アドバイスをしないで人を導く方法とは?

ビジネス

私たちはついつい人にアドバイスをしてしまいますが、もっと良い方法があります。

人にアドバイスをすることは、自分がコントロールされているという感覚やステータスを与えてくれます。
アドバイスをする代わりに、相手の話を聞き、質問をすることで、相手が自分で答えを見つけられるように導くことができます。

自分にとっての本当の課題は何ですか?と質問し、続いて「他には何がありますか」と尋ねると、人は解決しようとしている最も重要な問題に焦点を当てることができます。

考えてみると、私たちが人にアドバイスをしたがるのは、理にかなっていません。その人が置かれている状況や問題を十分に知らないからこそ、最適なアドバイスをすることができるのではないでしょうか。また、自分が信じていることや、過去にうまくいったことなど、自分の偏見がアドバイスに反映されることも少なくありません。

私たちが人にアドバイスをしたいと思うのは、「確実性とコントロールのため」だと考えています。アドバイスをしているときは、たとえそれがあまり良いアドバイスでなくても、高い地位を得ていることになります。会話の主導権を握り、答えを知っているのは自分自身なのです。だから、自分のことをとても良く思ってくれるのです。

仕事上の管理職だけでなく、一家の大黒柱のような指導的立場にある人は、人に何をすべきかを伝え、あらゆる問題に対して解決策を提示しなければならないと感じることがあると指摘します。しかし、これは個人的な親しい関係にも影響するようです。配偶者や親友など、誰かをよく知っていると、頼まれてもいないのに、ついついアドバイスをしてしまいがちです。

【レアジョブ英会話】オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

アドバイスを必要としている人もいますし、自分がアドバイスできる立場にあることもあります(あまりないと思いますが)。”アドバイスをしてはいけない』とは言いません」とマイケルは最近の会話で話してくれました。”ただ、人にアドバイスしようとする気持ちを抑えてください。なぜなら、実際のところ、あなたのアドバイスは、あなたが思っているほど良いものではないことが多いからです」。つまり、そのアドバイスは、自分にとっては意味があるかもしれないが、他の人にとっては必ずしも意味がないということです。

知人に見当違いのアドバイスをしてしまうと、結果的に関係を壊してしまうこともあります。しかし、多くの場合、そのアドバイスは無視されることが多いでしょう。私たちの多くは、与えられたアドバイスに対して、そのような傾向があります。しかし、私たちは振り返って、この不要な贈り物を他の人に与えることを止めることはできません。

アドバイスの代わりに、彼らが自分で答えを見つけるのを助ける
では、どのような方法があるのでしょうか?可能であれば、あなたが考える「答え」を相手に渡すのではなく、相手が自分で答えを見つけられるように手助けすることが望ましいのです。そのためには、話に耳を傾け、優しく探りながら導くような質問をすることが一つの方法です。

このタイプの対話のモデルは、多くのライフコーチ、コンサルタント、そして特にセラピストが使用しています。良いセラピストは、あなたに何をすべきかを教えるのではなく、あなたが自分で考えられるように導いてくれます。

もし、自分が誰かの問題をより明確に考える手助けをし、可能な解決策の方向に優しく導くことができれば、その人が自分で洞察し、自分で決断する余地を残すことができ、解決策の可能性をより「所有」することができます。

このようなアプローチは、最初はアドバイスをするような満足感は得られないかもしれません。

質問をするということは、曖昧さや低い地位に踏み込むことです。相手に力を与えているかもしれませんが、そうすることで自分の力を削いでいることになります。人を助けているのですから、長期的には利益を得ていると思いますが、その場ではそうは感じられないかもしれません。

質問を使って、相手が自分で解決策を見つけられるように導くにはどうしたらいいでしょうか?
相手が解決しなければならない本当の問題に焦点を当て、それを明確にすることから始めるようアドバイスしています。多くの場合、人はその問題が何であるかを理解していないので、代わりに他の問題を解決しようとしてしまいます。

重要な質問と強力なフォローアップ

助けようとしている人たちに尋ねる、重要な質問があります。
自分にとって、ここでの本当の課題は何ですか?これは、最も重要な問題と、それを解決しようとしている人に焦点を当てているのです。

この質問が非常に重要であるからこそ、相手に真剣に考えてもらい、深く掘り下げてもらうようにしていると言います。そのために、彼は強力なフォローアップの質問を、時には繰り返し使う。

保育園や病院でも使われています【コンパクト除菌ロボROCKUBOT】

そして確かに、質問は、意外な力を持っている点でかなりすごい。この質問は、人々に頭で考えた答え以上の答えを引き出すことで、より多くの、そしてたいていはより良いアイデアや洞察を引き出すことができるのです。この質問は、難しいテーマについて「声に出して考える」というプロセスを促します。そして、この質問を継続的に行うことで、質問者はよりサポート的な役割を果たすことができます。
的確な質問は「”アドバイスの怪物”を寄せ付けない」ために役立ちます。

しかし、彼はこの質問について2つの注意点を述べています。それは、本当に興味を持って質問しなければならないということです。もし、単なる暗黙の質問として聞かれたら、それは苛立たしいものになります。また、一般的には3回連続して質問するのが最も効果的だが、それ以上はしないようにと付け加えている。3回目には、質問の言葉を少し変えて、「他に何かありますか」としてみるといいでしょう。

相手が解決しようとしている問題についてより明確に考えた後、あなたは相手が取り得る行動を導き始めることができます。困難に直面している人は、実際には可能な行動について自分の考えを持っているかもしれませんが、それらの考えを一貫した戦略にまとめる手助けが必要かもしれません。

判断を避け、集中させる

アドバイスではなく質問だけを使って、相手が何をすべきかを理解するのを助けることができるという素晴らしい例を紹介しています。

指摘するように、彼は彼女のアイデアを判断したり、どのように進むべきかを彼女に伝えようとはしませんでした。”私がしたことは、彼女の集中力を高めるために質問をしただけだったと言います。

会話の中盤で行った重要なことの一つは、質問を使って複数のアイデアを募ることだったことに気づくでしょう。お気に入りのアイデアは、女性が言及した最初のアイデアでも2番目のアイデアでもありませんでした。そのためには、フォローアップの質問でアイデアを引き出す必要がありました。

誰かが直面している課題とその解決策について話してもらう場合、最初の回答は表面的であったり、非現実的であったりするかもしれません。しかし、一般的には、「AWE」という強力な質問を使えば、人々はより深い考えやより良いアイデアを掘り起こしてくれます。

アドバイスはやめましょう。以下の7つの質問をして、相手が自分で考えられるようにしましょう。

自分にとっての本当の課題は何ですか?

・自分はすでに何を試しましたか?
・もしこの問題を解決するために何かを試せるとしたら、何を試しますか?
・他には?必要に応じて2、3回繰り返し、追加のアイデアを浮上させる)。
・これらの選択肢の中で最も興味のあるものはどれですか?
・このアイデアの邪魔をするものは何か、それに対して何ができるか。
・このアイデアを実現するために、自分がすぐに行動を起こせるステップは何ですか?