ビットコインを取引所で購入する方法とは?

金融

ビットコインは、世界初の最も有名な暗号通貨であり、急激な価格の上昇により、この仮想通貨を所有しようとする人がこれまで以上に増えています。

ビットコインを入手するには、PCを用意して自分で採掘する方法、プロに採掘を依頼する方法、アルトコインと交換する方法など、さまざまな方法があります。

また、多くの暗号化取引所を通じて自国通貨でビットコインを購入することもできます。

ビットコインは物理的な通貨ではなく、仮想の通貨であるため、デジタルウォレットで保有する必要もあります。

ビットコインを購入する方法

一部の取引所では、デジタルウォレット機能も提供していますが、このルートはお勧めしません。過去には、暗号取引所へのサイバー攻撃によって数百万の暗号通貨が盗まれたこともありましたが、非親告罪のウォレットであれば、保有している暗号通貨を完全にコントロールすることができます。

代表的な例はExodusウォレットで、複数の異なる暗号通貨に対応しており、特に暗号の世界に入ったばかりの人を対象としたデザイン機能で他と一線を画しています。

ビットコイン取引所

ビットコインを購入するには、自国の不換紙幣(=自国の通貨)を扱うビットコイン取引所に行く必要があります。

人気のあるオプションはCoinbaseで、優れた実績があり、4550億ドル以上を暗号に交換しており、30カ国以上で利用可能です。

Coinbaseの取引所で購入を行うには、まずアカウントを開設する必要があります。そのためには、名前、電子メール、パスワード、所在地(お住まいの地域がサポートされていることを確認するため)などの基本情報を提供する必要があります。また、18歳以上の方であることも必要です。

アカウントが作成されると、次のステップとして、銀行口座とのリンクが行われます。購入は、リンクされた銀行口座から行うか、MastercardやVisaのクレジットカードで行います。

ユーザーは、購入したいビットコインの量を決定します。デフォルトでは、ビットコインの価値は米ドルで表示されますが、これはアカウント設定で変更できます。

ビットコインを購入した後は、Coinbaseからホットウォレットやコールドウォレットなど、自分で管理できるウォレットに移すことを強くお勧めします。

ただし、Coinbase以外の外部のウォレットに暗号を転送すると、Coinbaseが現行の採掘料に基づいて計算する手数料が発生することに注意してください。

Coinbaseはビットコインを購入するのに人気のある場所ですが、この町で唯一の取引所ではありません。このサービスを提供している他の取引所やプラットフォームには、色々あります。

多くの選択肢がありますが、ユーザーは規制されたビットコイン取引所(サイト上にすべての資格情報を表示している)とのみ取引する必要があります。

株歴40年超のプロによる推奨銘柄!

Bitcoin ATM

ビットコインを購入するには、オンライン取引所が最も一般的な方法ですが、その他の選択肢もあります。

例えば、Bitcoin Depotは、仮想通貨の購入を容易にする一連のATMを提供しています。ビットコインATMが近くにあれば、利便性の高さはピカイチです。購入手続きも簡単で、現金をATMに入れるだけで、購入が確認された時点でビットコインを手にすることができます。

しかし、ユーザーからは、約9%という高い取引コストはもちろんのこと、問題が発生した際のサポートが不十分であること、さらには、前もって開示されていないドルとビットコインの交換レートが不利であることなどの不満の声が上がっています。

このような欠点があるにもかかわらず、Coin ATM Radarによると、ビットコインATMは、このような専用ATMが世界中で15,000台以上設置されており、その大半が米国にあるということです。

さらに、ビットコインATMの数は健全なペースで増加しており、そう遠くない将来、あなたの近くにも機械が設置される可能性があります。



投資ファンド

ビットコインATMやオンライン取引よりも個人的なものを探している人のために、海外では、小売店でのビットコイン購入を提供しており、サービスを提供しています。

中には、複数の投資家の資金を集めてさまざまな資産を保有し、リスクを最小限に抑える投資信託やファンドに資金を投入して、専門家の監視下で投資することを好む人もいます。

Bitcoin Investment Trustは、このアプローチを暗号通貨取引に適用したもので、「初の上場ビットコイン投資ビークル」と謳っています。このファンドは、店頭株を取引するためのOTC Markets Groupの最上位階層であるOTCQXで取引されています。

このファンドは2013年9月に設立され、現在、340億ドル以上の運用資産(AUM)を有しています。多くの人は安全な投資先としては推奨せず、むしろ投機的であると考えていますが、2021年2月時点でのYTDパフォーマンス(+65.31%)は確かに堅調です。

多くの選択肢が用意されているため、ビットコインはこれまで以上に入手しやすくなっています。あらゆる分野の人々がビットコインを購入し、所有し、さらには消費しているのも不思議ではありません。

しかし、これまでと同様に、特にビットコインのような変動性の高い資産に関しては、失う可能性がある以上の投資をしないことが重要です。