフレンドリーな方法とは言えません。

Appleは、充電器を必要とする人に提供しながら、デフォルトでは充電器を同梱しない別の方法を提案してほしいと思います。

Apple iPhone SE(第2世代) 64GB ブラック SIMフリー (整備済み品)

Apple iPhone 8 64GB ゴールド SIMフリー (整備済み品)